PR視点で企業価値を高める「インハウスエディター 」の役割【vol.2】〜PR Table Community #5

Description

企業を取り巻くステークホルダーと良好なリレーションを構築するために、自社のブランドそのものを、“編集“して社内外に発信する。


「インハウスエディター」は、Public Relationsの視点を持つ新たな役割として、企業価値を高めていけるのではないか?


そう考えた私たちは、2018年5月、インハウスエディターをテーマとしたイベント第一弾を行いました。(ゲスト:サイボウズ 藤村能光さん/クラシコム 津田さん)



思っていた以上の反響をいただいたため、今回、第二弾となるトークセッションを開催します。




今回のテーマは、「メディアでの編集経験者は、企業でどのような価値を発揮できるのか?」。



先日、マガジンハウスの雑誌『POPYE』の前編集長・木下孝浩氏が、ファーストリテイリングのグループ執行役員に就任されたのをご存知でしょうか。


雑誌やウェブメディア等で活躍してきた「編集者」の視点が、いま、なぜ企業で求められているのか。企業にとってのPublic Relationsと、“編集”はどうつながっているのか——。


今回は、メディアでの編集経験をもち、現在は成長企業で活躍するお二方をゲストに、「TechCrunch Japan」の前編集長である西村賢さんをモデレーターにお迎えし、「インハウスエディター」の可能性をさらに探究していきます。




- 日時2018年6月21日(木)20:00〜21:30 (19:30開場)


トークセッション・質疑応答含め90分を予定しております。



- 定員80名を予定

(増席!:6/18 好評につき、10席追加しました)


- 会場株式会社クラウドワークス

〒150-6006 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6階)



- ゲスト:


株式会社メルカリ

松尾彰大さん



エン・ジャパンに新卒入社後、「CAREER HACK」(キャリアハック)を立ち上げ。チーフエディター/ディレクターとして携わった後、2016年3月にメルカリにHRメンバーとしてジョイン。プロダクトメンバーの採用にコミットする傍ら、「mercan」の企画運用を主導。2018年からはメルペイのHRとして採用やブランディングに従事。


---

Sansan株式会社

丸山裕貴さん



Eight コンテンツストラテジスト / BNL編集長

1986年生まれ。米デトロイトで幼少期を過ごす。大学卒業後、メディアジーン「ギズモード・ジャパン」編集部を経て、2012年よりコンデナスト・ジャパン『WIRED』編集部へ。世界最先端の研究者や経営者を取材し、4年間雑誌とウェブサイトで記事制作を手がける。その後、16年3月よりSansanに転職し、Eightのコンテンツ戦略をリード。8月より新メディア「BNL(Business Network Lab)」を立ち上げ編集長を務める。


---


- モデレーター:


西村賢さん



1990年代半ばの学生時代に寄稿を始めたPC雑誌「月刊アスキー」や「週刊アスキー」の編集・記者としてインターネット・PC産業の興隆を取材。ITプロフェッショナル向けWebサイト「@IT」の副編集長、スタートアップ情報サイト「TechCrunch Japan」の編集長を経て2018年に独立。




----------


▼「PR Table Community」について

Public Relationsにおける、新たな「知」の共創をおこなうコミュニティです。

2018年11月27日(火)虎ノ門ヒルズで大規模カンファレンスを実施予定。



※注意事項 後日、当社オウンドメディアにてイベントの模様をレポートする予定です。そのため当日、会場の様子およびトークセッションの模様を撮影させていただきます。来場者の方が一部、映り込む可能性もございますので、あらかじめご了承くださいませ。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#346025 2018-06-17 21:58:30
More updates
Thu Jun 21, 2018
8:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
恵比寿4-20-3, 恵比寿ガーデンプレイス タワー 6 階, 渋谷区 Japan
Organizer
PR Table Community
553 Followers