Event is FINISHED

【失敗事例から学ぶ】Web制作会社も間違う、今すぐマネできるWebの改善点7つ

Description

※法人の管理職以上の方にご参加を限定したセミナーです。

Web 制作の現場でよく相談される

「自社サイトの問題点はどこですか?」
「改善点すべき点を教えてください」


という声は、自社サイトに問題があるとは感じながらも具体的に改善するポイントがわからずモヤモヤしているからこそあがってくるものだと思います。何を改善すれば見やすいサイトになり、アクセスが上がるのか。

プロも見落としがちなポイントを実際の事例を通して御紹介します。

担当営業さんには聞きにくいこと、受注側からすると突かれたくないポイントまで
この場限りという条件付きで徹底解説します。

講師を務める和田氏は、代表など決済権者から直接相談を受ける事が多く、
公官庁や自治体、上場企業、新規店舗など業種、業態を問わず提案先は幅広い。
提案、制作ではWebと店舗のみで3ヶ月先まで予約が埋まるという例も。
本セミナーでは実際に企業のトップ、広報担当がもやもやと抱えている問題を
提案書に落とし込める材料として具体的にお伝えいただきます。

講師を務める和田氏は、代表など決済権者から直接相談を受ける事が多く、
公官庁や自治体、上場企業、新規店舗など業種、業態を問わず提案先は幅広い。
提案、制作ではWebと店舗のみで3ヶ月先まで予約が埋まるということも。

本セミナーでは実際に企業のトップ、広報担当がもやもやと抱えている問題を
提案書に落とし込める材料として具体的にお伝えいただきます。


【得られること】

・ 情報、戦略が練られているか見分けるポイント
・ 仕様についての見分けポイント
・ レイアウト、配色を見分けるポイント
・ 写真の良し悪しを見分けるポイント
・ キャッチコピーの良し悪しを見分けるポイント
・ SEOに目が向いているかのポイント
・ 納品後の運用についてのポイント

(株)翔栄クリエイト オフィス

◆セミナー概要(予定)


・情報、Web戦略の改善点
見た目と掲載内容だけに目を向けた状態になっていないか?  
計画、分析の視点は盛り込まれているのか?  
サイトの属性は適正かの見極めが必要
・仕様について改善点
更新頻度と仕組みとの兼ね合いが考えられているか  
自社で更新できる仕組みがあるか
・レイアウト、配色の改善点
視線の誘導、導線を考えられたレイアウトになっているか  
載せたい情報を優先しすぎた無理な作りになっていないか  
ターゲットに見合った配色になっているか
・写真の改善点
メッセージが伝わる写真、伝わらない写真
イメージ写真と説明写真の使い分け
・ キャッチコピーの改善点
キャッチコピーと情報分析
ターゲットが見てくれるコピーと見てくれないコピー
・SEOの改善点
コストのポイント
メンテナンスのポイント
間違ったSEO
・納品後の運用についてのポイント
納品はWeb運用のスタート
成果物以外との付き合い方

・事例:失敗を正すと問い合わせを120%アップ
・事例:コンバージョンを1.6倍にするポイント

◆講師プロフィール

和田 新作 氏株式会社デザインペンギンミルク 代表取締役
グラフィック/Webデザイナー 和田 新作 氏

1983年、山口県下関市生まれ。2012年、Design Pen,Gin Milk Co., Ltd.設立。個人、企業、公私を問わず、デザインを切り口に問題解決の提案を行う。Webやグラフィック領域を主として、素材作りから完成まで扱う範囲は限定しない。

Wed Apr 18, 2018
4:30 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
株式会社 翔栄クリエイト オフィス
Tickets
おひとり様 SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル 2F Japan
Organizer
WizBiz 経営者向けセミナー運営事務局
219 Followers