Event is FINISHED

D4D #7 〜デザイナーの矜持: デンマークでの研究経験を題材に〜

Description

イベント概要

近年、デザインがビジネスの領域でも活用されるようになってきましたが、デザイナーが自信をもってできるデザインの仕事とはどんなものなのでしょうか?

今回は、デザイナーとして第一線で活躍しながら、この1年間デンマークで研究員としてデザイン研究をしてきた株式会社デスケルの平野友規さんをゲストスピーカーとしてお迎えします。さらにゲストトークの後で、デンマークのデザイン実践・研究に詳しい2人のパネリストを加えて、パネルディスカッションも行いながら議論を深めていきます。

デンマークの先進的なデザインの実践・研究について議論するとともに、その上で日本のデザイナーはどのような「矜持」をもってこれからの時代を活躍していけるのか、参加者で考えていきます。

当日は、ゲストトークやディスカッションをグラフィックレコーディングする予定です。


ゲストスピーカー:

平野 友規 株式会社デスケル リサーチャー / デザイナー

トランスコスモス株式会社、株式会社コンセントを経て、現職。2017年-2018年 デンマークのDesign school KoldingのLab for social designで客員研究員。2019年 東京藝術大学大学院デザイン専攻を修了予定。iF コミュニケーションデザイン賞2014、German Design Award 2017、グッドデザイン賞ベスト100など受賞。


パネリスト:
1. 上平 崇仁 専修大学 教授

筑波大学大学院芸術研究科デザイン専攻修了後、グラフィックデザイナー、東京工芸大学芸術学部助手を経て、2004年専修大学赴任。2012年より現職。2015-16にはデンマークのコペンハーゲンIT大学インタラクションデザインリサーチグループ客員研究員。最近は、協働デザイン(CoDesign)の仕組み作りやデザイン的な態度(Design Attitude)や形成プロセスの研究について取り組んでいる。


2. 瀧 知惠美 ヤフー株式会社 UXデザイナー

2009年ヤフー株式会社入社。様々なプロジェクトでUXデザインを実践。2013年、所属部署にて発足したUXデザインチームでマネージャーを務める。その後、UXデザインの社内普及活動に従事。2016年からは東京藝術大学大学院に通いながらデザインの実践・研究の両立に取り組む。2016年、2018年にデンマーク視察を2度経験し、デンマーク社会におけるデザインの考え方の日本(特に企業内)における応用方法を模索中。多摩美術大学情報デザイン学科非常勤講師。

タイムライン(予定

18:30〜 受付開始
19:00〜 イントロダクション
19:05〜 ゲストトーク
19:40〜 ゲストトークを基にしたテーブルトーク(質問募集)
19:55〜 パネルディスカッション
20:35〜 パネルディスカッションを基にしたテーブルトーク
20:55〜 クロージング
21:00〜 懇親会


イベント情報
日時: 9/4(火) 1900〜2100(2200まで懇親会)
場所: ヤフーLODGE
費用: 1000円(イベント中に軽食と飲物が出ます
申込期限: 2018.8.31(LODGEへの申請の都合上早めに終了します)


主催:Designs for Designers (D4D)
D4Dは、デザイナーが自分たちの働く環境や道具について欲張って考えることができる場を目指している実験的なコミュニティです。一緒にコミュニティを盛り上げてくれる方、コミュニティで考えてみたいネタを募集しております。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#355453 2018-07-23 07:27:24
Tue Sep 4, 2018
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ヤフーLODGE
Tickets
当日: ¥1000 FULL
前払: ¥1000(推奨) SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
東京都 千代田区紀尾井町1-3 Japan
Organizer
Designs for Designers
156 Followers
Attendees
47