Event is FINISHED

硫黄岳登頂・観天望気講習会(アイスキャンディフェスティバル)

Description
2019年2月3日(日)にヤマテン会員の皆様を対象とした「硫黄岳登頂・観天望気講習会」を行います。
カシオ計算機株式会社より、登山用腕時計PROTREKを貸し出しします。PROTREKを使用した観天望気講座もおこないます。
講師は猪熊隆之(いのくまたかゆき)を予定しています。

日  程:2月3日(日)
登山行程:赤岳鉱泉(発)から硫黄岳の往復(荒天時には赤岩の頭、または他のルートへ変更する場合がございます)
募集人数:10名(参加者資格を満たす方の中から抽選)
参加資格:10本爪以上のアイゼンを履いて確実に歩行できる技術のある方
     アイゼン、ピッケル、冬山用登山靴など厳冬期の硫黄岳を登頂するのに必要な装備を有している方
     2018年12月17日(月)現在でヤマテンの会員であること
     2月2日(土)の16時に赤岳鉱泉に到着していること
     下記、やまきふ共済会の保険に加入していること
参加料 :500円(保険料、赤岳鉱泉にて各自、ご加入していただきます)
集合場所:2019年2月2日(土)の16時 赤岳鉱泉前のアイスキャンディ会場
募集方法:過去2年以内の積雪期登山経験、無雪期登山経験を記載し(もっとも技術・体力を必要とする登山についてそれぞれ5つ以内)、info@yamatenki.co.jp へメールを送ってください。応募締切は12月31日(月)とさせていただきます。

配信先 :info@yamatenki.co.jp 株式会社ヤマテン 山岳気象講座係宛 

山は雲を観察したり、学んだりする最高のフィールドです。それは、平地から雲を見ると、どうしても下から見上げてしまうので、平面的にしか見えないのに対し、山では、立体的に雲を捉えられるほか、稜線や尾根上では斜面を昇ってくる上昇気流によってできる雲を体感でき、山を挟んだ両側における雲の出き方の違いも観察できます。また、天候が急変する際に現れる雲の兆候や風の変化について解説していきます。

空気は目に見えませんが、雲は空気の状態を語ってくれています。雲の聞えない声に耳を傾けながら、楽しく山を登りましょう。皆様とご一緒できることを楽しみにしています。

株式会社ヤマテン
山岳気象講習会係
Feb 2 - Feb 3, 2019
[ Sat ] - [ Sun ]
4:00 PM - 2:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
硫黄岳登頂 観天望気講座 FULL
Venue Address
茅野市 赤岳鉱泉 Japan
Organizer
山の天気に興味がある人
11 Followers