Event is FINISHED

第4回X デザインフォーラム「ソーシャル・スタートアップと学びのデザイン」

Description
■趣旨:近年、社会問題解決型のスターアップの重要性が高まっています。そしてスタートアップには「アンラーニング」といわれるように、学び直すことが大事になってきています。今回のフォーラムではソーシャルをキーワードにスタートアップと学びのデザインをテーマに、この分野で実践をしている方にお話をお聞きして、多くの企業や大学のパネル発表を通して、参加者でスタートアップにおけるデザインについてディスカッションをしていきます。また、あわせて参加者からの ポスター/デモ発表も予定しています。奮ってご参加ください。多くの皆様の参加と発表を歓迎致します。

■第4回X デザインフォーラム「ソーシャル・スタートアップと学びのデザイン」
■日時:2018年05月06日(日)
■場所:ヤフー(株)本社(赤坂見附/永田町)
    東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
    永田町駅 9a出口、赤坂見附駅より 徒歩1分
■主催:Xデザインフォーラム、Xデザイン研究所
■協賛:(NPO法人)人間中心設計推進機構
■協力:ヤフー(株)、日本デザイン学PD研究部会、ソーシャル・クリエイティブ・イニシアティブ
■参加費:午後 5000円(学生1000円)、午前/午後 7000円(学生2000円)

===================================
[午前:10:00-12:00(受付は9:30より)]
□未来の学びのためのワークショップ10:00-12:00
ファシリテーター:上平 崇仁(専修大学・教授)、小島健嗣(富士フィルム・シニアエキスパート)、脇坂 善則(日産グローバルデザインセンター)、木村 博之(TUBE GRAPHICS・代表)、小池星多(東京都市大学・教授)、富田 誠 (東海大学・准教授)、安藤昌也(千葉工業大学・教授)
概要:私たちを触発する優れた「問い」は,どのように生み出せるでしょうか? このワークショップでは,問題解決の前提となる「問い方」に焦点をあて,どのように視点を切り替えていくか,どのように適切な粒度に設定していくかの技法に焦点をあてたトレーニングを行います。

===================================
[午後の部:13:10-18:10(受付12:40より)]
□第1部 ソーシャルとスタートアップとデザイン 13:10-15:10
■「ソーシャル・スタートアップのアプローチ」
講師:渡邉賢太郎 (SUSANOO・プロデューサー)
概要:複雑な社会構造を背景にしてうまれるさまざまな「市場の失敗」領域。その領域に挑むことで社会課題を解決し、新たな市場を創造しようとするソーシャルスタートアップにとっては、なぜデザイン思考が重要なのか?

■「ソーシャル・スタートアップの事例、次世代救命アプリ」
講師:玄正 慎(Coaid・代表)
概要:日本の心臓突然死は1日200人、目撃のある心停止の救命率は9%しかない。この現状を変えるため、テクノロジーとデザインで緊急事象への対応の革新に取り組むCoaidoとFastAidの活動を紹介する。

■「ラボドリブンのスタートアップ」
講師:原 雄司(デジタルアルティザン・代表)
概要:0→0.1程度で埋もれてしまいがちな多くの研究ネタを集めて、0.1→1までのプロトタイプを実際に作り、1→10や100に活用する人たちへの橋渡しをするラボドリブンビジネス。30年以上関わってきた3D技術を活かして試行中の現在についてお話します

■「ヤフーにおけるスタートアップ、新規事業のスケールに大企業はどう向き合うか
講師:善積 正伍(ヤフー・統括本部 新規事業推進室)
概要:常に既存事業のスケールと比較され続ける大企業のなかで、どういったプロダクトに新規事業として取り組むべきなのか。スケールの可能性を見出していくうえで、どう大企業という環境を活用するといいかについてお話します。

■司会:小島健嗣(富士フィルム・シニアエキスパート)

