Event is FINISHED

磯部涼×宮崎大祐「極東の要所・大和と川崎とヒップホップ」 映画『大和(カリフォルニア)』公開記念

Description
神奈川県大和市。県央の相模野台地上にある市で、この町は戦後米軍基地と共に発展してきました。
この相模エリア一帯は、ヒップホップどころとしても知られています。

そんな大和市を舞台にした、新世代音楽青春映画『大和(カリフォルニア)』の公開を記念して、『ルポ川崎』(サイゾー刊)の著者で、音楽ライターの磯部涼さんをゲストにお迎えし、トークイベントを開催します。
川崎市のラップ・ミュージックから、ヘイト・デモに対するカウンター・アクション、貧困や差別の問題を抱える子供たちに向かい合ったソーシャル・ワークまでをドキュメントした磯部さんと、自身も大和市育ちで映画界随一ヒップホップに詳しい宮崎大祐監督が考察する、ロードサイドカルチャーの成り立ちと、リアルなヒップホップ事情。
奮ってご参加ください!


『大和(カリフォルニア)』

厚木基地の住所はカリフォルニア州に属しているのだという都市伝説があるという。
ラッパーに憧れるサクラのもとへサンフランシスコ育ちのレイがやってくる。ヒップホップをきっかけにして2人は距離を縮めていくのだが……。

監督・脚本:宮崎大祐
出演:韓英恵、遠藤新菜、片岡礼子、内村遥
配給:boid
4月7日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次ロードショー
http://yamato-california.com/ 

・出演者(肩書き)

磯部涼(音楽ライター)
1978年生まれ。音楽ライター。主にマイナー音楽やそれらと社会との関わりについて執筆。著書に『ルポ 川崎』(サイゾー)、共著に大田和俊之、吉田雅史との『ラップは何を映しているのか』(毎日新聞出版)、編著に『踊ってはいけない国、日本』(河出書房新社)などがある。

宮崎大祐(映画監督)
1980年生まれ。映画監督。黒沢清監督『トウキョウソナタ』の助監督などを経て、2011年に筒井武文監督『孤独な惑星』で脚本家デビュー、同年に初長編作品『夜が終わる場所』を発表。本作が二本目の長編監督作となる。

Sun Apr 1, 2018
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F Japan
Organizer
本屋B&B
22,640 Followers