Event is FINISHED

【オリジン(ダン・ブラウン)×みんなの読書会】越前先生、最新作の魅力をこっそり教えてください!6月7日

Description
『ダ・ヴィンチ・コード』を超える一気読み本と話題の
ロバート・ラングドンシリーズ最新作『オリジン』。

今夜の「みんなの読書会」は、このベストセラーを題材に
心ゆくまで語るイベントです。

イベントでは、ダン・ブラウン作品の翻訳を手掛ける越前敏弥さんを
スペシャルゲストに刊行記念トークも実施します。

本作のキーワードは
「人工知能」
「スペイン」
「我々はどこから来たのか、どこへ行くのか」

気になった方は本書を書店さんで手に取ってみてください!


【こんな人におすすめです。】
・読書好きの仲間を増やしたい
・ロバート・ラングドンシリーズについて、好きな人とじっくり話したい
・ダン・ブラウン作品の魅力を翻訳から学びたい


<課題作品>
『オリジン(上巻・下巻)』
著者:ダン・ブラウン
出版社:KADOKAWA
発売日:2018年2月28日

https://www.kadokawa.co.jp/product/321701000302/

内容紹介:
宗教象徴学者ラングドンは、スペインのビルバオ・グッゲンハイム美術館を訪れていた。
元教え子のカーシュが、“われわれはどこから来たのか”“われわれはどこへ行くのか”
という人類最大の謎を解き明かす衝撃的な映像を発表するというのだ。
カーシュがスポットライトを浴びて登場した次の瞬間、彼は額を撃ち抜かれて絶命した。
カーシュ暗殺は、宗教界によるものか?もしくは、スペイン王宮の差し金か?かくして、
誰も信用できない中で、ラングドンと美貌の美術館館長・アンブラは逃亡しながら、
人工知能ウィンストンの助けを借りて謎に迫る!

<ゲスト>
越前敏弥:
文芸翻訳者。1961年生まれ。東京大学文学部国文科卒。
訳書『ダ・ヴィンチ・コード』『インフェルノ』『メアリと魔女の花』(以上、角川書店)、
『解錠師』『生か、死か』(以上、早川書房)、『おやすみ、リリー』(ハーパーコリンズ・ジャパン)、
『世界文学大図鑑』(三省堂)、『ダイアローグ 小説・演劇・映画・テレビドラマで効果的な会話を生み出す方法』
(フィルムアート社)など多数。著書『翻訳百景』(角川書店)、『日本人なら必ず誤訳する英文』(ディスカヴァー)など。
朝日カルチャーセンター(東京・横浜・大阪)翻訳講座講師。


<企画の詳細>
・日時:
 2018年6月7日(木)19時30分~21時00分まで 
 ※開場は19時10分~

・場所:
 fabbit青山
 東京都港区赤坂8-4-14 青山タワープレイス8F
 
 https://goo.gl/aZC9iN
 
 TEL・HP:
 03-6804-2205
 https://fabbit.co.jp/facility/aoyama/
 
 最寄駅:
 地下鉄「青山一丁目」駅 徒歩3分

・当日の受付:
 エレベーター・階段で直接会場にお越しください。

・参加費:
 2,000円(1人)
 当日現金払いとなります。
 
 

<当日の流れ>
19時10分 受付開始
19時30分 第1部
     読書会 :課題本でのグループディスカッション          
     第2部
     イベントトーク・Q&A 

21時00分 終了 


<参加するには>
Facebook・Peatix・PassMarket・Meetup いずれかからお申込みください。
なお、他の参加メンバーに対し、商品等を販売・斡旋しようとしたり、
読書会とは関係のないビジネスへ勧誘したりするなどの目的での参加は認めておりません。

<主催>
みんなの読書会 事務局
※お問い合わせは、各サイトの「みんなの読書会」までご連絡ください

<こんな方が参加されています>
・メインの参加層は20~30代の社会人が中心です
・男女比は、40:60です
 他の読書会よりも女性が若干多い傾向です
・初参加の方も3割程度いらっしゃいます
・本や書店が好きな方が多いのが特徴的です

Updates
  • タイトル は 【オリジン(ダン・ブラウン)×みんなの読書会】越前先生、最新作の魅力をこっそり教えてください!6月7日 に変更されました。 Orig#331723 2018-04-18 14:55:59
Thu Jun 7, 2018
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
fabbit青山
Tickets
参加費2,000円(当日現金のみ) FULL
Venue Address
東京都港区赤坂8-4-14 Japan
Organizer
みんなの読書会
1,500 Followers