Event is FINISHED

美術手帖 ✕ VOLVO ART PROJECT  本山ゆかり「東京・占い・ジャーニー」

Description
美術手帖×VOLVO ART PROJECTの第5弾として、本山ゆかりがボルボ 青山 スタジオにて、6月29日〜7月16日に企画展示を行います。

本山は、主観や描かれる対象物の情報を削ぎ落とし、最低限の構成要素である「線」の在りかたを追うことで、絵画を制作するアーティストです。民主主義・資本主義の時代において美術史における文脈やコンテクストが強く作品に求められるなか、「描く」という行為自体に向き合い、存在としての絵画を問うてきました。

今回の展示に向け、本山は東京でフィールドワークを行います。京都在住の本山にとって「非日常」である東京で感受したモノ・コトが、作品制作においてどのように作用するのか。絵画に立ち現れるその在/不在を通して、作品とモチーフの関係性や、自身のなかの東京について、再考することを鑑賞者に促します。


関連企画 

フリーペーパー『TOKYO ARTRIP in VOLVO

東京発、日本のカルチャーをアート&デザイン好きの目線で紹介してきた、ビジュアルガイドブック「TOKYO ARTRIP」とのコラボレーション・フリーペーパー『TOKYO ARTRIP in VOLVO』を発表。「TOKYO ARTRIP」セレクトによる青山、表参道近辺の名店や、デザインの優れた建築物店舗に加え、本山がフィールドワークで訪れたスポットを併せて掲載します。冊子は、ボルボ スタジオ 青山と、掲載された一部の店舗などで配布されます。気軽に立ち寄ることができるスポットが数多く紹介されているので、掲載店舗に是非、足を運んでみてください。


◯トークイベント

日時:72日(月)190020:30

フリーペーパー『TOKYO ARTRIP in VOLVO』で掲載した店舗の魅力や、本山がフィールドワーク「東京・占い・ジャーニー」で訪れた場所や感じたことなどを、たっぷりとトークで紹介。東京を再発見する、今回の企画の裏側に迫ります。

登壇:本山ゆかり、碓井美樹(TOKYO ARTRIP」編集者、田尾圭一郎(「美術手帖×VOLVO ARTPROJECT」 プロデューサー)


プロフィール

もとやま・ゆかり

1992年愛知県に生まれ。京都市立芸術大学大学院美術修士課程修了。

2015 SUPER FUNCTON(愛知 / YEBISU ART LABO)

2016 fabric, light and dirty (京都 / ARTZONE )

2016 絵画検討会2016(東京 / TURNER GALLERY)

2016 はならぁとこあ「人の集い」(奈良)

2017 裏声で歌へ(栃木 / 小山市立車屋美術館)

2017 Here and Beyond この現実の向こうに(青森 / 国際芸術センター青森)






画用紙(果物かご) 2017年
1000×1000mm  撮影:澤田華

 
画用紙(ボール) 2017年
910×600mm  撮影:澤田華
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#345707 2018-06-15 10:44:23
Jun 29 - Jul 16, 2018
[ Fri ] - [ Mon ]
10:00 AM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ボルボスタジオ青山
Tickets
トークイベント参加券 SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
港区北青山3丁目3−11 Japan
Organizer
美術手帖 ✕ VOLVO ART PROJECT
318 Followers