□第2部ソーシャルと学びのデザイン 15:20-16:50
■「こどものスタートアップの学び」
講師:西沢 一登(VIVITA・ディレクター)
概要:「子どもたちの好奇心の種の成長を加速させ未来のイノベーターを生み出す」VIVITAは子どもたちが自ら未来を切り開いていく力を培えるような環境・ツール・コミュニティをつくる活動をしています。今回はVIVISTOP柏の葉での子どもたちとの活動を中心にVIVITAで開発しているクリエイティブツールやワークショップ開発などの事例をデザイン視点でご紹介します。

■「小学校でのインフォグラフィックスの学び」
講師:木村 博之(TUBE GRAPHICS・代表)
概要:インフォグラフィックスを人の知恵として未来につなぐためには幼い頃からの教育的な取組が必要と考えています。2017年から宮城県石巻市の小学校で実践している「見える化」の授業での、自分で考える力、応用力、総合力、コミュニケーション力を引き出す試みを紹介します。

■「アンラーニングと社会人のデザインの学び」
講師:山崎 和彦(Xデザイン学校・共同代表)
概要:企業、行政や教育機関でデザインやデザイン思考などの活用が多く見受けられるになりました。そのための学びには、学びなおしをするアンラーニングという視点と、社会人としてのデザインの学びがあります。ここでは、Xデザイン学校、富士通デジタルビジネスカレッジ、熱中小学校、多様な企業でのデザイン研修などの事例を紹介しながら、社会人がデザインを学ぶアプローチを紹介します。

■司会:井口博美(武蔵野美術大学・教授)

□第3部 ポスター/デモ発表とビアバッシュ 17:00-18:10
1 親子の距離を取り持つサービスデザイン、尾崎真紀子 (株)フランジ
2 縁側コミュニケーション渡辺隆行 東京女子大学
3 子供の想像力は無限大水上夏希 千葉工業大学
4 市民の愛着を生み出す、路線バスのグラフィック設計森本涼子 常葉大学
5 高齢者の運転教育ビジネスプラン遠藤真緒 常葉大学
6 価値の置き換えを用いたサービスデザインの報告野田佳穂莉 (株)ドリーム・アーツ
7 記録を活用できる可能性山口日和 常葉大学
8 Speculative design手法を用いた事業創造プログラム高橋龍征 早稲田大学
9 物産ロゴマークのデザインプロセス大草真弓 成安造形大学
10 航空管制プロジェクト郷津竜帆 千葉工業大学
11 社会環境を考慮したデザインアプローチの研究山下杏子 千葉工業大学
12 モーショングラフィックスを活用したデジタルサイネージ小笠原直人 千葉工業大学
13 異なる文化を持つユーザーに向けたデザインアプローチ、張白鈺 千葉工業大学
14 状況により変化するUIの発想のためのスケッチの活用の研究飛塚慎太郎 千葉工業大学
15 カフェの多面性を評価するデザインリサーチ山川千晴 常葉大学
16 Fintechにおけるサービスデザインの研究 佐々木俊弥 Xデザイン学校
17 原子力発電の仕組み沼宣良 東京都市大学
18 インタラクティブグラフィックス杉江真一郎 東京都市大学
19 多世代の交流を発生させる移動式ものづくりワークショップの実践佐々木塁 専修大学
20 対話システムのためのデザイン研究中山立輝 千葉工業大学
21 メタ認知デザインのシステム化鈴木羽留香 千葉商科大学
22 インタラクティブインフォグラフィックス小島 昌悟 東京都市大学
23 脱HCDと社会的インパクト評価への取り組み伊藤 泰久 オムロン エキスパートリンク(株)
24 IoTにおけるコンテストを考慮したデザインアプローチの研究川島大輝 千葉工業大学
25 PLANTIOのデザインアプローチ田中 亮 千葉工業大学
26 UIデザインのガイドラインの研究内堀裕一朗 千葉工業大学
27 「大人のお仕事創生サービス」プロトタイプの試み, 笈川美貴 Xデザイン学校


========================================
[講師プロフィール]
■渡邉賢太郎 (SUSANOO・プロデューサー):SUSANOOプロデューサー、おせっかい社かける COO(チーフ面白がるオフィサー)、金融機関退職後、2年間の世界一周旅へ、機械と生命を調和した新たな社会システム構築を企み、過去83社のソーシャルスタートアップ創業支援を行う。

