Event is FINISHED

本の文化を記憶する ー神保町アーカイブは可能か?ー

Description
『数理的発想法』 発刊記念

仲俣暁生 X 高野明彦 トークライブ

批評家・編集者の仲俣暁生氏による対談集『数理的発想法』(翔泳社)発刊を記念して著者の仲俣氏と国立情報学研究所 高野明彦氏との対談イベントを開催します。本や地域についてテクノロジーによるアーカイブや可視化の方法について紹介し、「文化の記憶」について探ります。

国立情報学研究所教授として、文化財や書籍を中心にアーカイブとその検索技術を開発している高野明彦氏は、『数理的発想法』の中でもインタビュー相手として登場しており、既存のネット空間や電子書籍では得られない、有機的な<本>や<街>の体験と活用の仕方を、高野氏の長年の研究と実制作の成果である「ヴァーチャルな本棚」「神保町という街のアーカイブ」などを素材に語ります。

18:15〜受付開始
18:30 開場
________________________________

19:00〜20:30
クロストーク : 高野明彦氏 ☓ 仲俣暁生氏
「本の文化を記憶する。神保町アーカイブは可能か?」

________________________________

20:30〜20:40
Q&A サイン会


高野明彦
国立情報学研究所教授
新潟生まれ、神奈川育ち。東京大学数学科卒。博士(理学)。電機メーカーに20年間勤務の後、2001年より現職。2002年より東京大学大学院コンピュータ科学専攻教授併任。NPO連想出版理事長。専門は関数プログラミング、プログラム変換、連想情報学。研究成果を活用して、Webcat Plus、新書マップ、想-IMAGINE Book Search、BOOK TOWN じんぼう、文化遺産オンライン、TIMEMAPなどの公開サービスを展開している。


仲俣暁生
フリー編集者、「マガジン航」編集発行人
1964年、東京都生まれ。フリー編集者、文筆家。「シティロード」「(1994年創刊の第一期)ワイアード日本版」「季刊・本とコンピュータ」などの編集部を経て、2009年にボイジャーと「本と出版の未来」を取材し報告するウェブ雑誌「マガジン航」を創刊。2015年より編集発行人となる。著書『再起動せよと雑誌はいう』(京阪神エルマガジン社)、『極西文学論』(晶文社)、共著『編集進化論』(フィルムアート社)、『数理的発想法―“リケイ”の仕事人12人に訊いた世界のとらえかた、かかわりかた』(翔泳社)。 「マガジン航」(http://magazine-k.jp/ )主宰
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#353193 2018-07-13 02:46:14
More updates
Thu Aug 2, 2018
7:00 PM - 8:40 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費2000円(1ドリンク付き)当日会場にてお支払いください FULL
Venue Address
千代田区神田神保町2丁目3−1 Japan
Organizer
神保町ブックセンター
544 Followers