日米における都市とデジタルトランスフォーメーション ~民・公における実践例~

Description
国際大学GLOCOMでは、ハーバード大学ロースクール教授のSusan Crawford氏を招いて、日米におけるデジタルトランスフォーメーションについてのシンポジウムを開催します。

Crawford氏は、ブルームバーグNY市長のテクノロジー&イノベーションに関するアドバイザーを務め、Prospect MagazineのTop Ten Brains of the Digital Future(2011)およびTIME MagazineのTech 40: The Most Influential Minds in Tech(2013)の一人に選ばれました。共著『The Responsive City: Engaging Communities Through Data-Smart Governance』では、都市や自治体がどのようにデータやテクノロジーを使ってガバナンスに活用していくかを説いています。2019年1月には新著『Fiber』の出版を控えており、アメリカにおける通信政策と、今後データ交換量が飛躍的に増える社会における医療システム、教育、行政サービス、農業、小売業、働き方-の各分野で起こりうるtransformation(変容)について論じています。

本シンポジウムでは、Crawford氏に加え、日本から株式会社スペースマーケット代表取締役の重松大輔氏と、神戸市チーフ・イノベーション・オフィサーの関治之氏を招き、情報社会の次のフェーズがもたらすインパクトと、社会変革を担う日本の事例について議論します。

  • 主催:国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
  • 定員:120名
  • 参加費:無料
  • プログラム(予定)
開会の挨拶:庄司昌彦(国際大学GLOCOM 主幹研究員/准教授)

第1部
10:05-10:45
講演1「アメリカにおける都市のデジタルトランスフォーメーション」
 Susan Crawford(ハーバード大学ロースクール教授)

10:45-11:05
講演2「都市のデジタル化を担うシェアリングエコノミーとスタートアップ企業」
 重松大輔(株式会社スペースマーケット代表取締役/一般社団法人シェアリングエコノミー協会代表理事)

11:05-11:25
講演3「シビックテックマインドと都市のデジタル化」
 関治之(神戸市チーフ・イノベーション・オフィサー/一般社団法人コード・フォー・ジャパン代表理事)

11:25~11:40 休憩

第2部
11:40~12:30
パネルディスカッション「都市のデジタルトランスフォーメーションにおける課題と展望」
  Susan Crawford
  重松大輔
  関治之
  モデレータ:庄司 昌彦

閉会の挨拶:庄司昌彦

進行:櫻井美穂子(国際大学GLOCOM 主任研究員/准教授)
Thu Dec 13, 2018
10:00 AM - 12:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 FULL
Venue Address
中央区日本橋1丁目3−13 2 F 東京建物日本橋ビル Japan
Organizer
国際大学GLOCOM
1,416 Followers
Attendees
149