Event is FINISHED

MOTION GALLERY Crossing #1 都市と地方を行き交う人たちの増やし方

Description
クラウドファンディングプラットフォーム・MOTION GALLERYには、何か変化を起こしたい、誰かに伝えたいといった想いをもった人たちの挑戦が集まっています。そこには、今の社会が抱える問題が映し出され、過去・現在・未来を有機的につなげるヒントが詰まっています。
これまで日本全国、ときに国境をも越えて、MOTION GALLERYに関わってくださった方々を、表現方法やジャンルを越えて繋ぎ合わせながら、2020年以降の社会と未来をともに考える場として、「MOTION GALLERY Crossing」をはじめます!

【MOTION GALLERY Crossing #1 都市と地方を行き交う人たちの増やし方】


成長を是とする世界のなかで、都市部・地方を問わず、 “利便性”を追求したまちづくりが行われ続けてきた。結果、世界のあらゆる都市が、同じような建物、街並みになり、「画一化」しているとも言われている。一方で、都市での暮らしを離れ、「便利さ」や「快適さ」が劣るような自然のなかでの暮らしに戻ろうとする人たちも増えてきている。
都市化した「まち」の暮らしでは得られないものとは何か。これからの「まち」が生き延びていくために、その個性を引き出すコツは?「都市か地方か」の二択で断絶させない、よりゆるやかな移行の仕方とは?都市やまちづくりについて模索し、実践しているゲストたちの経験談を聞きながら考える。

●事前質問
「あなたがどこか地方のマチを訪れたいと思うときの、一番の理由は?」
*当日までに回答を考えていらっしゃってください。ディスカッションの際などにお話しいただきます。

▼ゲスト
・市来勇人(UNZEN△FES.実行委員会 実行委員長/雲仙青年観光会 副会長/株式会社FUTURE CITY 代表取締役)
福岡県出身。昭和58年生。 学生時代に「自分の宿を経営したい!」と雲仙温泉で修行するために長崎にIターン移住。老舗旅館での10年間の修行を経て、2016年9月に「株式会社FUTURE CITY」を設立し、創業する。同年10月に島原半島初のゲストハウス「TSUDOI guest house」を開業。2018年4月には島原市にある雲仙岳災害記念館「がまだすドーム」内のカフェ&ショップの業務委託を受け、事業展開。また雲仙温泉では、「雲仙青年観光会」副会長・ 「雲仙プラン100地域づくり委員会」総務部会部会長・ UNZEN△FES.実行委員長など地域での活動にも積極的に 参加。 『日本の未来を創るのは地域だ!!』と、地域発の日本づくりを目指して地域ビジネスの可能性を探っている。
https://motion-gallery.net/projects/UNZENSANKAKUFES2018


・ソーヤー海(共生革命家/東京アーバンパーマカルチャー創始者)
1983年東京生まれ、新潟、ハワイ、大阪、カリフォルニア育ち。カリフォルニア州立大学サンタクルーズ校で心理学、有機農法を実践的に学ぶ。 サステナビリティとパーマカルチャーの研究と活動を始め、同大学で「持続可能な生活の教育法」オーガナイザー兼講師を務めました。 その後、コスタリカのジャングルに移住しパーマカルチャーを実践。 ワシントン州ブロックス・パーマカルチャー・ホームステッドで研修を受けた後、2012年、日本に帰国。パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション、禅、ファシリテーション、気候変動x若者のエンパワーメントなどをしています。一児の父。
https://motion-gallery.net/projects/TUPcrowdfunding 他多数


・中村功芳(NPO法人earth cube Japan代表理事)
日本ゲストハウス協力隊発起人。地域にねざし、地域の魅力を世界に発信しながら、なりわいを促進するオーセンティックツーリズムやオーセンティックDMOを提唱。地域を活性化するゲストハウス文化を全国に広めたコンセプトメーカーであり、ゲストハウス開業アドバイザー。
主催する、地域と生きるゲストハウス開業合宿や地域でなりわいをつくる合宿では、多数のまちづくりの担い手を輩出。今ではまちの活性化の拠点が50ヶ所以上までに増え、地域に根ざす雇用を生み出している。地域の本質的な魅力を世界に発信する拠点づくりなどの講演も行う。
https://motion-gallery.net/projects/guesthouse-skt


