Event is FINISHED

大学入試改革迫る! ~「受験」の先を見据える能力育成とは!?~

Description
チケットを入手してイベントに参加しよう!
満員御礼!増枠しました~。

【当日の内容】

  1. イントロダクション:高校・大学入試・大学の在り方が大きく変わる「高大接続改革」
  2. Z会の取組み
「教育×テクノロジー=EdTech(エドテック)」を駆使した「受験とその先を見据えた力」の育成
経済産業省「未来の教室」実証事業 途中経過報告
ICT活用による「探究学習」と「偏差値にとらわれない」学力育成

【場所】


ちよだプラットフォームスクウェア 本館5階 504会議室
東京都千代田区神田錦町3‐21
http://www.yamori.jp/access/

【協力】


株式会社Z会

【詳細】


高校・大学入試・大学の在り方が大きく変わる「高大接続改革」

社会の要請にこたえる形で英語のスピーキングを含む「英語4技能」や、記述式問題の導入など入試改革に目が向けられがちですが、場当たり的な受験対策よりも「変化の激しい社会で生き残る」ための素地をどう身に着けていくかが重要です。

受験産業のイメージが強いZ会ですが、実は教育×テクノロジーを意味する造語「EdTech(エドテック)」を駆使して、”単なる暗記の効率化”で終わらせず、「受験とその先を見据えた力を育む」取り組みも行っています。

その端的な例として、学校現場とコラボして進めている経済産業省の「未来の教室」実証事業の途中経過等も紹介。その中で「探究学習」という手段をICTを活用して最大化するという提案をご紹介し思考力や表現力、多様性(ダイバーシティ)受容性など、従来の「偏差値」に囚われない、より立体的な”学力”をどう育成するかを考察します。

特に中高生のお子様を持たれているお父様・お母様にお勧めです。

【講師プロフィール】


野本竜哉(のもとたつや)

1982年、静岡県生まれ。 工学院大学大学院情報学専攻 修了後、2009年KDDI株式会社入社。英語での国際通信回線の手配・障害復旧などを手掛けるエンジニア、 学校のICT化を支援するSE、IoT企画職を経て、2017年5月にZ会 ICT事業部に転職。 現在は、教育をICTで拡張する、いわゆる「EdTech」の領域におけるマーケティングを担当。

大学受験時の数学の疑問が海外の「動く教材サイト」で一瞬で氷解した経験から、学生時代は情報工学×教育 の分野を専攻、 就職後も会社の活動とは別に、「一般社団法人 iOSコンソーシアム」という組織で、学校と企業が一緒に教育のICT化を考える 「文教ワーキンググループ」という組織の座長も務めており、公私ともに「教育のICTによる拡張」を追究している。

【講師からのメッセージ】


偏差値やテストだけで評価される世の中に疑問を持っている方、これからの社会を生きるわが子の教育に不安があるという方、「未来の教室」実証事業の状況が知りたいという方、「探究学習」という言葉に興味がある方、是非本講演にご参画いただければ幸いです。



Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#376098 2018-10-04 23:51:33
More updates
Fri Oct 12, 2018
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
セミナー参加チケット FULL
Venue Address
千代田区 神田錦町3‐21 Japan
Organizer
インプロ・グループ
311 Followers