Event is FINISHED

【ぶらり名古屋】目線を変えてみる!〜まちの”記憶”を学ぶ「遊郭の面影が残る街 大門界隈」編〜

Description
【参加費用】
※参加費としてお一人様当日1,000円頂戴します。(保険料含む)
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費不要。(事前に事務局まで連絡ください。)

【集合・解散場所】
※集合場所(受付開始9:45〜):地下鉄東山線「中村日赤駅」南改札口付近(2番出口方面)
※大門界隈で開催します。授業後も引き続き、大門界隈をお楽しみください。

【その他】
※雨天決行。警報や注意報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

自分の住んでいるまちの記憶。皆さんは、どれぐらい知っていますか?

いろんな角度からまちを見る目線を持つことで、自分の住んでいるまちがもっと面白くなる。
「まちの”記憶”を学ぶ」という目線で、これから名古屋の街中を巡っていきます。

最初は、名古屋市中村区にある「遊郭の面影が残る街 大門界隈」。

名古屋駅から15分程歩いていくと、どこかなつかし昭和の色が残るまちに出会えます。
そこは、1923年(大正12年)に大須から遊郭が移転し一大歓楽街となったまち。
しかし、1958年(昭和33年)の売春防止法により、多くは転業・廃業を迫られることに・・・。

ただ、戦災に逢うことなく、遊廓時代の建物は徐々に取り壊されつつありますが、一部まだ残存しています。
建物以外にも、目を凝らせばその頃のまちの記憶が見えてきます。

今回の授業では中村区まち歩きマイスターの吉岡さんを先生に迎え、大門界隈に残るまちの物語を学びます。
先生と一緒にまちを歩きながら、遊郭時代の面影が感じられる場所や風景、その時代の建物を見ながら、当時のことに想いを馳せましょう。

授業の最後は、今回訪れたまちで感じたこと、好きなポイントなどを、皆さんと振り返ってみたいと思います。


【スケジュール】
9:45 受付開始 中村日赤駅 南改札口付近(2番出口方面)
10:00 授業開始、導入
10:05 まち歩き開始
11:30 (旧)松岡旅館さん見学
11:50 まち歩きの振返り 
12:30 解散

授業コーディネーター:大野嵩明

----------
本イベントはNPO法人・大ナゴヤ大学の授業のひとつです。
詳しくはこちらをご覧ください!

----------
キャンセル料について
安定的な運営のため、開催2日前以降のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。あらかじめご了承ください。
やむを得ずキャンセルされる場合は、dai-nagoya@univnet.jpまでお早めにご連絡ください。
※電話連絡も可能ですが、打ち合わせなどで電話に出られない場合があります。留守電にメッセージを残してください。
Tel:070-5459-8213(受付時間:10:00~17:00 ※定休日:土・日・祝)

【キャンセル料】
2日前〜前日のキャンセル:参加費の50%
当日のキャンセル、無連絡不参加:参加費の100%
※電話でのキャンセルは当事務局の営業日、営業時間内にご連絡いただいた日を基準とします。
※代わりに参加できる方がおられる場合、キャンセル料は不要です。その旨をご連絡ください。
※無連絡不参加の場合、以後のご参加をお断りすることがございます。
----------
Sat Apr 14, 2018
10:00 AM - 12:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
地下鉄東山線「中村日赤駅」南改札口付近(2番出口方面)
Tickets
エントリー(参加費として1,000円いただきます。) FULL
Venue Address
愛知県名古屋市中村区道下町3丁目 Japan
Organizer
大ナゴヤ大学
16 Followers
Attendees
1