Event is FINISHED

「高齢者の性」基礎研修2019冬

Description
「高齢者の性」基礎研修とは、高齢者の性に関する尊厳と自立を守るために必要な知識を学ぶ研修です。

研修時間は、180分(合計60分の講義+120分のワークショップ)です。

・次回の開催日:2019年2月24日(日)13時30分~17時00分

・会場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 105号室
   (東京都渋谷区代々木神園町3-1)

「高齢者の性」を取り巻く現状、これまでの歴史を学んだ上で、家庭や地域、学校や職場で、当事者や支援者がぶつかる「高齢者の性」に関する問題に対して、どのように考え、対応していけばよいかを、講義とワークショップを通して学びます。

「高齢者の性」というテーマに興味・関心のある方であれば、年齢や職業、資格の有無を問わず、どなたでも参加可能です。

<これまでの開催レポート(参加者の声)>

 2018年10月21日(日)@新潟 「イメージが全然変わりました。暮らし・QOLという観点、まさに福祉の分野」

 2018年10月28日(日)@東京 「参加者一人一人の違った視点での意見が新鮮」


●参加料金(いずれもテキスト代・税込)

◆一般 5,000円

◆学生・障がい者 4,000円

*ホワイトハンズ会員、新しい「性の公共」をつくるゼミのゼミ生は無料で受講可能です。

・会員申し込み http://www.whitehands.jp/member.html

・ゼミ入会申し込み https://lounge.dmm.com/detail/912/

*障がい者・要支援・要介護の方が参加される場合、同伴の介助者は無料になります。


<当日のタイムスケジュール予定>

◆「高齢者の性」基礎講義<1>

 研修のはじめに、「高齢者の性」に対する基本的な考え方、
 「高齢者の性」の歴史と現状に関して、ホワイトハンズ代表理事・坂爪が講義を行います。

◆「高齢者の性」ワークショップ ~初級編~

 参加者間でグループをつくり、ケーススタディを用いてディスカッションを行います。

 ●ケーススタディ1:高齢者の恋愛とコミュニケーション・スキル

 ⇒高齢者の恋愛の問題を、QOLと自尊心+LGBTの観点から考えます。

 ●ケーススタディ2:どうする?要介護者の性・セクハラ

 ⇒介護福祉の現場の中で放置・黙殺されがちな、要介護者の性の問題を考えます。

◆「高齢者の性」基礎講義<2>

◆「高齢者の性」ワークショップ ~上級編~

 ●ケーススタディ3:高齢者のストーカー問題を考える

 ⇒社会的孤立に陥りがちな、高齢期のストーカー問題を考えます。

 ●ケーススタディ4:高齢者向けの性サービス

 ⇒高齢化の進む性風俗産業の視点から、高齢者の性と恋愛の問題を考えます。

◆修了証書授与

 研修を修了した参加者全員に、修了証書を授与いたします。

◆終了~解散
Sun Feb 24, 2019
1:30 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 105号室
Tickets
一般参加 SOLD OUT ¥5,000
学生・障がい者 SOLD OUT ¥4,000
Venue Address
東京都渋谷区代々木神園町3-1 Japan
Organizer
一般社団法人ホワイトハンズ
51 Followers