Event is FINISHED

石川直樹×関野吉晴×ワダヨシ「冒険・記録・食べること」『冒険家たちのスケッチブック』(グラフィック社)刊行記念

Description
「冒険や探検という行為は、それを記録することと分かちがたく結ばれている。」(『ぼくの道具』著:石川直樹)

冒険家たちの記録を集めた『冒険家たちのスケッチブック』(グラフィック社)の刊行を記念して、B&Bではイベントを開催します。
ゲストには石川直樹さんと関野吉晴さんを、また司会進行役としまして本書の編集協力をされましたワダヨシさんをお招きしました。

写真家、探検家としてご活躍されるお二人に、かつての通信や記録媒体が発達していなかった時代の冒険と、インターネットを通じて世界中のどこにいても人と即座に繋がれる現代の冒険とではどのようなことが変わってきたのでしょうか。また技術が発展してもなお変わらない「旅をする」ということそのものの意義、喜びについて、そして旅先で記録以上に欠かすことのできない「食」などについても、お話しいただきます。

この日限りの"グレートジャーニー" どうぞお楽しみに!

【出演者プロフィール】

石川直樹(いしかわ・なおき)
1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞。『CORONA』(青土社)により土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。最近では、ヒマラヤの8000m峰に焦点をあてた写真集シリーズ『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』『K2』(SLANT)を5冊連続刊行。最新刊に写真集『Svalbard』『流星の島』(SUPER LABO)、著書『極北へ』(毎日新聞出版)がある。

関野吉晴(せきの・よしはる)
1949年東京都墨田区生まれ。
一橋大学在学中に同大探検部を創設。その後25年間に32回、通算10年間以上にわたって、アマゾン川源流や中央アンデス、パタゴニア、アタカマ高地、ギアナ高地など、南米への旅を重ねる。人類誕生の地アフリカへ遡行する旅「グレートジャーニー」を足かけ10年の歳月をかけて、行う。現在、武蔵野美術大学教授(文化人類学)。現在、西武国分寺線鷹の台駅前商店街で総延長380メートルのホワイトボードに野外写真展を開催中(2019年03月まで)。著書多数。最新刊に、山極寿一との対談『人類は何を失いつつあるのか ゴリラ社会と先住民生活から見えてきたもの』(東海教育研究所)がある。

ワダヨシ

ferment booksの編集者。『冒険家たちのスケッチブック』のほか、『サボテン全書』『バンクシー ビジュアル・アーカイブ』(いずれもグラフィック社)、『味の形 迫川尚子インタビュー』『サンダー・キャッツの発酵教室』(ferment books)などの編集を担当。

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら
Mon Dec 17, 2018
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
本屋B&B
Tickets
前売1,500yen + 1 drink order SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
世田谷区北沢2-5-2 BIG BEN B1F Japan
Organizer
本屋B&B
22,315 Followers