Event is FINISHED

【満席】国際協力NGOが教える、社会課題のみつけかた・取組み方~それぞれにできる社会貢献を考える

Description
「会社に勤めているけど、社会貢献活動にも参加してみたい」と考えたこと、
自分やまわりの人が困った状況に置かれ「この課題を何とかしたい!」と思ったことはありませんか?


ただ、実際に行動に移そうとしても、
「どう行動したらいいのかな」
「新しいことを始めるのって怖いな。。」
そんな風に思い、一歩を踏み出せない方も多いと思います。

今回のスピーカーであるエイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事の門田瑠衣子は、今から13年前、大学院生の時にケニアでエイズ孤児の問題に出会い、仲間7名と共にPLASを立ち上げました。

そのPLAS立ち上げの経験の中で得た、課題への取り組み方法や、試行錯誤したプロセスを余すところなく皆さまにお伝えします。

イベントに参加し、それぞれにできる社会貢献について、具体的にイメージし、はじめの一歩を踏み出してみませんか?
国際協力に関心がある方だけでなく、広く国内外の社会課題に取り組んでみたい方に聞いていただける内容です。

■こんな方におすすめです
・国内外で社会貢献活動に参加してみようと思っている方
・これから社会起業を考えている方
・国際協力に関心のある方
・アフリカでの活動について直接聞いてみたい方

社会をよくするためにこれから何か一歩を踏み出そうという方、
ぜひこの機会にご参加ください!

【開催概要】

●日時:2018年7月24日(火)19:30-21:00 (19:15開場)

●場所:エイズ孤児支援NGO・PLAS

〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F(地図

※JR御徒町駅から徒歩7分・秋葉原駅から徒歩9分 / 東京メトロ末広町駅から徒歩4分

●定員:先着20名

●参加費:今回のみ無料(通常1,000円の参加費を頂戴しているイベントです)

●プログラム:

代表理事:門田による講演・ワークショップ


■当日予定しているお話しの内容

○社会課題の発見~設定~挑戦~解決するまでのプロセス

○実際に現場に飛び込んだ時の思い

○ケニア・ウガンダでの活動

○いま現地で起こっている変化

○社会貢献の仕方にはどんな方法があるのか



【スピーカー紹介】

門田 瑠衣子(もんだ るいこ):エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事

1981年熊本県生まれ。2006年、武蔵野女子大学人間関係学部卒。

明治学院大学大学院国際学修士課程修了。フィリピンの孤児院や

国際協力NGOでのボランティアを経験し2005年、

大学院在学中にケニア共和国で現地NGOでボランティア活動に参加。


それをきっかけに、2005年にエイズ孤児支援NGO・PLASの立ち上げに携わり、

同団体事務局長を経て、現在代表理事を務める。ケニア共和国、ウガンダ共和国にて、

エイズ孤児を抱えるシングルマザーの生計向上支援や母子へのキャリアカウンセリング事業等を行う。


2016年、「青年版国民栄誉賞」と言われる人間力大賞にて準グランプリおよび外務大臣奨励賞を受賞。

NPO運営においても注目を集め、「働き方改革」を組織内にて推進し、2016年NGO組織強化大賞受賞。

クラウド型CRMをいち早くNPO運営に導入し、2014年セールスフォース活用自慢チャンピオン大会準優勝。

2015年より特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC)理事。

3児の母でもある。

Updates
  • タイトル は 【満席】国際協力NGOが教える、社会課題のみつけかた・取組み方~それぞれにできる社会貢献を考える に変更されました。 Orig#354845 2018-07-20 02:48:20
More updates
Tue Jul 24, 2018
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
エイズ孤児支援NGO・PLAS事務所
Tickets
参加【参加費無料】 FULL
Venue Address
東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7階 Japan
Organizer
エイズ孤児支援NGO・PLAS
102 Followers