使い勝手のよいレイアウトについて考える

Description

参加費無料の FileMaker ワークショップ (先着30名)を2018年6月8日(金曜日)に東京にて開催いたします。

スキルアップの 絶好の機会になると思いますので、ふるってお申し込みください。


参加お申込みされる方は、右上オレンジ色の「チケットを申し込む」ボタンをクリックしてください。
※お申し込みは必ずご本人のアカウントでお申し込みください。同じアカウントで複数申し込まれている場合、2つ目以上のお申し込みを削除させていただく場合がございます。

【開催概要】
主催:株式会社ジェネコム
協力:株式会社イエスウィキャン 株式会社バルーンヘルプ
後援:ファイルメーカー株式会社

対象

FileMaker プラットフォームでのカスタム App を作成中、または作成をお考えの方
ビジネスで活用されることをお考えの方

テーマ

使い勝手のよいレイアウトについて考える


内容

FileMaker Pro でカスタム Appの作成を行う時、特に気を遣いたい開発パートは『レイアウト』です。
データベースの設計を完璧にしても、レイアウトが使いづらかったら、カスタム Appの性能も半減してしまいます。

ひとくちに『レイアウト作成』といっても、レイアウトオブジェクトの配置位置や書式の個別設定、ボタンの大きさや、タブコントロール(スライドコントロール)の使用方法、テーマやスタイルの設定など、工夫できるポイントは沢山あります。

そこで、今回のワークショップは「使い勝手のよいレイアウトについて考える」を主題に、開発を行う カスタム App の使い勝手向上をレイアウトという切り口から考えます。

今回のワークショップでは、あらかじめ用意された簡単な FileMaker Pro データベースを題材に、『使いやすいレイアウト』を作成していただきます。

作成したレイアウトは、どの様なコンセプトに基づいているのか、気を遣った部分やレイアウト作成時のポイントなどについて、グループごとに発表し、参加者の皆さんで知識の共有を行います。
※当日は予告なしに内容が変わる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

当日は、同会場にて株式会社イエスウィキャン、株式会社バルーンヘルプのワークショップも開催しております。

13:50~16:00 仕事に使えそうなインポートエクスポート」(株式会社イエスウィキャン
またワークショップ会場の隣では、終日ミニイベントを予定しております。
詳細については後日お知らせいたします。



◎「スキルアップ・ワークショップ」の進め方について

このワークショップでは、主催者の進行のもと、主催者が用意したテーマについて他の参加者と意見交換をしながら、日頃抱いている疑問を解消したり、FileMaker プラットフォームを利用した カスタム App の作成に役立つ知識を深めたり、実際に応用できるスキルを習得したり、ベストプラクティスを学んでいただけます。


弊社のワークショップでは、講習のような座学形式ではなく、実際に端末などを操作しながらのグループディスカッション形式となっております。



参加お申込みされる方は、右上オレンジ色の「チケットを申し込む」ボタンをクリックしてください。

あなたの個人情報を入力していただきます。本イベントへの申し込みは「FileMaker の顧客プライバシーに関するポリシー」に同意したことになります。


Fri Jun 8, 2018
4:30 PM - 6:40 PM JST
Add to Calendar
Venue
ふくい南青山291
Tickets
合計 ¥0 6/8FileMakerワークショップ「使い勝手のよいレイアウトについて考える」
Venue Address
東京都港区南青山5丁目4−41 Japan
Organizer
FileMakerワークショップ東京・福岡 開催
6 Followers
Attendees
6