Ticket is not available

Close
Event is FINISHED

美味しい土曜日 @AHBASE / 『森から海へ』森の現状と森の資源の活かし方

Description

リバースプロジェクトが主催する大人気企画「美味しい水曜日」の番外編、「美味しい土曜日」がAHBASEで開催されます!
記念すべき第一回のテーマは「『森から海へ』森の現状と森の資源の活かし方」


皆さんはご存知でしょうか?
今、日本では毎年約50万頭ほどの鹿が、農作物の被害や森林を荒らしてしまうことから駆除されてしまっています。

一方、鹿肉は

カロリーが牛肉の半分、脂質が5分の1と低カロリーでヘルシー

に加えて、

鉄分は1,7倍、高タンパクでビタミンB2も約2倍

と、とても栄養価の高いお肉なのです!

近年では人と森の関係性を取り戻そうとする働きかけや、駆除されている鹿の命や自然の恵みを無駄にしない取り組みとして、鹿肉を使ったペットフードも世に出回り、益々鹿肉が身近な存在となってきています。



今回はAHBASEでも好評販売中の鹿肉を活用したワンちゃん用のオーガニックペットフード、「鹿のめぐみ」を手がける、一般財団法人森から海への発起人であり、日本のオーガニックコットンのパイオニアでもある渡邊智惠子さん、そしてAHBASEのプロデュースを手がけていただいたリバースプロジェクトでシェフを務める新納平太さんをゲストにお招きし、美味しい食事を食べながら、日本の鹿肉活用の現状やその魅力についてお伝えします!!



★開催概要★


<基本概要>
・日時:2月9日(土) 11:00 ~ 13:00(10:30受付開始)
・場所:AHBASE 1Fイベントスペース
・参加費:4,000円
・定員数:25名
・お問い合わせ:ahbase.event@gmail.com
※ ペット(ワンちゃん)同伴可!



<コンテンツ & タイムスケジュール>
10:30~ 受付開始
11:00~12:00 ゲストトークショー
12:00~13:00 ランチタイム

<お昼のメニュー>
1:シーズナブルサラダ  アーモンドミルクのサワードレッシング
2:熊本県山都町鹿肉のパテドカンパーニュのカナッペ
3:鹿肉のロースト オレンジソース
4:熊本県山都町産有機野菜のハーブグリル
5:鹿骨のブロススープのシチュー
6:鹿肉のラグーソースのパスタ
7:アーモンドミルクのブランマンジェ

※当日はワンちゃん用のお食事もご用意いたします。
※お好きなドリンクは別途キャッシュオンにてお会計となります。







★トークショーについて★


『私たちは、大地に生きるすべての命が「自然体にいきる」ことを目指して活動しています。私たち人間はこの地球上すべての生命の恩恵を受けて存在しています。足元にあるこの大地が健康になったとき、人々は心から健康になれます。森が本来の姿で生きることができたら、海は本来の海の姿で生きることができます。森が本来の姿でなくなってしまったら、海は本来の海の姿でなくなってしまいます。
森、里山、畑、街、川、そして海。抱いた問題に目を向けて、その問題を多くの人に発信し、解決に向けて取り組むことを続けてゆく。将来的には森を守る人の育成をし、日本の豊かな自然を守るための仲間を増やしていきます。』

こんな言葉を活動の理念に掲げて立ち上がった団体『森から海へ』 。

日本にはかつて、森から生まれる資源を活かした暮らしが存在していました。エネルギー、食料、暮らし。森と里が近い関係にあることで、人は森の生態系を活用し、有効的に利用することで、自然のバランスが保たれ、その自然の中で野生も人も共存する文化を形成してきました。戦後の植林計画や、化石燃料、プラスチックの利用増加に伴い、人が森の資源を活用しなくなったことから様々な問題が全国的に広がりつつあります。

信州の中央に位置する長野県小諸市、八ヶ岳の山麓、浅間山の山麓、それぞれから広がる独特の地形から独特の食文化や自然環境を形成してきた地域も現在しかや猪といった野生動物の増加から生まれる『鳥獣害被害』が年々深刻化しています。




そんな中で有害鳥獣として駆除したニホンジカを有効活用するため、鹿肉をペットフードに加工して販売する小諸市の事業が、新たな野生鳥獣対策として脚光を浴びています。既存の行政管理施設の転用化により開業した野生獣肉の処理施設で、捕獲した鹿の大半はこれまで焼却処分されてきましたが、命を無駄にせず、捕獲した鹿のほぼ全てがペットフードとして活用されています。

そんな小諸市における有害鳥獣として処理された野生獣肉の活用をペットフードとしてだけではなく、健康や美容食として今後より広い分野と関わりを持つことで、解決の方向を見出していこうという動きの中心を担う活動を行う 株式会社アバンティ代表取締役で会長でもある渡邊智惠子さんをお招きし、小諸市の森の現状や、資源の活用についてのお話を実際に食としていただくことも通じて皆さんと考えてみたいと思います。

森から海への活動詳細についてはこちら



<ゲストのご紹介>

渡邊 智惠子
株式会社アバンティ代表取締役会長
1952年北海道斜里郡出身。日本でのオーガニックコットン製品製造のパイオニア。2010年NHK「プロフェッショナル~ 仕事の流儀」に社会起業家として取り上げられる。その後、2011年 一般社団法人小諸エコビレッジ設立、代表理事就任。2014年 一般社団法人わくわくのびのびえこども塾設立、代表理事就任。2016年一般財団法人森から海へ設立、代表理事就任。2017年一般財団法人『22世紀に残すもの』発起人として活動を始める等各分野でも活動している。


新納 平太
REBIRTH PROJECTキッチンディレクター。75年鹿児島生まれ。2000年よりBeGoodCafeコミュニティイベントに参加。その後フードチームリーダーとなり愛知で開催された愛・地球博、各種環境型イベント等でのキッチン運営を担当。2011年より国分寺CafeSlowフードディレクターや、アースデイ東京ニコルズフォレストキッチン、フジロックフェスティバルNGOビレッジでのTheATOMICCAFÉ等でフードディレクションを手がける。



★美味しい水曜日とは??★


毎日何気なく食べているものが、どこから、どのように私たちの口に入り、身になっているのか。本当の安心、美味しさってなんだろう。 そんな問いの答えを辿るように、目でみて手で触って、匂いをかいで、五感をフル活用して食の過程に触れながら、美味しいお酒を楽しむ時間です。

過去の開催実績はこちらをご覧ください

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#404490 2019-01-25 10:11:42
More updates
Sat Feb 9, 2019
11:00 AM - 1:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥4,000
Venue Address
墨田区横網1丁目9−2 Japan
Organizer
AHBASE
28 Followers