Event is FINISHED

【満席・キャンセル待ち】次代の農と食を語る会 vol.4 次代のオーガニックは京都から!

Description
※当初予定より増席して受付しておりましたが、おかげさまで増席分もふくめ満席となりました。本当にありがとうございます! お申込みの皆さま、明日お会いできますこと楽しみにしております。(2/7)


「次代の農と食」を語り合うトークセッション。生産、流通、小売、IT、デザイン、料理人といった垣根をこえてつながり合い、深め合い、出会いと交流が生まれるサロンを目指して毎月開催しています。
 
オンラインサロン会員は参加費無料。遠方でもライブ配信やアーカイブ映像での視聴が可能になります。ご興味のある方は、ぜひ私たちの仲間になってください。ともに「次代の農と食」を創造しましょう!
<DMMオンラインサロン・次代の農と食を語る会>
https://lounge.dmm.com/detail/1491
 
 

【今回のテーマ】

  
初の京都開催になります! 「オーガニックの国際的トレンドと、今の関西オーガニックシーン」を並べてみると、どんな未来像が見えてくるでしょうか? 今回は、京都を拠点にウガンダやラオスなどインターナショナルに生産者とつながる「野菜提案企業」坂ノ途中 代表の小野邦彦さんが、どんなことを考えて事業を展開してきたのか? というお話を手がかりに、このテーマをみなさんとご一緒に紐解いていきたいと思います!

終了後の懇親会は、坂ノ途中から有機野菜たっぷりのケータリングが登場しますので、ぜひあわせてご参加ください! どうぞお楽しみに◎
   
 

【イベント概要】

  
◆ 日時:2019年2月8日(金)18:30オープン/ 19:00スタート / 20:30終了(20:30〜21:30 懇親会)
◆ 会場:mumokuteki cafe&foods 京都店 https://mumokuteki.com/
◆ 参加費:2500円/オンラインサロン会員は無料 (懇親会は別途2000円・坂ノ途中のお食事とお飲物つき)
◆ 定員:40名
 
◆ ゲスト:
 小野邦彦(株式会社 坂ノ途中 代表取締役)
 千葉康伸(次代の農と食をつくる会 代表理事 / NO-RA) 
 高橋勉(日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会 理事長)
 
◆ 進行:村山邦彦(伊賀ベジタブルファーム株式会社 代表取締役/京都オーガニックアクション協議会)
  
◆ 主催・問合せ:一般社団法人 次代の農と食をつくる会 
〒160-0021 新宿区歌舞伎町2丁目42-11 カーサ新宿303号 担当:間宮(事務局)
info@jidainokai.com / http://jidainokai.com
 
◆ 協力:mumokuteki cafe https://mumokuteki.com/
 
 

【ゲストプロフィール】

 
◆ 小野邦彦(おのくにひこ)

1983年奈良県生まれ。京都大学総合人間学部では文化人類学を専攻。外資系金融機関での「修行期間」を経て、2009年、株式会社坂ノ途中を設立。「100年先もつづく、農業を」というメッセージを掲げ、農薬や化学肥料不使用で栽培された農産物の販売を行っている。

提携農業者の約9割が新規就農者。少量不安定な生産でも品質が高ければ適正な価格で販売できる仕組みを構築することで、環境負荷の小さい農業を実践する農業者の増加を目指す。

その他、東南アジアの山間地域で高品質なコーヒーを栽培することで森林保全と山間地での所得確保の両立を目指す「メコンオーガニックプロジェクト」を実施。「オーガニックをひらこう!」をテーマに、オンラインプラットフォームfarmO(ファーモ)の開発運営も行う。
https://www.on-the-slope.com/


◆ 高橋勉(たかはしつとむ)

1967年埼玉県生まれ。2000年よりJONAで勤務開始、世界中の有機農場をめぐる。2011年JONA理事長に就任。「自然と融和した生活」を夢見て、風土に根差したオーガニックライフの普及を目指す。2018年から、有機農業の日(12月8日)事務局長に就任した。
http://www.jona-japan.org/


◆ 千葉康伸(ちばやすのぶ)

土佐自然塾、山下農園で2年間研修したのち、神奈川県愛甲郡愛川町でで有機農業を開始。「五感を研ぎ澄まして、畑で自分の感性に焼き付けること」という山下一穂氏からの教えを実践。ニンジン、ニンニク等野菜類を50品目程度栽培し、県内の生活協同組合、東京の契約スーパー、小田原市内や地元等のレストランその他へ販売。
 
有機農業を子供達の憧れの職業に!と願い、研修生の育成にも注力。また農場外でも有機農業参入促進協議会副代表、アグリイノベーション大学校専任講師、オーガニック・エコ農と食のネットワーク(NOAF)設立発起人を務めるなど精力的に活動。
 
2018年6月より「 一般社団法人 次代の農と食をつくる会」代表理事に就任。オーガニックや有機農業の枠をこえて、次代の持続可能で多様性のある豊かな社会を目指している。


◆ 村山邦彦(むらやまくにひこ) 

伊賀ベジタブルファーム株式会社 代表取締役。「忍者」の里で有名な三重県伊賀市に拠点を 置き、様々な農業関連事業にハンズオンで携わる。京都大 学大学院エネルギー科学研究科修士修了、産機メーカーの開発エンジニア、高校教員などを経て2007年に就農。 以来自ら有機栽培による農産物の生産・販売の現場に立ちながら農と食の「仕組づくり」に取り組む。

2010年には伊賀有機農業推進協議会の設立に関わり、その後の事業運営において中心的な役割を担う。2013 年にはメンバーらとともに地域商社【株式会社へんこ】を設立。産地とりまとめに関わるシステムの開発を独自に進めてきた。
 
京都周辺のオーガニック系流通業者・生産者らが連携して生産・販売や物流の諸課題と向き合うプラットフォーム【 京都オーガニックアクション】協議会の事務局長を務める 。
http://iga-vegetable.jp/
 
◆ 次代の農と食をつくる会について
多様なジャンルの「次代の農と食をつくる」意欲あふれる人たちが連携し、農業生産、食品流通、消費に関わる新た なかたちを創造し、分かち合い、世に提示し、実現することを目的とした団体です。生産、流通、販売、教育、メディア、イベント企画など、農と食にまつわるさまざまな分 野の若手メンバーが全国から集い、結成されました。
※メンバー紹介
http://jidainokai.com/member/
 
 

【こんな方におすすめ】

  
・サステナブルな農と食の取り組みに共感する方、実際に携わっている方
・事業にかかわる仲間を増やしたい方・自身の事業や取り組みを伝え広めたい方
・農家をはじめとするサステナブルな農と食に取り組む人々に出会いたい・友達になりたい方


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#407600 2019-02-07 00:32:30
More updates
Fri Feb 8, 2019
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
mumokuteki cafe&foods 京都店
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥2,500
参加費(オンラインサロン会員) FULL
懇親会 SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
京都市中京区式部町261 ヒューマンフォーラムビル 2F Japan
Organizer
次代の農と食をつくる会
83 Followers