Event is FINISHED

【連続講座|全5回】 人口減少時代の住まいと暮らし方 〜誰もがきちんとした場所で暮らせる環境づくり〜 produced by JSURPまちづくりカレッジ

Description

認定NPO法人日本都市計画家協会がプロデュースする、まちづくりカレッジ。
まちづくりの実践者たちとともに、時代の先を見据えた知見や、最先端事例を学べる全5回の連続講座です!


JSURPまちづくりカレッジ2018 コース⑤

人口減少時代の住まいと暮らし方〜誰もがきちんとした場所で暮らせる環境づくり〜


定員:30名

申し込み締め切り:8/17


【概要】


「人口減少・高齢化が進展する我が国において、未来の住まいや暮らしに展望が見いだせるのか?」


「高齢者から一人親世帯、ジェンダー問題を抱える人など生活弱者と呼ばれる人たち誰もが、きちんとした場所で暮らせる環境を実現するための政策・まちづくりのベクトルは?」


昨年度、住宅セーフティネット法が改正され、これからは住宅確保要配慮者(高齢者、低所得者、障害者、一人親世帯等)を、住まい確保と暮らし支援(見守り等の生活支援サービス)の両輪で支援していくことが求められています。


そこで、本講座では、国土交通省・厚生労働省で政策立案などに携わる担当の方や、地域の現場で住まいや暮らしの再生に関わっている方などを講師として招き、これからの時代における「住まいと暮らし方」について考えます。


クロストークを通じて、これからの住宅政策の動向と現場での取り組みを学びます。


【講座内容】


第1回 8月20日(月) 19:00~21:00

空き家活用による地域シェアを考える

講師:大島敦仁/国土交通省住宅局安心居住推進課企画専門官

塩田大成/株式会社ビルスタジオ代表取締役


第2回 9月26日(水) 19:00~21:00

高齢者の安心できる居住と暮らしを考える

講師:武井佐代里/厚生労働省老健局高齢者支援課 課長

   辻野真貴子/町田市都市づくり部都市政策課 


第3回 10月24日(水) 19:00~21:00

郊外住宅団地の再生を考える

講師:長谷川 /国土交通省国土技術政策総合研究所  住宅研究部 住宅性能研究官    

   大友直樹/横浜市建築局都市計画課 課長


第4回 11月22日(木) 19:00~21:00

コンパクト&ネットワークを現場のまちづくりで考える

講師:丸山宏司/国土交通省関東地方整備局建政部住宅調整官

    大須賀 芳雄/奈良県 まちづくり推進局 地域デザイン推進課 都市計画室 室長      

       

第5回 12月11日(火) 19:00~21:00

住まいと暮らし方をパラダイムシフトする

講師:蓑原敬/都市プランナー

佐々木晶二/元国土交通省


※新規でJSURP会員になることをご希望の方は j-college@jsurp.jp までご連絡ください。


チラシ、詳細はこちらから

過去のJSURPまちづくりカレッジはこちらから 


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#357195 2018-07-30 04:50:00
Mon Aug 20, 2018
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
CITY LAB 東京
Tickets
一般 SOLD OUT ¥20,000
JSURP会員 SOLD OUT ¥12,000
学生 SOLD OUT ¥5,000
Venue Address
東京都中央区京橋3丁目1−1 Japan
Organizer
JSURPまちづくりカレッジ
179 Followers
Attendees
28