Event is FINISHED

over made STORE | 新万葉染めワークショップ

Description

新万葉染めワークショップ


進行:山脇耀平・鎌田安里紗


概要

まだ着たい・使いたいのに、汚れたりシミがついてしまった洋服や小物はありませんか。 新万葉染めワークショップはそんなアイテムを染め直して永く愛用してもらうための企画です。


日時:8/23(木)18:30-20:30

持ち物:染めたいものを持参してください

参加費:1000/アイテム(peatixによる事前決済有)


注意事項:

・染色可能素材について

 植物系繊維:綿・麻

 再生繊維:レーヨン・キュプラ・リヨセル

 動物系繊維:シルク

(合成繊維であるナイロン・ポリエステル・アクリルなどは染色できません)

・汚れてもいい格好でいらして下さい。


新万葉染めについて

新万葉染めは、その昔から使用されてきた天然色材をそのまま利用する技術。基本的には「草木染め」と呼ばれる天然染料染めと同じ、草木や虫などの自然由来の原料を用いた染色技法ですが、新開発の技法を加えることによって、古代の色調をわずかな原料で染め出すことに成功しました。


通常の天然染料染めは原料を煮出して、原料の色素が溶け出た液体(抽出液)を使用して布などを染めます。このとき原料は布や糸と同量が必要です。一方、新万葉染めは独自に開発した技法で原料を煮出すことで、抽出液の濃度を上げています。そのため、必要な原料は布や糸の20~40%。染め出しに使う原料を減らしたことでコストダウンも実現しました。


新万葉染めでは、天然の染料を繊維に定着させる「媒染」という工程でも、新たな技術を採用しています。従来の天然染料染めでは、染め重ねなど、何度も染めを繰り返すことで色を濃くしていましたが、もちろんそのぶん原料費は高くなります。それに対して新万葉染めは、一度に色濃く染めることのできる媒染方法を採用することで、染め重ねの手間と原料費をカットしています。


参照:川端商店街

http://kawabataprint.com/dyeing/



プロフィール:
山脇耀平(やまわきようへい)

1992年、兵庫県加古川市生まれ。 瀬戸内発の兄弟デニムブランド「EVERY DENIM」共同代表・兄。繊維産地を盛り上げるため言葉を使って奮闘中。2018年4月より心を満し合う街「えぶりシティ」市長として活動。また1年半かけて47都道府県をキャンピングカーで巡る旅を実施中。旅の様子は「Be inspired!」にて連載。





鎌田安里紗(かまだありさ)

1992年、徳島県生まれ。モデル、エシカルファッションプランナー。 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程在籍。 高校在学時に雑誌『Ranzuki』でモデルデビュー。エシカルな取り組みに関心が高く、フェアトレード製品の制作やスタディ・ツアーの企画などを行っている。著者に『enjoy the little things』(宝島社)。環境省「森里川海プロジェクト」アンバサダー、慶應義塾大学総合政策学部非常勤講師。

Thu Aug 23, 2018
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
ワークショップ参加費 SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
渋谷区渋谷2丁目21−1 渋谷ヒカリエ8F Japan
Organizer
EVERY DENIM
181 Followers