著者と語る朝渋『さよなら!ハラスメント』著者・小島慶子さん

Description
渋谷・道玄坂で開催している会員制朝活コミュニティ「朝渋」。

「本」を切り口に70回以上のイベントを企画し、様々な著名ゲストの方々をお呼びしてきました。扱うテーマは経営・IT・マネジメント・リーダーシップ・マーケティング・小説・哲学など多岐にわたります。お陰様で、早朝からのイベントにも関わらず、累計5000名を超える参加者を動員する大人気イベントとなりました。

今回も素敵なゲストの方をお呼びしております。

▼当日のコンテンツ

ゲストにお迎えするのは、『さよなら!ハラスメント』の著者である、エッセイスト、タレントの小島慶子さんです。
ハラスメントとはどういうことなのか? なぜハラスメントが起きるのか?など、ハラスメントと社会について考えるためのヒントをお聞きする予定です。


▼こんな人にオススメ

・ハラスメント問題に関心がある方
・日本の実情について知りたい方
・ハラスメント問題にもやもやした思いを抱えている方

▼ゲストプロフィール

小島慶子(こじま・けいこ)

一九七二年オーストラリア生まれ。エッセイスト、タレント。東京大学大学院情報学環客員研究員。
九五年TBSにアナウンサーとして入社。
九九年、第三六回ギャラクシー賞DJパーソナリティ部門賞を受賞。二〇一〇年TBSを退社後、エッセイや小説を執筆し、各種メディア出演や講演活動を精力的に行っている。また仕事のある日本と、家族と暮らすオーストラリアとを往復する出稼ぎ暮らし。『解縛――母の苦しみ、女の痛み』(新潮文庫)、『女たちの和平交渉』(光文社)、『これから家族の話をしよう』(海竜社)、『るるらいらい〜日豪往復出稼ぎ日記』(講談社)、小説『わたしの神様』(幻冬舎文庫)、『ホライズン』(文藝春秋)、『幸せな結婚』(新潮社)など、著書多数。


▼書籍のご案内

『さよなら!ハラスメント』


▼書籍の内容紹介
海外では♯Me Tooの運動が広がりを見せているが、日本では大きな変化がみえなかった。財務省官僚トップによるセクハラ問題、医学部不正入試問題、スポーツ界を揺るがす数々のパワハラ、アイドルに対する人権無視……。問題は至るところに噴出し、いま、私たちはやっと目覚めようとしている。私たちはいまだ明快な怒りの言葉をもたない。さらに声をあげた人をバッシングさえする。あまりにもハラスメントが常態化しているからなのか、誰もがなんらかのハラスメントの被害者・加害者・傍観者であるからなのか。

本書は、ハラスメント問題に関心はあるけれども言葉にできない人、胸の内のモヤモヤとした思いを整理できずにいる人たちのための手引書である。なぜハラスメントが起きるのか、ハラスメントのない社会にするには何が必要なのか、自分はどうしたらいいのかを考えるためのヒントを、小島慶子が11人の識者に尋ねる。ハラスメントからいまの日本社会の実情が浮かび上がる。すこしずつ、前に進むために、みんなでいっしょに考えよう!

▼注意事項
・当日は7時05分より受付を開始します。また、混雑が予想されますためお早めの入場をお願いします。
・飲食物の持ち込みはご遠慮いただいております。
・会場のBOOKLABTOKYOは9時より通常営業のため、イベント終了後利用される方はドリンクの購入をよろしくお願いします。

▼当日会場へ来られない方へ
当日渋谷にお越しいただくことが難しい全国の方々に向け、ライブ配信でご覧になれるプランをご用意しました。朝活を全国で盛り上げましょう!
https://online.asa-shibu.tokyo/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#410666 2019-02-18 05:52:58
Thu Feb 21, 2019
7:30 AM - 9:00 AM JST
Add to Calendar
Venue
Book Lab Tokyo(ブックラボトーキョー)
Tickets
【早割】参加チケット(ドリンク込) SOLD OUT ¥1,500
【通常】参加チケット(ドリンク込) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
渋谷道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号館 2F Japan
Organizer
朝渋〜朝の7:00-9:00をデザインする、人生の土台作り〜
2,850 Followers