■玄正 慎(Coaid・代表):福井県出身。横浜市立大学卒業。ハッカソンで救命支援アプリを発案、Coaido株式会社を創業し、救命共助アプリCoaido119を公開。アプリのIoT連携を進める中、一般社団法人ファストエイドを設立。

■原 雄司(デジタルアルティザン・代表):新会社デジネル、株式会社デジタルアティザン、株式会社EXTRABOLD の3つの会社を創業し代表取締役を務める。また慶應大学SFC研究所員としてもデジタルファブリリケーション社会について研究中。

■善積 正伍(ヤフー・統括本部 新規事業推進室):2008年、エンジニアとしてヤフー株式会社に新卒入社し、その後プロダクトマネージャーとして「Yahoo! Sonomy」など新サービスの立ち上げを牽引。全社モバイルアプリ戦略の推進や、技術コミュニティ「Bonfire」の立ち上げを経て、現在は再びプロダクトマネージャーとしてメディアの新サービスを立ち上げ中。プライベートでは「burari」というお出かけアプリを開発している。季節ごとに変わる髪色がトレードマーク。今年は脚を鍛える。

■西沢 一登(VIVITA・ディレクター):武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科卒。2003年ソニー株式会社入社。インタラクションデザイナーとして組み込みUI、Windowsアプリ、iOS/Android アプリ、Webデザイン、開発デザインなどに携わる。
2016年VIVITA入社。VIVITAで開発しているクリエイティブツールのUIデザインやデザイン視点でのワークショップ開発に携わる。東洋大学情報連携学部 非常勤講師。趣味でCGとアニメーションを学びつつ作品を制作中。

■木村 博之(TUBE GRAPHICS・代表):チューブグラフィックス代表。インフォグラフィックスデザイナー。本務の他、大学やセミナーでコミュニケーションの技を啓発中。最近、小学生を対象に空間認知能力や可視化能力を高める教育に取り組んでいる。著書に『インフォグラフィックス』(誠文堂新光社/2010年)など。

■山崎 和彦(Xデザイン学校・共同代表):Xデザイン学校共同代表、千葉工業大学知能メディア工学科教授、Smile Experience Design Studio代表。京都工芸繊維大学卒業、博士(芸術工学)号授与,日本IBM(株) ユーザーエクスペリエンスデザインセンター・マネージャー(技術理事)を経て2007年 より現職。人間中心設計推進機構副理事長、日本インダストリアルデザイナー協会理事、日本デザイン学会理事を歴任。デザインに関わるコンサ ルティングに従事。おもな著書は「IBMの思想とデザイン」。iF賞、IDEA賞 など国際的なデザイン受賞多数。

========================================
■ポスター/デモ発表の希望者へ
・ポスター/デモ発表の発表者も募集します。本ページより「ポスター/デモ発表 」のチケットを申し込んでください。
・発表内容は、デザイン(アプリ・サービス・プロダクト・組織・ビジネス等のデザイン)、スタートアップ、UX、インタラクションなどに関連する発表を期待しています。
・発表者1名につき幅1m高さ2mの壁と幅1mの机を用意します。
・ポスター、パソコン、作品展示、デモなど発表形式は自由です。
・限られた会場ですので、発表者は先着順とします。
・発表内容によって調整させていただく場合があります。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#334631 2018-05-02 03:29:38
More updates
Sun May 6, 2018
10:00 AM - 6:10 PM JST
Add to Calendar
Venue
ヤフー(株)本社 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
Tickets
午前・午後の部 SOLD OUT ¥7,000
午後の部 SOLD OUT ¥5,000
学生(午前・午後の部) SOLD OUT ¥2,000
学生(午後の部) SOLD OUT ¥1,000
ポスター/デモ発表 FULL
Venue Address
東京都千代田区紀尾井町1-3 Japan
Organizer
Xデザイン研究所
1,087 Followers