山本高樹×たかのてるこ「インドのラダックを旅したら、割と本気で人生が変わった。」『ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]』(ダイヤモンド社)刊行記念

Description
3月末に『ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]』(ダイヤモンド社)が発売されました。

同書は、『ラダック ザンスカール トラベルガイド』(2012年刊)の情報を、最新取材に基づいて全面的に見直して増補改訂し、さらにエリアとしてスピティを新規に掲載したもの。

この本の刊行を記念して、トークイベントを開催します。

出演は、同書の著者で、インド北部、標高3500メートルの高地にある秘境、ラダック地方で長年にわたって取材を続け、現在は現地でツアーガイドとしても活動している著述家・編集者・写真家の山本高樹さん。

ゲストには、憧れのダライ・ラマ法王に会いに行く旅の道中、ラダックに滞在し、チベット文化圏のシャーマンや、“前世を覚えている少女”との出会いを通して、それまでの人生観・価値観をくつがえされるような神秘的な体験をし、紀行エッセイ『ダライ・ラマに恋して』を発表した〈地球の広報・旅人・エッセイスト〉たかのてるこさん。

ラダックを旅したことで、二人の心、そして人生には、どんな変化があったのでしょうか。

ラダック、インド、そして世界へ。旅好きな方はもちろん、最初の一歩がなかなか踏み出せない旅の初心者の方も大歓迎。

もしかすると、人生をちょこっと変えてしまうかもしれない旅へと、あなたを誘うトークイベントです。

【出演者プロフィール】
山本高樹(やまもと・たかき)

著述家・編集者・写真家。いくつかの出版社での勤務と海外放浪をくりかえした後、2001年からフリーランスでの活動を開始。2007年から約一年半の間、インド北部の山岳地帯、ラダック地方に長期滞在して取材を敢行。以来、ラダックでの取材をライフワークとしながら、世界各地を飛び回る日々を送っている。2015年からは、ラダックを中心とした地域で現地発着ツアーのガイドも務めている。主な著書に『ラダックの風息 空の果てで暮らした日々[新装版]』(雷鳥社)『ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]』(ダイヤモンド社)、企画・編集担当として『撮り・旅! 地球を撮り歩く旅人たち』(ダイヤモンド社)など。

たかのてるこ

地球の広報・旅人・エッセイスト。「世界中の人と仲良くなれる!」と信じ、65ヵ国を駆ける旅人。映画会社・東映に18年間勤め、2011年に独立。ベストセラーとなった代表作『ガンジス河でバタフライ』は、旅立つ老若男女の「旅のバイブル」として、主演・長澤まさみ×脚本・宮藤官九郎で、ドラマ化もされ話題に。『サハラ砂漠の王子さま』『モロッコで断食(ラマダーン)』『ダライ・ラマに恋して』『キューバでアミーゴ!』『ジプシーにようこそ! 旅バカOL、会社卒業を決めた旅』(幻冬舎文庫)『あっぱれ日本旅! 世界一、スピリチュアルな国をめぐる』(幻冬舎文庫・6/8発売予定)など、著書多数。近著は、欧州21ヵ国めぐる鉄道旅エッセイ『純情ヨーロッパ  呑んで、祈って、脱いでみて〈西欧&北欧編〉』『人情ヨーロッパ  人生、ゆるして、ゆるされて 〈中欧&東欧編〉』(ダイヤモンド・ビッグ社)。世界の魅力を伝える、ラブ&ピースな“地球の広報”として、全国での講演、大学講師、メディア出演などで活躍中。


【出演】

山本高樹(著述家/編集者/写真家)
たかのてるこ(地球の広報/旅人/エッセイスト)


【日時】
2018年6月8日(金)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

【入場料】
1500yen+(500yen/1drink当日払い)

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら


Fri Jun 8, 2018
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
本屋B&B
Tickets
前売1,500yen+(1 drink order 当日現金払い) ¥1,500

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jun 7, 2018.

Venue Address
世田谷区北沢2-5-2 BIG BEN B1F Japan
Organizer
本屋B&B
22,640 Followers