・高橋歩(山暮らしカンパニー発起人)
1993年生まれ。長野県飯田市出身。金沢工業大学大学院卒。高校の友人に誘われたことがきっかけで信州最南端の秘境「遠山郷」に通い始める。2016年、Uターンする友人と山暮らしカンパニーを立ち上げる。東京、遠山郷でのイベントを多数開催し、遠山郷の魅力を発信中。今年3月には、築100年の古民家を活用した暮らし体験型シェアハウス「コンパスハウス」をオープン。遠山郷を軸にした人の交流拠点の運営に関わる。
信州の企業と若者のマッチングイベントに参加したことがきっかけとなり、大学院卒業後は飯田にUターンせず、軽井沢のベンチャー企業へ就職。休日を利用して遠山郷に通う生活を送る。定期的に東京へ足を運び、遠山郷とコンパスハウスの宣伝にも取り組む。
https://motion-gallery.net/projects/commpass_yamagurashi0317


▼日程
10月13日(土)15:00〜17:30(14:45開場)
15:00〜16:00 ゲストによるトーク
16:00〜16:15 参加者間のグループディスカッション
16:00〜17:00 ゲストと参加者によるフリーディスカッション
17:00〜17:30 交流会(途中退出可)

▼参加費
1500円
参加費のお支払いは当日現金払いとなります。お釣りのないようにご用意をお願い致します
*全9回のうち何回でも参加できる定期券も9000円で発売中。ご希望の方は後述の問い合わせ先までご一報ください。

▼会場
リトルトーキョー3階(東京都江東区三好1-7-14)

▼お問い合わせ先
MOTION GALLERY 担当 アーヤ
ai.ayah★mgly.jp(★を@に変えてください)

【MOTION GALLERYによる新たな企画「MOTION GALLERY Crossing」とは】


クラウドファンディングプラットフォーム・MOTION GALLERYは、誰かの熱い想いをカタチにするお手伝いをする場です。
それは、ときに映画であり、ときに音楽であり、ときに演劇であり、ときにまちづくりであり…さまざまなカタチをとります。しかし共通しているのは、誰かに伝えたいという思い。変化を生み出したいという願い。より楽しい未来を築きたいという希望…。
そんなみんなの想いが詰まった”ギャラリー”には、今の社会が抱える問題が映し出され、これまでになかった新しいアイディアが集まり、過去、現在、未来が有機的に繋がるヒントが詰まっています。
これまで日本全国、ときに国境をも越えて、MOTION GALLERYに関わってくださった方々を、表現方法やジャンルを越えて繋ぎ合わせたら、さらに新しいアイディアやカルチャーが生まれるのではないか…。そんな想いから「MOTION GALLERY Crossing」は生まれました。

MOTION GALLERY Crossingでは、
1)「発展」を是としてきた社会の限界(#1 #2 #3)
2)技術の進歩に伴い問われる人間の存在意義(#4 #5)
3)「固定観念」からのゆるやかな脱却(#6 #7)
4)個が自立していく未来(#8 #9)
という4つの命題から現在の社会を切り取り、これからの社会を全9回にわたって探求します。

イベント自体は1回ごとで完結していますが、ぜひ複数の回にご参加いただき、様々な角度から一緒に未来の世界を「ソウゾウ(想像・創造)」していただければ幸いです。

▼全9回のコンテンツ&スケジュール一覧:近日公開!

▼MOTION GALLERYサイト:
https://motion-gallery.net
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#370973 2018-09-17 15:26:40
More updates
Sat Oct 13, 2018
3:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費1,500円(*当日支払い) FULL
Venue Address
江東区三好1丁目7−14 リトル トーキョー Japan
Organizer
MOTION GALLERY
120 Followers