Event is FINISHED

ひとりひとりの『思い』をどう次に繋げるか~みんなで考える『医学部入試問題』のこれから (主催:医学部入試における女性差別対策弁護団)

Description


2018年8月の東京医大不正入試報道は,多くの女性・男性に衝撃を与えました。医学部入試における女性差別対策弁護団のクラウドファンディングには300人,600万円を超える支援が集まるなど,この「事件」に心を動かされ,「何とかしたい」「この状況を変えたい」と自分なりににできることを考える人たちがいることを明るみにしました。医療,教育,ひいては社会のあらゆる場面に,いまだあからさまな女性差別が存在する――。私たちは今どのような状況にあり,何から解決していけばよいのか。そのために,ひとりひとりの思いや行動をどう次につなげていけばいいのか。エッセイストとして活躍する小島慶子さん,医師として精力的に発信を続ける宋美玄さん,ジェンダー論を専門とする瀬地山角さんをパネリストにお迎えし,皆さんとともに考えていきたいと思います。

◇定員100名(定員に達し次第、受け付け終了とさせていただきます)

◇パネリスト◇
・小島慶子さん(こじま けいこ。エッセイスト,東京大学大学院情報学環客員研究員)

1972年生まれ。学習院大学卒業後,TBSにアナウンサーとして入社。99年,TBSラジオの参加型討論番組『アクセス』でギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞。2010年にフリーとなり,ラジオ,テレビ,雑誌など多様なメディアで活動中。

・宋美玄さん(そん みひょん。医師)

1976年,神戸市生まれ。川崎医科大学講師,ロンドン大学病院留学を経て,2010年から国内で産婦人科医として勤務。子育てと産婦人科医を両立,メディア等への積極的露出を行い,様々な女性の悩み,セックスや女性の性,妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な活動を行っている。

・瀬地山角さん(せちやま かく。東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻教授)

1963年生まれ,奈良県出身。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了,学術博士。北海道大学文学部助手などを経て,1994年東京大学助教授。2009年より現職。この間に韓国のソウル大学に留学し,ハーバード大学,カリフォルニア大学バークレー校で客員研究員。専門はジェンダー論,主な著書に『お笑いジェンダー論』『東アジアの家父長制』(いずれも勁草書房)など。

◇モデレーター 佐藤倫子さん(弁護士・医学部入試における女性差別対策弁護団)
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#395897 2018-12-16 13:26:06
More updates
Thu Jan 31, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
中目黒トライ
Tickets
入場券 SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
東京都目黒区上目黒3-6-5 Japan
Organizer
医学部入試における女性差別対策弁護団
44 Followers