Event is FINISHED

黒川塾(六十四)64 「ゲーム産業のあれから20年、これから20年」 須田剛一 + 松山洋+ 黒川文雄 2018年11月26日(月)開催

Description
黒川塾 六十四(64)「ゲーム産業のあれから20年、これから20年」


ゲスト:須田剛一(株式会社グラスホッパー・マニファクチュア 代表取締役)+松山洋(株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役) 司会進行 黒川文雄(黒川塾主宰)


【今回のテーマ】 「あれから20年、これから20年」


1996年2月16日、有限会社サイバーコネクトが創業(2001年に有限会社サイバーコネクトツーに社名変更)1998年3月30日、グラスホッパー・マニファクチュアが創業、それぞれの道は違えども、松山洋氏、須田剛一氏はゲーム産業の一翼を担い、約20年に渡り最前線でゲームコンテンツ開発、人材育成、社業の成長に注力をしてきました。その20年はまさにゲームマシンとゲームコンテンツの変革期にもあたります。1993年のセガサターン、プレイステーションに始まり、ゲームのコンセプト、グラフィック、流通などあらゆるものが変化を遂げて行きました。そして現在はネットワーク、スマートフォンゲームなどまた新たな変化が常に大きな波としてうねり続けています。


今回の黒川塾にては、松山氏、須田氏の20年を振り返るとともに、これからのあるべきゲームコンテンツ、ゲームを再現するデバイス、あるべきエンタテインメントの未来を考える会として開催します。


今回の黒川塾は、ニコニコ動画による生放送を行います。ネットからの視聴ご参加もお待ちしております。ニコニコ動画での生放送はトークセッションパートのみとなり、最後の質問コーナー、懇親会は会場のみで行います。


多くのかたにご参加とご視聴いただき皆様と共有できれば幸いです。積極的なご参加をお待ちしております。



【開催日程】

2018年11月26日(月曜日)  

19時30分 開場 受付開始 20時00分 開演  90分~程度  QAおよび懇親交流会あり(会場のみ実施)


【ゲスト】プロフィール(敬称略) 

■須田 剛一(すだ ごういち)/SUDA51
株式会社グラスホッパー・マニファクチュア 代表取締役/ゲームデザイナー



1993年にヒューマン株式会社にプランナーとして入社。『スーパーファイヤープロレスリング』シリーズ、『ムーンライトシンドローム』を手がけた後独立し、1998年に株式会社グラスホッパー・マニファクチュアを創立。多くの作品でディレクター、脚本、ゲームデザインを務めている。 代表作には『シルバー事件』をはじめ、『killer7』『ノーモア★ヒーローズ』シリーズ、『シャドウ オブ ザ ダムド』『LOLLIPOP CHAINSAW』『KILLER IS DEAD』がある。最新作は2018年発売予定のNintendo Switch専用タイトル『Travis Strikes Again: No More Heroes』 。



■松山 洋(まつやま ひろし)
株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 




博多に本社を置き、東京、モントリオールに拠点を構える、元気なゲーム制作会社サイバーコネクトツーの代表兼ディレクター。開発の傍らで毎月、60冊の漫画誌を読んでいる大の漫画好き。アニメや映画、もちろんゲームも漫画も幅広く、こよなく愛している。非常に“濃く”“熱い”人間である。

ゲーム代表作として『NARUTO-ナルト- ナルティメット』シリーズ、『.hack』シリーズ、『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』、『Solatorobo それからCODAへ』、『アスラズ ラース』他。

最新作には、『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームトリロジー for Nintendo Switch』、『.hack//G.U. Last Recode』。

