第一回宇多川塾・それでもコレステロール薬を飲みますか?出版記念講演会

Description

第一回 宇多川塾

それでもコレステロール薬を飲みますか?出版記念講演会


[参加対象]

・健康について正しい情報を得たい方

・人に健康や予防以外などについてお伝えする立場の方


[学べる内容]

今回のテーマは[コレステロール薬]について。

慢性的な症状の代表例として私もよく相談を受けるのが「コレステロール値」に関するものです。


今回の宇多川塾では

・コレステロール値が高いとはどういうことなのか?

・悪玉コレステロールが多いと本当はどうなるのか?

・コレステロールを下げる薬は本当に必要なのか?

など、基本から応用までしっかりお伝えしていきます。

多くの方がコレステロールについて、噂程度の情報しか得れておらずに右往左往しているように思えます。共に学び健康の自立を手に入れましょう



2018年5月19日 (土) 14:00 - 18:00

港区、青山近辺(申込者へお知らせします) 東京都港区青山


会費:3000円

※オンラインサロン豆の木クラブメンバーは無料








私のこの想いを読んでいただき、共感いただいた方だけ申し込みページからご参加ください。



私は「薬を使わない」薬剤師として活動をしています。薬剤師になったのはかれこれ36年前、それ以来医療の現場でいわゆる「患者さんに薬を出す」仕事を20年くらい続けました。



毎日毎日患者さんが処方箋を持ってやってくる。それに対して「少しでもよくなってほしい」「楽になってほしい」という想いをこめて私たち薬剤師は薬を調剤し、手渡します。ちゃんと用法を守って飲んでくださいね、という言葉を添えて。

 


でも、そんな日々の中で私の心の中に積もっていく想いがありました。それは「毎日こんなにたくさんの患者さんに薬を出し続けているのに、どうして薬を求める患者さんの数が減っていかないんだろう?」ということです。



患者さんが薬のおかげでよくなって薬を飲まなくなるどころか、薬の量が増えていく人の方が多かったように思います。最初は軽いお薬が1錠だったのに、それが2錠になり3錠になり、気がつけば複数の種類の薬を20錠、30錠飲むように指導するなんていうこともありました。

 


「あれ? 私はいったい誰のために何がしたくて薬を出しているんだろう」と、ある日ふと思いました。

 


そのときから始まったのが「薬っていったい何だろう?」という問いかけです。薬を飲み続けても病気がよくならないなら、何のために薬を飲んでいるんだろう?と強く疑問に思うようになりました。

 


現在の薬局で処方されるような薬、つまり西洋薬が世に広まるようになったきっかけは1800年代半ばのクリミア戦争です。戦争中、戦地では多くのけが人が出ます。出血を止める必要がありました。また、不衛生を強いられるような場所で集団生活をしているので感染症などが広がる危険性もありました。

 

 

急性のケガや痛みを一時的に抑えたり、出血を止めたり、感染症の原因となる菌を減らしたり殺したりすることには薬はとても有効で素晴らしい力を発揮します。


 

 

そう、そもそも薬は急場をしのぐためのものだったのです。


 


ところが、その後私たちは慢性疾患に対しても薬を使うようになっていきます。薬の力で値を下げるということを慢性的に続けているのです。現在、病院で処方されている薬の約9割は慢性疾患に対するものだと言われています。 



薬というのは、ほとんどが合成物ですから人間の身体にとっては「異物」です。異物ですから、身体の中に入った薬は本人が感じるか感じないかに関わらず様々な影響を良くも悪くも及ぼすことになります。



目に見えたり、明らかに身体の調子が悪かったりする場合は副作用として大きく注目されますが、それ以外でも何らかの異物反応は起こっているはずです。



そのような異物でもある薬を、急場をしのぐためだけではなく半永久的にのみ続けたら、いったい身体にどんな影響を与えることになってしまうのか? 私はとても大きな不安を感じています。




薬が必要な場面というのは、もちろんあります。だから、私は薬を完全に否定する立場ではありません。薬によって助けられることがたくさんあることを知っています。



ただ、一方で「必要じゃない」場合も多いのではないかと思うのです。特に慢性的な病気の場合には、本当にその人の身体を治すことができるのはその人自身だけだと思うに至っています。



だからこそ、今飲んでいる薬が本当に手放せないものなのかをご自身で考えていただき、どうしたら薬を必要としない身体を作ることができるのかをみなさんに伝えることが「薬を使わない薬剤師」としての私の使命だと思っています。



宇多川塾では、月に1度この想いに共感いただける方にお集まりいただき、健康に関する正しい知識を学んでいただく機会です。



特に人に健康や幸せをお伝えするリーダーの方に参加していただきたいと考えてます。正しい知識や情報を習得し、ご自身のコミュニティへお役立てください。もちろん、興味があって参加されるかたも大歓迎です。



今回のテーマは[コレステロール薬]について。

慢性的な症状の代表例として私もよく相談を受けるのが「コレステロール値」に関するものです。


今回の宇多川塾では

・コレステロール値が高いとはどういうことなのか?

・悪玉コレステロールが多いと本当はどうなるのか?

・コレステロールを下げる薬は本当に必要なのか?

など、基本から応用までしっかりお伝えしていきます。


 

多くの方がコレステロールについて、噂程度の情報しか得れておらずに右往左往しているように思えます。共に学び健康の自立を手に入れましょう




一般参加:3000



豆の木クラブ会員:無料

会員への入会はこちら→http://kanshoku.org/event%EF%BC%86seminar/onlinesalon/



どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#330858 2018-04-15 23:52:38
Sat May 19, 2018
2:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
港区、青山近辺(申込者へお知らせします)
Tickets
入場券 ¥3,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of May 18, 2018.

Venue Address
東京都港区青山 Japan
Organizer
国際感食協会・宇多川久美子 イベントページ
8 Followers