Event is FINISHED

【満席】次代の農と食を語る会 vol.1

Description
満席のため予約受付を終了しました。当日参加ご希望の方はお問合せください。(10/24)

これから先の時代をになう子供たちに、私たちはどんな「 農と食」の未来を残していけるでしょうか? 「次代の農と食を語る会」は、その鍵を握る先進的な取り組みをおこなう注目ゲストをお招きして「農と食」の未来 を語り合うシリーズです。生産、流通、小売、IT、デザ イン、料理人といった垣根をこえてつながり合い、深め合い、新しい出会いと交流が生まれるサロンを目指して開催 しています。
  
前回「vol.0」はキャンセル待ちとなり好評いただきましたが、「もっともっと話したい、つながりたい! 」という参加者の声にお応えして、今回はトークと交流を中心に、参加費をぐっと下げて、少しスタイルを変えてお 届けします。
 
今回の会場は、「人と動物の共生」をテーマにしたドッグパークAHBASEにある、リバースプロジェクトがプロデュースするRcafe192に併設したイベントスペースです。9月にオープンしたばかりの開放感のある素敵な空間です。オープンマイクの時間も用意していますので、生産者や事業者・クリエイターの方はぜひご自身のPRに活用してください。

テーマは「農業×IT」。まずは村山邦彦さんが事務局をつとめる「京都オーガニックアクション協議会」の、地域内共同物流の取組について、農産物情報のビッグデータ化の観点から語っていただきます。そして、次代の会として2016年から制作・運営してきた農産物マッチングサイト「farmO」の目指す未来についても!
 
後半は、
・生産~センシング・自動制御、生産管理ツールなどの現状
・流通局面におけるIT活用イケてる事例
・統合ビッグデータ化~AIによる需給調整
などをテーマに、農業全体のIT技術の諸々の事例や今後の展望などについて、参加者の皆さまと一緒に考えていきます。
 
参考リンク:
京都オーガニックアクション協議会
https://www.facebook.com/KyotoOrganicAction/
オーガニックがつながるファーモ | farmO
https://www.farm-o.net/
 
オープンマイクの時間も用意していますので、生産者や事業者・クリエイターの方はぜひご自身のPRに活用してく ださい。
 
 
【こんな方におすすめ】
 
・オーガニックや地産地消など、サステナブルな農と食の取り組みに共感する方、実際に携わっている方
・事業にかかわる仲間を増やしたい方・自身の事業や取り組みを伝え広めたい方
・農家をはじめとするサステナブルな農と食に取り組む人々に出会いたい・友達になりたい方
・作り手の顔や風土のストーリーが見える美味しい食をわかちあって楽しみたい方
 
 
【イベント概要】
  
◆ 日時:2018年10月24日(水)18:30オープン / 19:00スタート / 21:30終了
 
◆ 会場:AHBASE/Rcafe192(JR両国駅 徒歩5分) https://rcafe192.com/
 
◆ 参加費:2000円+別途ワンドリンクオーダー
 ※お食事やドリンクはカウンターでキャッシュオン販売となっております。

◆ 定員:20名
  
◆ ゲスト:
 村山邦彦(次代の農と食をつくる会理事/伊賀ベジタブルファーム株式会社代表/京都オーガニックアクション協 議会)
 西辻一真(次代の農と食をつくる会副代表理事/株式会社マイファーム代表)
   
◆ 主催・問合せ:一般社団法人 次代の農と食をつくる会 
〒160-0021 新宿区歌舞伎町2丁目42-11 カーサ新宿303号
一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン内 担当:間宮(事務局)
info@jidainokai.com / http://jidainokai.com/

◆ 協力: AHBASE / Rcafe192 / 株式会社AHB / 株式会社リバースプロジェクト


【ゲストプロフィール】

◆ 村山邦彦(むらやまくにひこ) 
  
伊賀ベジタブルファーム株式会社 代表取締役。「忍者」の里で有名な三重県伊賀市に拠点を 置き、様々な農業関連事業にハンズオンで携わる。京都大 学大学院エネルギー科学研究科修士修了、産機メーカーの開発エンジニア、高校教員などを経て2007年に就農。 以来自ら有機栽培による農産物の生産・販売の現場に立ちながら農と食の「仕組づくり」に取り組む。