著書として、『熱狂する現場の作り方 サイバーコネクトツー流ゲームクリエイター超十則』、『エンターテインメントという薬 -光を失う少年にゲームクリエイターが届けたもの-』などがある。

http://www.cc2.co.jp/


【主催・司会 ナビゲーター・コメンテーター・黒川文雄】




東京都生まれ。アポロン音楽工業を経て、ギャガコミュニケーションズ(現在のギャガ)にて映画配給宣伝、セガエンタープライゼス(現在のセガ)にてゲーム宣伝を革新的に進化させ、ゲーム内広告を世界で初めて展開。デジキューブにてゲームソフトのコンビニ流通を開拓、デックスエンタテイメントにてFLASHを用いた世界初のネット型対戦カードゲーム「アルテイル・ネット」を展開、ブシロードにて取締役副社長、製造管理、海外販売、オンラインゲーム開発。NHNJapanにては家庭用ゲームメーカーとの大型の共同タイトルを企画開発、運営まで。あらゆるエンタメジャンルに精通したメディアコンテンツ研究家であり、本イベント・キュレーター。コラム連載など、多岐にわたる人脈と長年のナレッジの蓄積で新たな地平を切り拓いてきました。参加する皆様方とともに成長をしていきたいと思います。 

オンラインサロン黒川塾 https://lounge.dmm.com/detail/577/
ツイッターアカウント ku6kawa230

■【開催会場】

東京都中央区銀座5丁目15-1 南海東京ビル3階 株式会社ドワンゴ セミナールーム

最寄り駅 銀座線 日比谷線 丸ノ内線 銀座駅 徒歩7分 都営浅草線 東銀座駅 徒歩2分


■ニコニコ動画視聴URL (11月26日 20時より視聴可能です)

URL黒川塾(六十四)「ゲーム産業のあれから20年、 これから20年」

番組終了日から 7日間公開となります。

【参加費】 

peatix 事前申し込み 3000円  1ドリンク代込み 軽食あり
peatix 事前申し込み 学割2500円(専門学校・大学など学生証をお持ちいただけた方対象とします)

当日料金 一般 3500円/ 学生 3000円(学生証をご持参ください) 


【ぜひ足をお運びください!】

あらゆるジャンルのクリエイター、プロデューサー、ディレクター、起業家、営業、販売促進などすべてのポジティブなマインドをお持ちの方を歓迎します。もちろん、それらの職業のかたに限定するつもりはありませんので、一般のかたも奮ってご参加ください。エンタメ業界に所属していなくても結構です。ここが何かの「入口」になるかもしれませんし、「出口」になるかもしれません。 積極的な参加をお待ちしております。

【開催主旨】

音楽、映画、ゲーム、ネット、IT、すべてのエンタテインメントの原点を見つめなおし、来るべき未来へのエンタテインメントのあるべき姿をポジティブに考える会です。開催時期に合わせてゲスト・テーマを決定し、参加者とそれらを共有し、現状分析、動向を研究し、新たな化学変化を起こし、まだ見ぬ方向性、あるべきエンタメ像を創造するものです。

参加者においては、新たな気づき、明日からの活力になる勉強会、企画開催を心がけます。

音楽、映画、ゲーム、ネットワークなど、すべてのエンタメビジネスに精通した「黒川文雄」がナビゲートするエンタメ小宇宙。「エンタテインメントの未来を考える会」(黒川塾)開催決定です。

明日からのエンタメビジネス、自らのライフスタイルへの気付きを与え、与えられる会にしたいと考えます。毎回 多才なゲストを招待しての事例紹介、クロストーク、リスナー参加型の質疑応答形式もあります。

【問合せ先】

イベント運営責任者 黒川文雄 kurokawa.fumio@gmail.com 
(協力  :ニコニコ動画/電ファミニコゲーマー)



参考写真 5月24日開催 黒川塾47「eスポーツとプロゲーマーの明日はどっちだ_2 ~今、現場で起こっていること~」開催風景


Mon Nov 26, 2018
8:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
株式会社ドワンゴ セミナールーム
Tickets
前売 一般券 SOLD OUT ¥3,000
前売 学生券 SOLD OUT ¥2,500
Venue Address
中央区銀座5丁目15−1 南海東京ビルディング3階 Japan
Organizer
黒川文雄
2,120 Followers

[PR] Recommended information