鯖江発!アトツギベンチャー作戦会議「家業の経営資源でおもろいビジネス始めよう」【アトツギトークセッション】

Description
鯖江発!アトツギベンチャー作戦会議
「家業の経営資源でおもろいビジネス始めよう」
中小企業の若手後継者が家業の経営資源で新たなビジネスを展開する「ベンチャー型事業承継」(※)を推進する近畿経済産業局では、中小企業の若手後継者を対象に、新規事業開発の支援を展開しています。

キーワードは、「成長性」と「独自性」。
いま国や産業界からも、若い世代のアトツギが始める新たなビジネスに期待が高まっています。

とはいえ、中小企業のアトツギが、家業のフィールドで新しいビジネスを立ち上げていく過程では、スタートアップベンチャーとは何もかも事情が違います。家業の経営資源を活用できるというアドバンテイジと同時に、アトツギならではの苦労や障壁があります。

このトークセッションでは、家業の金属加工業からの関連多角化として、眼鏡ブランドを立ち上げ、精力的に事業を展開している鯖江代表アトツギベンチャー、西村プレシジョンの西村社長と、アトツギベンチャーをめざして奮闘中の北鋼シャーリングの増田 悠二さんが登壇。アトツギが新規事業に立ちはだかる障壁をどう乗り越えていくのか、「アトツギあるある」を本音で語りながら、来場の皆さんとの双方向でのディスカッションを交えて、事業化のヒントを探ります。

【ベンチャー型事業承継とは】
若手後継者が、家業が持つ、有形無形の経営資源を最大限に活用し、リスクや障壁に果敢に立ち向かいながら、新規事業、業態転換、新市場開拓など、新たな領域に挑戦することで社会に新たな価値を生み出すこと。「ベンチャー」といっても、IPOをめざしたり、規模の急拡大をめざしたりするものではありません。地域に根を張り、会社の永続をめざして、社会に必要とされる会社であり続けるために、アトツギが挑戦を重ねることこそがベンチャー型事業承継です。




※近畿経済産業局「関西起業家・ベンチャーエコシステム構築プロジェクトモデル事業」

近畿経済産業局では、関西の起業環境整備の加速化を目的に、新たな産業と雇用を生み出すベンチャーを関西一体となって支援する「関西起業家・ベンチャーエコシステム構築プロジェクト(通称:NEXT INNOVATION)」を推進しています。
「ベンチャー型事業承継」は同プロジェクトの支援対象の一つとして掲げています。
http://next-innovation.go.jp/

主催:近畿経済産業局(運営:大阪イノベーションハブ)
共催:福井県事業承継ネットワーク
   一般社団法人ベンチャー型事業承継
   https://take-over.jp/

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【開催日時】
 2018年10月31日(水) 18:30~20:30(受付開始:18:00~)

【場所】
 鯖江商工会議所
  〒916-0026 福井県鯖江市本町3丁目2−12
  URL:http://www.sabaecci.or.jp/conference_room/

【定員】30名(要事前予約。満席になり次第締め切ります)

【対象】
 家業を継いだ若手経営者・経営幹部、家業の承継を予定・検討している方、事業承継に関心のある支援機関など

【参加費】無料
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【ご注意ください】
・本事業はアトツギ(予定者含む)行政・支援機関を対象としたイベントです。
・参加者に対しての営業目的の方はお断りいたします。営業行為が発覚した場合はご参加をお断りさせていただきます。
・重複申込みがないようお願いいたします。
・開始時刻に間に合うように、入場をお願いいたします。
・欠席される場合は必ず早めにキャンセルのご連絡をしていただきますようお願いいたします。
・チケットをキャンセルする場合、チケットを重複して取得してしまった場合は、お申し込みしたイベントページにある「主催者へ連絡」ボタンよりイベント主催者に必ずお問い合わせください。


<ゲストスピーカー>
◇鯖江発アトツギベンチャー「地域と家業はやり方次第で面白くなる!」
株式会社西村プレシジョン
代表取締役 西村 昭宏氏
https://www.paperglass.jp
http://next-innovation.go.jp/renovator/presspost/interview20171205/

祖父が創業した西村金属はチタン加工を行う町工場。大学卒業後にIT関連企業に就職するが、1年後の2003年に家業は経営危機に直面。鯖江に戻り、先に入社していた兄とともに会社再建に尽力。その後、薄さたった2mmの老眼鏡の自社ブランド「ペーパーグラス」をスタート、西村プレシジョンの代表取締役に就任。家業が長年培った技術力が生かした製品は高い評価を受け、話題となる。地域ブランド、クラウドファンディングなど、次々に新しいことを仕掛ける、鯖江代表アトツギベンチャー。ベンチャー型事業承継の伝道師として後進の育成にも力を注ぐ地元のアトツギにとってのアニキ的存在。


◇最大の障壁はいままでの常識!?「次世代の材料屋」をめざし奮闘中
北鋼シャーリング株式会社/増田 悠二氏

2代目である父が経営する北鋼シャーリングは、鉄工団地に工場を構える創業55年の切り板屋。建築部材や機械部品を鋼鈑から切断加工し、県下へ供給している。
大阪の大学を卒業後、6年間の出版社勤務を経て帰福。現在は生産管理室長としてQCD管理や生産性向上、職場環境の改善などを担当。家業に戻った当時は、前職とのギャップにうちひしがれながら淡々と現場業務をこなしていたが、仕事を通してさまざまな人と出会う中で、地域産業を支える材料屋としての気概が芽生える。ひと世代前の「当たり前」から脱却し、これからの時代に求められる材料屋をめざして、日々奮闘中。


<モデレータ>
「アトツギもかっこいい」を提唱するベンチャー型事業承継の伝道師
近畿経済産業局 NEXT INNOVATION 事務局 プロジェクトリーダー
大阪イノベーションハブ チーフプロデューサー
社団法人ベンチャー型事業承継 代表理事
株式会社千年治商店 代表取締役 
山野千枝氏

大阪産業創造館が発行するビジネス情報紙「Bplatz」の2001年の創刊以来16年間、編集長として多くの経営者取材に携わる中でファミリービジネスの世代交代時に起こるイノベーションに関心を持つ。「起業家もかっこいいけど後継ぎもかっこいい!」を伝えるために、関西圏の大学で親が商売をしている学生を対象に「ガチンコ後継者ゼミ」を開講。会社の歴史を活用した採用戦略、社史制作などを手がける株式会社千年治商店を2016年に設立。若手アトツギに特化したベンチャー支援団体「社団法人ベンチャー型事業承継」を2018年に設立。


---------------------------------------------------------------------------
【お問い合わせ】
大阪イノベーションハブ NEXT INNOVATION 事務局
〒530-0011 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7F
TEL:06-6359-3004 
e-mail:infoat@innovation-osaka.jp
---------------------------------------------------------------------------
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#377778 2018-10-11 04:55:27
More updates
Wed Oct 31, 2018
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
鯖江商工会議所
Tickets
参加申込み

On sale until Oct 30, 2018, 6:00:00 PM

Venue Address
福井県鯖江市本町3-2-12 Japan
Organizer
アトツギベンチャー応援プロジェクト事務局
633 Followers