2010年には伊賀有機農業推進協議会の設立に関わり、その後の事業運営において中心的な役割を担う。2013 年にはメンバーらとともに地域商社【株式会社へんこ】を設立。産地とりまとめに関わるシステムの開発を独自に進めてきた。
 
京都周辺のオーガニック系流通業者・生産者らが連携して生産・販売や物流の諸課題と向き合うプラットフォーム【 京都オーガニックアクション】協議会の事務局長を務める 。
http://iga-vegetable.jp/
 
◆ 西辻一真(にしつじかずま)

1982年福井県生まれ、2006年京都大学農学部資源 生物科学科卒業。大学を卒業後、1年間の社会人経験を経て、幼少期に福井で見た休耕地をなんとかしたい!という思いから、「自産自消」の理念を掲げて株式会社マイファ ームを設立。
 
その後、体験農園、農業学校、流通販売、農家レストラン 、農産物生産など、独自の観点から農業の多面性を活かし た種々の事業を立ち上げる。2010年、戦後最年少で農 林水産省政策審議委員に就任。2014年、内閣府国家戦 略特区農業特区委員就任。2016年、総務省「ふるさとづくり大賞」優秀賞受賞。
 
将来の夢は世界中の人が農業(土に触っていること)をしている社会を創ること。
https://myfarm.co.jp/


◆ 次代の農と食をつくる会について
 
多様なジャンルの「次代の農と食をつくる」意欲あふれる人たちが連携し、農業生産、食品流通、消費に関わる新た なかたちを創造し、分かち合い、世に提示し、実現することを目的とした団体です。生産、流通、販売、教育、メディア、イベント企画など、農と食にまつわるさまざまな分 野の若手メンバーが全国から集い、結成されました。
※メンバー紹介
http://jidainokai.com/ member/


【会場提供】
 
◆ AHBASEについて
ワンちゃんを飼っている人、飼っていない人が集い共に時間を過ごせる『ドッグパーク』それがAHBASEです。全国にペットショップを展開する株式会社AHBASEが「動物と人間の幸せな共生社会の実現」を目的として運営する施設です。愛犬との暮らしを豊かにするサービスから、新しい家族を探すワンちゃんとの出逢いまで、多種多様な人たちがそれぞれの目的で集えるコミュニティスペースとなっております。
https://ah-base.com/
 
◆ Rcafe192について
株式会社リバースプロジェクトの初の試みとなるカフェがAHBASE内にオープン。AHBASEの理念の延長線上にある「BORDERLESS(ボーダーレス)」をテーマに、年齢、性別、国籍を問わず、またペット連れで利用できる約50席を確保した飲食スペースとして展開しており、フードメニューにはビーガンやグルテンフリーなどのオプションも用意しています。
https://rcafe192.com/
 
◆ 株式会社AHBについて
「動物と人間の幸せな共生社会に貢献すること」をミッションに掲げ、ペットショップ「ペットプラス」を全国に100店舗以上展開。社名のAHBは、”Animal Human Bond”の頭文字をとって命名したものであり、人とコンパニオンアニマル(CA)のより良い関係を構築し、お客様に幸せなペットライフをお届けするとともに、ペットとお客様を通じ「日本中を笑顔にする」ことを目指しています。全国にウェルネスセンターを設置しブリーダーとの直接取引によるトレーサビリティの高いペットのみを受け入れ、専属獣医師による健康診断を実施したうえでお客様にご提供しています。
https://www.ahb.jpn.com/

◆ リバースプロジェクトについて
人類が地球に生き残るためにはどうするべきか? 私たちリバースプロジェクトは、人間がこれまでもたらした環境や社会への影響を見つめなおし、未来における生活を、新たなビジネスを通して提案しています。代表・伊勢谷友介のもと、様々な才能を持ったアーティスト・プロデューサーが集結し、2009年に設立されました。衣、食、住のみならず、教育・芸術・まちおこしといった分野において、社会課題の解決をクリエイティブな視点から試みています。
https://www.rebirth-project.jp/


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#381590 2018-10-23 23:39:03
More updates
Wed Oct 24, 2018
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
AHBASE/Rcafe192
Tickets
参加費(別途ワンドリンクオーダー制) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都墨田区横網1-9-2 NTTドコモ墨田ビル Japan
Organizer
次代の農と食をつくる会
285 Followers

[PR] Recommended information