Event is FINISHED

「キャリア」を語り合う会 ~新しい働き方、複業・ポートフォリオワーカーのリアル~

Description
第1弾「ポジティブ退職のリアル・気づき」が100名の申込があり大変好評だったため、急遽シリーズ化して第2弾を開催します。


2回目のテーマは、、、
「ポートフォリオワーカー(パラレルワーカー)」

キーワードは複数の収入確保による「収入源多様化」です。


人生100年時代、パラレルキャリアが叫ばれ、複雑な問題で答えのないVUCAワールドと言われる昨今。
こうした中で今までキャリアについて真剣に向き合わなくても何とかなってきた時代が終焉をむかえ、「会社の肩書・役職」から「個人の信頼」が重視されるような時代となってきました。
この流れを感じ、キャリアに関して向き合い、悶々とされている方が増えてきていると感じています。

そんな中、「働く」の選択肢も多様化してきており、昨今では複業、副業、パラレルキャリアが注目を浴びてきています。

でも、パラレルって実際にどうなんだろう?
実践している人はどんなことしているの?
IT系の技術スキルがないと難しいんじゃないの?

等々、疑問に思うことも多いかと思います。


そこで、大企業のキャリア、しかも技術系ではないキャリアを歩んだ二人の実践者の生のリアルを共有する場を設けました。

1人目は、ミサワホームで約20年勤務した後、この春に退職をして会社に転職することなく、個人として様々な業務委託を受けながら活動する予定の広中さん。
2人目は、東京電力で16年勤務した後、この春に複業を全面的に許容するベンチャーに転職をして、雇用を得ながらも様々なアクションで収入多様化を実践する私:佐藤。


二人に共通する想いが、「これから激動する時代の中で、一つの収入源しかないのはリスク。収入を分散させることが今後の安定と可能性を生み出す」ということ。

2人とも大企業をこの春に退職し、大企業の給料と安定した福利厚生などをあえて手放し、ポートフォリオワーカーを本格的に実践していく。
そんな二人はどんな心境の変化でそう思うに至ったのか、また具体的な行動やそこから得られた気づきなどをお伝えしたいと思います。


そして、本会のもう一つの目的が、「キャリアに対する孤独の解消」です。

キャリアというと、、、
自分で自分に責任を持つものだから、一人で考えないといけない、頼ってはいけないといった「孤独」を感じるテーマだと受け止めている方もいるのではないでしょうか?(私自身がそうでした)

キャリアは人生そのものですので、綺麗事や表層で語り合っても意味のないもの。
プレゼンターが生のありのままのリアルをシェアすることで、「そんなことまで話していいの!?」というのを先に自己開示します。

このイベントの参加者には利害関係はなく、安心安全の場であることを何よりも大切にしています。

「働く」に関して、1人でモヤモヤするのではなく、悩み・葛藤・想いなどを参加者同士でありのまま語り合いましょう。きっと大切な気づきが語り合いの中で見つかるのではないかと思います。


ピンときた方はぜひご参加ください👍


[こんな方におススメ]
・複業に興味がある
・人生100年時代、これから先の「働く」になんともいえない不安を感じている
・色んな社外の方とキャリアについてありのまま語り合いたい
・今の会社で頑張りたいが、同じ気持ちを持ちながらも転職した人の気持ちが知りたい
・転職しようかどうか迷っている
・今後のキャリアについて何ともいえない不安がある
・会社のことが好きだけど、会社以外にもチャレンジしてみたいと思う気持ちもある
・社外の方との繋がりを得たい

1.日時
   3月19日 18:45~21:00
   (受付開始18:20)

2.場所
   東京都千代田区内幸町1-5-3 新幸橋ビル2階大会議室
   (JR新橋駅徒歩5分)

3.内容
   18:45〜 オープニングトーク
   19:00〜 モデラープレゼン、質疑応答
   20:00〜 参加者含め対話するワーク

4.参加費
   1,500円

5.参加申し込み
   peatixからチケット購入をお願いします。

6.スピーカー紹介

広中 秀俊さん
ミサワホーム(勤続約20年)⇒フリーランス(ポートフォリオワーカー)

ミサワホームの社内転職を3回し、住宅営業、バックオフィスの経理、街作りや働き方改革等の多様なスキルを身につける。
また在職中は、自身が6歳と2歳の二児の父であり、産まれたときに十分な育休を取得できなかった原体験から、男性社員が育児に関わりやすい環境の実現を目指して様々な取組を行い、厚生労働省から「イクメンの星」に認定される。
さらには、社内の有志コミュニティや社外の様々なコミュニティの運営にも積極的に関わり、会社の枠を超えたアクションを多数実施している。
これらの経験をいかして、「男性育休コンサルタント」「フリーランスの経理」「地域コミュニティマネジメント」を初めとして幅広い活動を行っていく予定。


主催者・スピーカー
佐藤 彰
東京電力ホールディングス(勤続16年)⇒自然電力に転職
社内有志コミュニティ「テプハピ」、産官学コラボコミュニティ「Team NijiS」、新橋汐留コミュニティ「シオシンバレー」、総務のためのコミュニティ「創夢コミュニティ」発起人
2030SDGs公認ファシリテーター

東京電力入社後、柏崎刈羽原子力発電所の中越沖地震被災の復旧対応や、東北大震災以降の原子力損害賠償業務を経験。その後、労務人事制度の担当として、分社化、働き方改革、ダイバーシティ等の戦略立案・制度企画を対応。
オフィシャル外では、「思考の枠を超え、会社の枠を超え、枠をワクワクに変えて」をモットーに多くのコミュニティを立ち上げ、全てを合算すると60社以上800名を超えるコミュニティの運営を行い、部門・会社・業態の枠を超えたアクションを実行している。
その他にも、2030SDGs公認ファシリテーターとして、多くの企業や自治体・大学等からオファーをいただき、SDGs研修としてSDGsカードゲームワークショップを1年で約40回800名以上に対して実施したり、副業アプリで様々な悩みに対応している。



前回の様子



Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#414321 2019-03-01 00:45:42
More updates
Tue Mar 19, 2019
6:45 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
新橋 新幸橋ビル2階大会議室(JR新橋駅徒歩5分)
Tickets
一般 SOLD OUT ¥1,500
学生 FULL
Venue Address
東京都千代田区内幸町1-5-3 Japan
Organizer
Gift&Share合同会社
312 Followers