Event is FINISHED

ヘルスケア発信塾 第2回 「がん患者がメディアに求める情報発信」

Description

「がん患者がメディアに求める情報発信」(講師:片木美穂 主催:メディカルジャーナリズム勉強会)

 正確で魅力的な医療・健康記事を書きませんか?

 メディカルジャーナリズム勉強会は「ヘルスケア発信塾」を開講しました。

 医療・健康情報を発信したい初心者の皆さん、勉強が足りないと思っている皆さん、正確な発信をするためにはどうしたらいいか、一緒に学びましょう。

 第2回は卵巣がん体験者の会スマイリー代表片木美穂さんに「がん患者がメディアに求める情報発信」を話していただきます。

 患者電話相談を受けている片木さんは「1本1万円の○○水で救われまた」など医学的根拠がはっきりしない医療・健康情報に振り回されてる患者さんの姿を見聞きしてきました。新聞・テレビ記者の取材に応じる機会が多い片木さんですが、メディアが医療・健康情報の問題を伝えるだけでなく、情報を信じる患者さんの気持ちや背景にも心を配って取材してほしいと願っています。メディア取材の問題点、困った体験を含めて、本音を語っていただきます。

「ヘルスケア発信塾」は年間6回程度の開催を予定しています。

テーマ 「がん患者がメディアに求める情報発信」

講師  片木 美穂(卵巣がん体験者の会スマイリー代表

司会  浅井 文和(医学文筆家、元朝日新聞編集委員)

    秋元 麦踏(生活の医療社代表)

日時  2018623日(土曜日) 1630分~1830分 (1615分開場)

    (講演30分、講師と司会者の本音トーク&質疑討論60分)

会場  デジタルハリウッド大学 E15教室

    東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3

アクセス JR「御茶ノ水駅【聖橋口改札】」より徒歩1

 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅【B2出口】」直通1

 東京メトロ丸の内線「御茶ノ水駅【出口1】」より徒歩4

定員  30名(先着順)

参加費 一般チケット ¥2,000

対象者 医療・健康情報の発信に携わる記者、フリーライター、ブロガー、編集者


お申し込み後のキャンセル及び返金はお受けいたしかねます。ご了承ください。

当日の受付での領収書発行は行いません

お手数ですが、Peatixからの申し込み内容詳細メールより領収書データの発行をお願い申し上げます。詳細は領収書発行に関するページをご確認ください。

※終了後、懇親会を開催予定です(片木さん参加予定・場所未定)

懇親会参加をご希望の方は、「懇親会参加」のチケット(無料)を同時にご購入下さい。


講師紹介

片木美穂(かたぎ・みほ)1973年生まれ。2004年、卵巣がんとわかり治療を受けた。2006年に卵巣がん体験者の会「スマイリー」を設立。海外で使われている薬が国内で使われるまでに長年かかる「ドラッグラグ問題」、がん対策や臨床試験に対する意見発信、うそや大げさな医療情報への監視活動などに取り組んできた。

【メディカルジャーナリズム勉強会(AMJ)について】

医療や健康に関する情報発信に関心がある人が集う場所です。イベント開催や情報発信者に役立つ教材・リソースづくりなどを通じて、情報発信者のスキルの向上・世の中に役立つ情報を少しでも増やすことを目的とした勉強会です。

その他、ご質問等がございましたら、以下までお問い合せ下さい。


≪本会に関する問い合わせ先≫

メディカルジャーナリズム勉強会 事務局

office.medical.journalism@gmail.com


Peatixの操作等に関する問い合わせ先≫

TEL: 0120-777-581

*サポートダイヤルの受付時間 10:00~18:00 年中無休 (GW、年末年始は除く)

チケット購入方法に関するヘルプページはこちら


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#342471 2018-06-04 12:18:02
More updates
Sat Jun 23, 2018
4:30 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
デジタルハリウッド大学 E15教室 ( 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3階)
Tickets
一般チケット SOLD OUT ¥2,000
懇親会参加(会費は3000円前後を予定しています、現地でお支払いください) FULL
Venue Address
東京都千代田区神田駿河台4-6 Japan
Organizer
メディカルジャーナリズム勉強会
343 Followers