Event is FINISHED

食べて学ぶ! 歌舞伎座×ちくま大学 「大江戸味ごよみ――江戸の食文化にひたる」第8回 鮮度が命! 江戸っ子好みの味噌

Description

江戸時代の食文化を食べて学ぶ講座!/


ちくま大学では歌舞伎座さんとのコラボレーションのもと、江戸の食文化を食べて学ぶ講座を開催してまいりました。今回のテーマはずばり「味噌」。江戸前の味付けといえばまっさきに醬油を思い浮かべるところですが、江戸時代後期までは、実は味噌が味付けの主役でした。なんと蕎麦につける汁までも、醬油が登場するまでは味噌味! ただし、江戸の町で愛されていた「江戸味噌」は、現在流通している味噌とはかなり違っていたようです。
長い間「江戸味噌」はその味も製法も謎のままとなっていましたが、先年、日出味噌醸造元の河村浩之社長が古文献をもとに再現に成功。今回の講座では、河村社長に、その江戸味噌文化の奥深い世界を語っていただきます。
中国料理のウー・ウェンさん、江戸料理の海原大さんなど、多くの料理人に絶賛され、今最も注目を浴びている調味料、復元江戸味噌の味を、ぜひこの機会にお試しください!
先着50名様

○ご試食内容
江戸の町で食されていた4種類の味噌の食べ比べ。その味噌を用いた4種類の味噌汁の飲み比べ。江戸味噌を現代風にアレンジしたディップソースのご試食。当日お楽しみのご試食。

カバー図版:『人倫訓蒙図彙』より江戸時代の味噌屋。江戸味噌は麹をたっぷり使い、短期間で仕上げるクセのないフレッシュなうまみが特徴だった。


日時:2019年3月16日 (土) 14:30 - 16:00(受付は14:00から)
受講料:3000円

会場:歌舞伎座3階「花篭」ホール

※当日は歌舞伎座正面玄関からの入場はできません。

<地上からお越しの場合> 三原橋交差点から昭和通を進み、ビルに入ってすぐ左側にある2台並んだ赤いエレベーターで3階にお進みください。

<地下からお越しの場合> 木挽町広場(東銀座駅直結)のセブンイレブンを正面に見て、左奥の廊下突き当りにある2台並んだ赤いエレベーターで3階にお進みください。



【講師紹介】

河村浩之(かわむら・ひろゆき)先生

株式会社日出味噌醸造元代表取締役社長。江戸味噌を使った、醬油以前の「江戸前」の味の復元にも取り組んでいる。


※こちらのイベントページは筑摩書房が運営しております。お問い合わせは「主催者へ連絡」をクリックして、筑摩書房までお願いいたします。





























Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#412252 2019-02-22 10:01:55
More updates
Sat Mar 16, 2019
2:30 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
歌舞伎座3階「花篭」ホール
Tickets
全席自由 SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目12−15 Japan
Organizer
筑摩書房 ちくま大学
683 Followers