Event is FINISHED

鼎談「人が集まる楽しい場をデザインする」

Description
人が集る居心地のいい場をつくる方法とこれらの経験から目指したい未来について語る。

■ゲスト
高瀬 比左子氏(介護福祉士)
藤岡 聡子氏(長崎二丁目家庭科室)

■コーディネーター
山崎 亮(studio-L代表/社会福祉士)


■ゲストの紹介
高瀬 比左子(たかせひさこ) 
NPO法人未来をつくるkaigoカフェ代表。
介護福祉士・社会福祉士・介護支援専門員。大学卒業後、訪問介護事業所や施設での現場経験ののち、ケアマネージャーとして勤務。自らの対話力不足や介護現場での対話の必要性を感じ、平成24年より介護職やケアに関わるもの同士が立場や役職に関係なくフラットに対話できる場として「未来をつくるkaigoカフェ」をスタート。
カフェのコンセプト
http://www.kaigocafe.com/?page_id=36
介護関係者のみならず多職種を交えた活動にはこれまで8000人以上が参加。通常のカフェ開催の他、小中高への出張カフェ、一般企業や専門学校などでのキャリアアップ勉強会や講演、カフェ型の対話の場づくりができる人材を育成するカフェファシリテーター講座の開催を通じて地域でのカフェ設立支援も行う。昨年6月に講座のテキストを作成し、各地で講座を開催。全国でkaigoカフェファシリテーターは500名以上になる。それぞれが地域で自分らしいカフェを立ち上げたり、地域とのつなぎ役として活躍している。
著書に「介護を変える 未来をつくる ~カフェを通じて見つめるこれからの私たちの姿~」(日本医療企画刊)
厚生労働省が主催した「介護人材確保地域戦略会議」にて先進事例の1つとして「学校向けkaigoカフェ企画 ~講義型、体験型、対話型の授業をミックスした小学生へのカフェ活動について~」を発表するなど、将来を見据えた介護人材育成に向けての活動にも力を入れている。
webサイト掲載記事例
2枚目の名刺WEBマガジン
http://magazine.nimaime.com/kaigocafe1/
http://magazine.nimaime.com/kaigocafe2/
「立場の違う様々なプレーヤーの語り場“kaigoカフェ”が吹き込む新たな風」
http://helpmanjapan.com/article/4636
未来をつくるkaigoカフェ
ホームページ http://www.kaigocafe.com/

藤岡 聡子(ふじおか さとこ)
福祉環境設計士/株式会社ReDo 代表取締役/軽井沢町・診療所と大きな台所があるところ ほっちのロッヂ 共同代表
1985年生まれ、徳島県生まれ三重県育ち。夜間定時制高校出身。
自身の経験から、「人の育ち」「学び直し」「生きて老いる本質」をキーワードに、
人材教育会社を経て24才で介護ベンチャー創業メンバーとして住宅型有料老人ホームを立ち上げる。
2015年デンマークに留学し、幼児教育・高齢者住宅の視察、民主主義形成について国会議員らと意見交換を重ね帰国。
同年11月 福祉の再構築をミッションに、株式会社ReDoを起業。2017年東京都豊島区椎名町にて「長崎二丁目家庭科室」を立ち上げ、
高齢者から地域の若手が知識・経験を学ぶ場所として0才から80代までのべ1000人が通う場を運営。
2020年4月より開業を予定している、長野県軽井沢町にて診療所と大きな台所があるところ ほっちのロッヂにて、
在宅医療拠点にとどまらない、”ケアの文化拠点”になるべく、開業準備に着手している。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#413758 2019-02-27 09:27:08
Sun Mar 24, 2019
1:00 PM - 2:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
千代田区外神田6丁目11−14 Japan
Organizer
おいおい老い展 生き方・介護・福祉のデザインを考える5日間
881 Followers