Event is FINISHED

産後疲労マネジメント〜エビデンスに基づく産後疲労対策と周産期メンタルヘルス〜

Description
 看護職者の皆さん、”産後”を見通した臨床看護実践について一緒に考えませんか?周産期メンタルヘルスのポピュレーションアプローチとして、今回は”産後疲労”に注目します。蓄積疲労を回避するポイントとは?パートナーへのアプローチは?疲労と運動の関係は?最新の事例やデータを活用して迫ります。セミナーの中では、母親学級・両親学級等で使える産後対策、「お産後バースプランTM」の活用についても紹介し、参加者の豊かな臨床実践をサポートします。

 今回は、フィット・フォー・マザー・ジャパン主催の「妊婦へルスケア・トレーナー育成コース2018」のランチョンセミナーとしての開催です。


【セミナーアジェンダ】

  • 周産期メンタルヘルスと産後疲労
  • 産後蓄積疲労を回避するエビデンスのあるケア
  • 産後疲労を回避するために有効なセルフケアとパートナーの役割

【こんな人におすすめ】

  • 知識のアップデートを短時間でしたい方
  • 周産期メンタルヘルスケア実践に関心のある方
  • 母親学級・両親学級の新しいテーマを探している方
  • 産後疲労と運動に関する実践例を知りたい方

【時間】

  • 45分間(受付1220~、 開始1230

【料金】

  • 2,000

【定員】

  • 40名

【講師プロフィール】

    • NPO法人 妊婦のくらし 理事長 長坂桂(母性看護専門看護師、ph.D

    1996年千葉大学看護学部卒。2016年兵庫県立大学大学院看護学部研究科博士後期課程修了。国内の総合病院に勤務。助産師3.8万人の中で看護学博士、母性看護専門看護師であるただ1人の助産師。厚労省「産後ケアガイドライン」検討委員等を歴任。学会等での豊富な講演、執筆の実績 。 専門領域は、妊婦の腰痛、メンタルヘルス、DV、勤労妊婦の身体活動量など。

    【主催】

    NPO法人妊婦のくらしは、「妊娠中だから仕方ない」との思いから自由になり、あらゆる妊婦が自分らしい妊娠生活を送れる社会を実現するため設立したNPO法人です。

    【共催】

    • NPO法人フィット・フォー・マザージャパン

    Sun Jul 29, 2018
    12:30 PM - 1:15 PM JST
    Add to Calendar
    Venue
    中部大学三浦記念会館
    Tickets
    受講料 SOLD OUT ¥2,000
    Venue Address
    愛知県名古屋市中区千代田5-14-22 Japan
    Organizer
    NPO法人妊婦のくらし
    60 Followers
    Attendees
    14