Event is FINISHED

グローバル・ビジネスに必須の「異文化(宗教)理解」

Description

グローバルビジネスに必須の宗教について取り上げます。

911同時多発テロ事件やトランプ米大統領による「エルサレム首都移転宣言」。
聖書時代からの中東問題を中心に、いまや「異文化(宗教)理解」無しにグローバル・ビジネスは成り立ちません。が、日本(人)には不得意な分野であります。
商社マンとしての中東駐在、情報産業に転職後の米国(NYC)移住。
当日は講師が、そこでの実体験をもとに、実例を挙げて分かり易く解説します。


<プログラム>
はじめに:今日は何日?

1. ダルビッシュ:
・誰? 何? First Name は?
・「スジャータ」って何?
・(Steve)ジョブって誰?
・日本人はみんな知ってて、実は知らない
・チャランポラン
・「目からうろこ」(新約聖書:使徒伝九章)
・ECUMENICAL (ノーベル平和賞2017のICAN事務所)

2. 中東:
・エルサレムとは?
・イスラーム教、キリスト教、ユダヤ教は同根(旧約聖書)
・イスラーム教=最大はインドネシア
・絶対訓:聖クルアーン (なぜ豚を食べないか?なぜ酒を飲まないか?)
・ゲーテの西東詩集 (ペルシャの詩人、ハーフェズ)
・ペルシャから正倉院まで(松本清朝「火の路」)
・インド・ボンベイ(ムンバイ)の商人のルーツ

3.アメリカ合州国 (合衆国ではなく):
・謝罪⇒賠償、ゆえに謝らない。
・「人種の坩堝(ルツボ)」?
・NYCマンハッタン;
47丁目の五番街と六番街、ダイアモンド街
29丁目五番街、「マーブル教会」(トランプ父子が通った)
  ・9・11でのブッシュJr.のことば;「十字軍」「ミレニアム」
  ・Trumpとは?

結語:
無宗教?⇒ ANARCHISM vs 17条憲法・武士道
文明の衝突? (衝突するのは文化)
異文化(宗教)理解=「お互い異なる(違うのだ)ということ」を理解
各地テロの教訓・IS テロ対策


<対象者>
・ 海外赴任前の方
・ 日本以外の国籍の方々とビジネスをしている方
・ 自社自組織に、日本以外の国籍の方がいる方
・ 中東や宗教に興味ご関心のある方


<講師プロフィール>

講師:浜地 道雄

(一財)グローバル人材開発,顧問
ナショナル・ジェオグラフィック・ラーニングKK,Project Consultant

1943年、上海生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、ニチメン(現・双日)に入社。
貿易大学で学んだ後、石油部に配属となり中近東に駐在。
45歳で帝国データバンクへ転職後、アメリカ支社(NY)設立。
翻訳会社、日米通信会社を経て2002年に独立。
国際ビジネスコンサルタントとして、米欧の大手情報システム会社などのコンサルタントを務める。
愛知万博サウディアラビア館設営に従事。
名指揮者バーンスタインの音楽映像の日本語版DVDシリーズを手掛ける。
「月刊グローバル経営」にGlobal Business English Fileを長期連載中。

<概要>
■日 時: 2018年6月19日(火)16:30 - 18:00

■会 場 : 人事の大学本校
東京都港区北青山3-8-4 サンテックス岡本101
※東京メトロ 銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅
※表参道駅 B2出口 徒歩3分、B5出口 徒歩1分
(申し込み人数によって表参道付近の別の会場へ変更する可能性がございます)

■受講料:無料

■定 員:20名

Tue Jun 19, 2018
4:30 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
人事の大学本校
Tickets
参加席 FULL
Venue Address
東京都港区北青山3-8-4 サンテックス岡本101 Japan
Organizer
人事の大学
525 Followers
Attendees
19