Event is FINISHED

鼎談「ものがたりのある人生」

Description
患者が人生や考え方を語るナラティブ。対話により状態の改善につなげる。ものがたりの持つ力とは何かを問う。

■ゲスト
辻村 深月氏(小説家)
佐藤 伸彦氏(医師)

■コーディネーター
山崎亮(studio-L代表/社会福祉士)


■ゲストの紹介
辻村 深月
小説家。1980年生まれ、山梨県出身。「鍵のない夢を見る」で直木賞、「かがみの孤城」で本屋大賞を受賞。代表作に『島はぼくらと』。

佐藤 伸彦
ものがたり診療所所長
履歴
昭和33年東京生まれ。
富山大学薬学部、医学部卒業。
成田赤十字病院内科、麻生飯塚病院神経内科を経て、平成14年から砺波サンシャイン病院副院長。     その後市立砺波総合病院地域総合診療科部長を経て、平成21年4月に医療法人社団ナラティブホームを立ち上げる。平成22年4月1日「ものがたり診療所」を砺波市で開設。平成24年からは厚生労働省在宅医療連携拠点事業所として地域医療と終末期医療をキーワードに包括チーム医療を実践している。
所属学会
日本生命倫理学会
日本医学哲学・倫理学会
日本プライマリケア連合学会
主な著書等
『家庭のような病院を-人生の最終章をあったかい空間で』(文藝春秋、2008年)
『患者様とお医者様-必要とする人に適切な医療を』(日本評論社、2008年)
『ナラティブホームの物語-終末期医療をささえる地域包括ケアのしかけ』(医学書院、2015年)
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#413810 2019-02-27 10:16:30
Mon Mar 25, 2019
5:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
千代田区外神田6丁目11−14 Japan
Organizer
おいおい老い展 生き方・介護・福祉のデザインを考える5日間
881 Followers