Ticket is not available

Close
Event is FINISHED

仙腸関節障害と坐骨神経絞扼に対する評価&徒手療法

Description
『腰痛の80%以上はレントゲンやMRIなどの画像診断では原因はわからない』
『症状のない人でもほとんどの人にヘルニアや狭窄が認められる。ヘルニアや狭窄で神経症状を引き起こすことはほとんどない』

これは今の腰痛治療の常識です。


それを知らずにすぐに手術をしたがる医者ばかり。

そして、手術しても症状が変わらない。

手術前の症状は治まったけど、手術後に足部のしびれが出てきてしまった。

なんて患者さん、多くないですか?


そういった患者さんのために当アカデミーでは

「トリガーポイント療法」

を提案し、

多くの受講生が結果を出し続け

『手術をキャンセルすることができた』

なんて報告も多数寄せられています。



しかし・・・

トリガーポイント療法だけで

あらゆる腰痛、それに伴う下肢症状の全てを網羅できるわけではないのです。


私もトリガーポイントによる関連痛パターンの通りにやっても

あまり変化が見られない。

こういう時は「精神的影響」「栄養不足」などが考えられるのですが

それ以外も考えなければいけませんね。



それを今回お伝えいたします。



下肢症状を引き起こす「トリガーポイント」に加えて・・・


坐骨神経の

5つの絞扼部位。
(梨状筋は滅多に絞扼起こしませんよ)

マニアックな『上殿皮神経』

仙腸関節の関連痛と不安定性の原因

などなど多角的な視点から治療していきます!!






Sun Jul 8, 2018
10:00 AM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
受講料 SOLD OUT ¥12,800
Venue Address
福岡市博多区博多駅東 1-1-33 はかた近代ビル1F Japan
Organizer
Oriental Physio Academy & 「Mr.コリとる」上尾本店
146 Followers
Attendees
7