Event is FINISHED

著者と語る朝渋『バックパッキング登山入門』『バックパッキング登山紀行』著者・四角 大輔さん

Description

渋谷・道玄坂で開催している会員制朝活コミュニティ「朝渋」。8月21日(火)は特別編『著者と語る朝渋』です。

「本」を切り口に50回以上のイベントを企画し、様々な著名ゲストの方々をお呼びしてきました。扱うテーマは経営・IT・マネジメント・リーダーシップ・マーケティング・小説・哲学など多岐にわたります。お陰様で、早朝からのイベントにも関わらず、累計1000名を超える参加者を動員する大人気イベントとなりました。

今回も素敵なゲストの方をお呼びしております。


当日のコンテンツ

今回は「人は誰もがアーティスト」というメッセージを掲げ、すべての人に眠るオリジナリティを再起動すべく活動する、新しい働き方・生き方の先駆者、四角大輔さんです。


前著「人生やらなくていいリスト」にてお越しいただいた四角さん。

「肉体のパフォーマンスをあげるためには、何よりも早寝早起きが大事!」と、当コミュニティのコンセプトに共感してくださって、再び朝渋へ登場!


新刊「バックパッキング登山入門」「バックパッキング登山紀行」2冊の出版を記念してイベントを行います。


朝早起きをしている皆さん、新しい登山のセカイへ第一歩を踏み出して、自由な生き方へチャレンジ!


こんな人にオススメ

・自由に、自分らしく生きる方法を知りたい方

・やるべきことなど、日々に息苦しさを感じている方

・四角さんの生き方に興味のある方


▼書籍のご案内

『バックパッキング登山入門 ~自由に山を旅する61の流儀』

https://amzn.to/2L3DhiR


『バックパッキング登山紀行 ~歩いてしか行けない世界へ』

https://amzn.to/2JaHdwy


ゲストプロフィール

四角 大輔

「人は誰もがアーティスト」というメッセージを掲げ、オルタナティヴな生き方を提唱し続ける執筆家。ニュージーランドの原生林に囲まれた湖で半自給自足の森の生活を営み、場所の制約を受けない働き方を構築し、世界中で移動生活を送る。エコ誌ソトコト・登山誌PEAKS・Mac Fanといった連載、Instagram、自身のWEBメディア〈4dsk.co〉、会員制コミュニティ〈LifestyleDesign.Camp〉を通して表現活動を続ける。著書に『人生やらなくていいリスト』『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』等。アーティスト育成、バックパッキング登山をライフワークとし、企業やブランドのアドバイザーやアンバサダーを担い、アウトドア・自然派・エシカル関連の商品開発を行う。自身の会社のCEO、オシロ(株)共同代表、(社)the Organic副理事、(株)yoggy inc.取締役を兼任。レコード会社プロデューサー時代、配信を含めると10度のミリオンヒットを記録。


▽公式メディア〈四角大輔のすべて〉|4dsk.co

▽会員制コミュニティ〈Lifestyle Design Camp〉|LSD.Camp

▽Instagram|instagram.com/4dsk.co

▽Facebook|facebook.com/4dsk.co

▽Twitter|twitter.com/4dsk

内容紹介(amazonより)

-バックパッキング登山入門-

「山でも人生でも、身軽こそが自由への扉だ」
「世界にはまだ、歩いてしか見れない景色がある」

これは世界を舞台に自由な人生を創造し続けるミニマリスト、ビジネス書ベストセラー作家・四角大輔の言葉だ。
ユニークなギア&ウエア軽量化メソッド、独自のコンパクトパッキング術、食事学と体メンテナンス学、大自然で快適に過ごす知恵。
彼が30年かけて構築したこれらの流儀によって、自由に山を旅する「バックパッキング登山」を誰もができるようになり、人生までも自由になるという。
彼がNZで営む自給自足ライフや、機内持ち込みパック1つで世界中を旅するフリーダムジャーニーのルーツは、バックパッキング登山にあった。
この本は、アウトドア初心者から登山や釣り経験者まで、そして「自由に生きたい」と願うあなたのための、究極の野外遊び秘伝書であり、新しい生き方の指南書だ。
同時発売の、四角大輔冒険記『バックパッキング登山紀行~歩いてしか行けない世界へ』を併せて読むことで、その真髄はより伝わるだろう。
「バックパッキング登山こそが、究極の旅。あなたが一生忘れることのできない、震えるような絶景に出会えますように」


-バックパッキング登山紀行-

本書は、ビジネス書ベストセラー作家・四角大輔が身1つで自然界に挑み、10年以上かけて綴ってきた数々の冒険記から、19篇を厳選した紀行本でありルートガイドだ。
衣食住を背負い、山や原野を歩き続けるバックパッキング登山。
森や谷の奥に生息する野生魚を追い求める、フライフィッシング冒険。
ニュージーランドと日本全土、1泊2日から12泊13日までと、その内容は広域かつ多岐に渡る。
自由な人生を創造し、最小限の荷物で世界中を旅するミニマリスト、著者のルーツは登山にあった。
「世界にも日本にも、歩いてしか見られない景色がまだある。ぜひ、人生を変えるような自然紀行に挑戦してほしい」とは彼の言葉だ。
心を震わせるような絶景を求め、本当の自分に還るために重ねてきた、1つ1つの山旅が彼の人生を創ったという。
同時発売の、彼が30年かけて構築した、独自の山旅ノウハウ本『バックパッキング登山入門~自由に山を旅する61の流儀』を併せて読んで、あなたも大自然への冒険に出よう。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#358101 2018-08-02 03:11:51
More updates
Tue Aug 21, 2018
7:30 AM - 9:00 AM JST
Add to Calendar
Venue
Book Lab Tokyo(ブックラボトーキョー)
Tickets
【早割】参加チケット(ドリンク込) SOLD OUT ¥1,500
【通常】参加チケット(ドリンク込) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
渋谷道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号館 2F Japan
Organizer
朝渋〜朝の7:00-9:00をデザインする、人生の土台作り〜
1,433 Followers