Event is FINISHED

一般社団法人  日本メメント・モリ協会 #6

Description
BEING AND TIME

ギャラリートーク 6月29日19時からは合田真さんです。
モザンビークで電子マネーを導入。
宮沢賢治の感性でコミュニティーをつなぐ。
点ではなく、線をつなぎ、面で支えていく。
新著のことも伺いながらお話を伺いたいと思います。
https://wired.jp/waia/2017/21_makoto_goda/


合田 真 Makoto Goda 日本植物燃料株式会社 代表取締役社長。1975年長崎生まれ。京都大学法学部中退。2000年に日本植物燃料株式会社を設立。アジアを主なフィールドに、植物燃料を製造・販売する事業を展開する。その後アフリカのモザンビークに拠点を拡大し、2012年に現地法人ADMを設立。同国の無電化村で、地産地消型の再生可能エネルギーおよび食糧生産を支援するとともに、農村で使えるFinTechやAgriTech事業にも取り組んでいる。



BEING AND TIME

2018年6月26日 (火) - 7月1日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

The works in "BEING AND TIME" provide insight to help us understand our BEING AND TIME.
本展は、展示作品を通して、存在と時間について考察する場を提供します。


JÖRGEN AXELVALL

Jörgen Axelvall is a photographer and artist from Sweden currently based in Tokyo.
Before moving to Tokyo in 2011 Axelvall lived and worked in New York City for 15 years.
He published three photo books in the past "Instant Moments" (2014), "I was looking for Park Hyatt Tokyo" (2014), and "Go To Become" (2017).
In 2013 Axelvall was the international winner of the "New Exposure Award" presented by US VOGUE and BOTTEGA VENETA.
His biggest exhibition to date, "OIDE", was held at the Embassy of Sweden Tokyo, December 2015 - January 2016 and a selection of portraits from the extensive "OIDE" series was shortlisted at the 4th "International Emerging Artist Award of Dubai (IEAA)" and included in the "Best of 2016 book", published by IEAA and Pixalib.
In April 2018, Ken Nakahashi Gallery presented his inaugural solo show "KÄR/LEK".


ヨーガン·アクセルバルはスウェーデン出身の写真家。
15年間ニューヨークで活動後、2011年から東京を拠点にしている。
過去に『Instant Moments』(2014)、『I was looking for Park Hyatt Tokyo』(2014)、『Go To Become』(2017)の3つの写真集を出版。
2013年、アメリカ版VOGUE誌とBOTTEGA VENETAが開催した"NEW EXPOSURE AWARD"に選出された。
2015年12月には自身最大規模の個展『OIDE』をスウェーデン大使館にて開催した。
この展覧会の同シリーズは第4回 "International Emerging Artist Award of Dubai (IEAA)"に選出され、IEAAとPixalibによって出版される「Best of 2016」に掲載された。
2018年4月にKEN NAKAHASHI GALLERYにて個展『KÄR / LEK』を開催した。



DAISUKE HAMADA
daisukehamada.com


Daisuke Hamada was born in 1983.
He moved to Paris and started to take photographs on his own in 2004.
In 2008, his first solo exhibition "living, light" was held at OFR Gallery (Paris).
In 2009, he moved back to Tokyo and started to work as a freelance photographer.
His client includes various international magazines such as "AnOther Magazine" (U.K), "Dazed&Confused" (U.K), and "Purple Journal" (France).
Since 2017, he is represented by creative management agency "STIJL".

1983年生まれ。
21歳の時に渡仏し独学で写真を始める。
2008年、OFR Gallery(Paris)にて初の個展"living, light"を開催。
2009年に帰国後、ファッション、ポートレートを中心にフリーランスとして活動をはじめる。
『AnOther Magazine』(U.K)、『Dazed&Confused』(U.K)、『Purple Journal』(France)などをはじめ、国内外のクライアントの撮影を数多く行っている。
2017年より『STIJL』に所属。




KLEINSTEIN


Founded by Yusuke Koishi in 2014, KLEINSTEIN produced and designed various projects in the fashion industry both in Japan and abroad.
KLEINSTEIN has worked on collaborations and curated wide-ranged projects that connect contemporary art and fashion, also has been engaged in criticism and writing.
While working for COMME des GARÇONS, Yusuke was involved with projects including collaboration with Paul Stolper Gallery (London), and "the Biotopological Scale-Juggling Escalator" for Dover Street Market New York, realized by
Reversible Destiny Foundation, founded by the artists Shusaku Arakawa and Madeline Gins.
In 2017, KLEINSTEIN curated "SENSIBILITY AND WONDER", the first solo exhibition of John Dove and Molly White in Japan at DIESEL ART GALLERY.
In 2015, MIKI KOISHI joined in KLEINSTEIN.
Since then, KLEINSTEIN has been doing production activities by two people.


2014年にYusuke Koishiによって設立。
国内外のブランドのプロデュース、デザイン、コンサルティングを行っている。
アートとファッションを繋げるコラボレーション、キュレーション、評論や執筆を継続的に行っている。
コム デ ギャルソン在籍時には、Paul Stolper Gallery( London)との企画のほか、荒川修作+マドリン·ギンズが主宰するReversible Destiny Foundationが、DOVER STREET MARKET NEW YORK内に制作した"Biotopological Scale-Juggling Escalator"に携わる。
2017年にはDIESEL ART GALLERYにて、John Dove and Molly Whiteの日本初の個展"SENSIBILITY AND WONDER"のキュレーションを行った。
2015年よりMIKI KOISHIが参加し、現在は二人で制作活動を行っている。



Sponsored by The Japan Memento Mori Association
Established in 2017 by Mari Urabe, a physician and the Board Director of The Uzawa International Foundation.
Since its establishment, the association has invited various experts from the fields of medicine, religion, and philosophy, to serve opportunities to think about life and mortality multifacetedly.

主催 一般社団法人 日本メメント·モリ協会
宇沢国際学館取締役/内科医の占部まりによって2017年に設立。
医療介護従事者、宗教者、哲学者を中心とした様々な分野の専門家を招き、多角的に「死」を考える場を提供している

Fri Jun 29, 2018
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥2,500
参加費 当日払い 1000円 FULL
参加費 SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
〒150-0001, 2丁目-3−24 神宮前, 渋谷区 Japan
Organizer
一般社団法人  日本メメント・モリ協会
127 Followers