Event is FINISHED

マンガしゃべくり座談会 ~マンガのこれまでとこれからを考える~

Description
<丸善雄松堂 知と学びのコミュニティ>
マンガしゃべくり座談会 ~マンガのこれまでとこれからを考える~

丸善雄松堂は、様々な世代へ様々な「知」と「学び」をご提供することで、多様な価値観が出会い、新しい価値を生み出す場づくりを目指しております。

■イベント概要

日本の代表的コンテンツとして、今や世界にも認知された「マンガ」。
ただ一口に「マンガ」と言っても、今と昔ではその様相は全く異なります。

今回のイベントでは、今の「マンガ」と過去の「マンガ」について、実際に現場で活躍している作家の先生方をゲストに迎え、フリー編集者のkogre氏との座談会形式で、その実情を明らかにしていきます。

「マンガ」ってなんだろう?これからどうなっていくんだろう?

そんな問いについて、是非一緒に考え、活きた知識でクールジャパンを盛り上げていきましょう。

喋らなそうな漫画家達が「しゃべくる座談会」…失言覚悟の90分…開幕です。


■出演者紹介
⦿金成陽三郎氏(かなりようざぶろう氏)

漫画原作者。神奈川県相模原市出身。
シリーズ累計9000万部を超える、言わずと知れた日本を代表する漫画作品の一つ
『金田一少年の事件簿』の原作を担当。
同作品において1995年、第19回講談社漫画賞少年部門を受賞。
現在は、集英社、小学館と出版社をまたいで活躍中。
漫画原作だけでなく、漫画企画の立案、運営にも深く携わっている。

代表作 金田一少年の事件簿(週間少年マガジン)


⦿今野直樹氏(こんのなおき氏)

漫画家。
漫画家。宮城県仙台市出身。
集英社、月刊少年ジャンプにて全30巻に及ぶ大長編作品
『ダブル・ハード』を執筆。
同作品ではバイオレンス・アクションが中心として描かれており
それを描き切る今野氏の高い作画技術、描き込みには
漫画黄金期の作品たる重厚さが連綿と漂う。
現在は、その高い作画技術を武器に、
集英社グループのホーム社WEBコンテンツ『Z』において
『ヴァンパイア・サバイバー』を好評連載中。

代表作 ダブルハード(月刊少年ジャンプ) 全30巻


■ タイムテーブル

19:00-19:05 丸善雄松堂よりご挨拶

19:05-19:10 3人の簡単な自己紹介

19:10-19:15 本日のテーマ『漫画家という仕事とは』について

19:15-19:30 漫画の作り方とは?
        ・今とどう違うのか?直しを数回?それって当たり前?
        ・原稿単価の低下、仕事の入れ方の変化(紙面、デジタルの違い)の影響
        ・作品作りは現状の在り方でいいのか?大切なことって何だろうか?

19:30-20:00 漫画家(漫画制作)に大事な能力とは? 
        ・『コミュニケーション能力』?『マーケティングに沿う時代』?
        ・数字を見る編集と見ない編集 
        ・過去、作家にとって数字を見ない編集こそが
         物語に向き合う良い編集だった?

20:00-20:20 参加者との対話(Q&A)
        ※内容次第で答えられないものもあります。

20:20-20:30 宣伝と終わりの挨拶

■場所
DNPプラザ 2F
東京都新宿区市谷田町1-14-1 DNP市谷田町ビル
http://plaza.dnp/access.html

■時間
2019年3月6日(水)19:00~20:30

■定員
50名

■参加費
無料
Wed Mar 6, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット FULL
Venue Address
新宿区市谷田町1丁目14−1 DNP市谷田町ビル Japan
Organizer
丸善雄松堂 知と学びのコミュニティ
681 Followers