【挑戦者募集中!】AngelHack Tokyo 2018 -ヘルスケアの課題を解決せよ!-

Description

★★最新情報はFacebookページをチェック!★★

★★公式大会ルールEnglish version★★



★★★24時間でサービスプロトタイプをつくりあげるAngelHack、東京でヘルスケアの課題解決に挑戦!★★★


■AngelHackとは

・2011年にサンフランシスコで始まったハッカソンイベント

・世界50都市以上で開催(世界最大規模のネットワーク)

・開発の時間は24時間

・優勝者は、多くの有名スタートアップを輩出してきた育成プログラムHACKcelerator"(AngelHack提供)に参加

・さらに、優勝者には、今年11月ごろにアメリカ・サンフランシスコで開催される

 「GLOBAL DEMO DAY」に日本代表として参加し、多くの投資家の前で直接プレゼンテーションするチャンスが付与

2011年以来これまでに150ものスタートアップを輩出、その企業創出価値は$70Mにのぼります。昨年のAngelHack 2017ではシリーズを通じ、全世界から7つのスタートアップを生み出し、合計$600,000の調達に成功しました。

参考:1分でわかるAngelHack



AngelHack Tokyo 2018について

2018年は、昨年関西の地にAngelHack Osakaを誘致した若者有志からなるボランティア団体「ReaVision」が、

ライフサイエンス産業の次世代インキュベーターである一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)の協力を得て、日本橋の地でヘルスケアに特化した課題解決型かつ開発重視のハッカソンを開催いたします。



運営責任者からのメッセージ

第四次産業革命の到来を受け、あらゆるものの再定義、既存の枠にとらわれない新たなサービスやプロダクトを生み出す力が、ますます必要とされてきていると感じます。

起業家精神を育成・醸成するイノベーション拠点が急ピッチで整備されてきている東京・大阪において、

2020年以降を見据え、大きな役割に向けて期待を担う人材が世界にチャレンジできる環境を作ります。

是非、挑戦してください。



■テーマ:ヘルスケア

どの国よりも早く少子高齢化に向き合ってきた日本は国際的にも課題解決先進国としての役割が注目されています。

特にヘルスケア分野に関しては我が国は大きな課題を抱え、今まさに転換点を迎えています。

医療のアクセスビリティー、効率化、ライフスタイルの多様化により生じる個々の生き方を尊重できる医療サービスとは。

第四次産業革命の大きな流れを受け、その課題に対してチャレンジできる機会が生まれてきました。


東西を超え、国境すらも越えた頭脳のぶつかり合いと、知の融合を創出する2日間。

今これからの世界に必要とされているヘルスケア分野の課題やアイディア、ソリューションを持ち寄り、

課題先進国日本から世界に発信していきましょう!



■優勝特典

オンラインでの育成プログラム"HACKcelerator"(AngelHack提供)へのご招待

プログラム終了者は、今年11月頃にアメリカ・サンフランシスコで開催される「GLOBAL DEMO DAY」に日本代表として参加権付与、

現地でのメンタリングの他、約100名の投資家の前で直接プレゼンテーションするチャンスが与えられます。


募集要項

エンジニア、*プランナー、デザイナー

*プランナーはヘルスケア分野のトピックに対してリアルなニーズを出しができる方(医療従事者またはヘルスケア産業に精通されている方)

**チーム参加、個人参加どちらでも可(事前にチームを形成しての参加を推奨)

定員:100名


*こんな方へ

✔︎ヘルスケア分野のトピックで具体的な問題意識持っており、その課題に対して解決したいと思っている方、解決できる仲間を探している方(ニーズを持っている方)

✔︎ニーズ側からの生の声・課題を聞いて開発ができることに対して興味を持っていらっしゃる方(シーズを持っている方)

✔︎上記のような想いを持った方とつながり価値を本気で生み出したい方

✔︎シリコンバレーを本気で目指したい方

✔︎年齢職歴国籍問わずご参加いただけます!


<参加費>

無料

※ローカルスポンサー様からのご厚意による


■審査について

2分間のデモによるスピーチ+1分間の質疑応答

※スライドでの発表はNG

最優秀賞の審査基準

1、想定するユーザーの役に立ちかつ使いやすいか?

2、実現性が高いか?

3、独自性があるか?

4、スケールするか?

5、持続的に継続するビジネスか?




持ち物

筆記用具、メモ帳(アイディア出し用)

PC(開発用)、電源アダプター
延長コード(こちらでご用意できませんのでご注意ください!。チームに1-2あれば可)

防寒対策できるグッズ(深夜で作業を続けられる方)



スケジュール

Day 1

9:30 AM:開場

10:30 AM : アイディアソン&チームビルディング

12:30 PM:ランチ

1:00 PM : 開会式&スポンサー紹介(チームで参加の方はここから参加でもOK、但しチェックインの時間に余裕を持ってお越しください)

1:30 PM : コーディング開始

3:00 PM : メンタリングセッション

7:00 PM:夕食

8:30 PM : ピッチワークショップ

9:00PM : 閉会

*深夜作業可、未成年の方は事前に保護者の同意を得てください

*食事は含まれておりますのでお持ちいただく必要はございませんが

ご自身が出したゴミは各自お持ち帰りいただくようご協力をお願いいたします。


Day 2

1:30 PM : コード提出締め切り(A/V チェック)&ランチ

2:00 PM : 審査説明&デモ

4:00 PM : ネットワーキング(審査)

4:30 PM:審査結果発表・表彰式・講評

5:30PM:閉会式/写真撮影

6:00PM:完全撤収

*スケジュールは若干変更の可能性がございます。

あらかじめご了承ください。




参考:テーマについて

A:エンドユーザー志向

 ・セルフメディケーション促進(行動変容を支援するテクノロジーとサービス設計)

 ・物理的ラストワンマイルの創出(遠隔治療や薬局などのインフラを生かしたサービス設計)

 ・情報へのアクセスビリティー向上(病院探しや治療方法、健康管理方法など)

 ・きめ細かなニーズへの個別化・最適化対応(家庭での看取り実現など医療コンシェルジュ)


B:医療従事者志向

 ・オペレーション効率化(デリバリーの自動化、AI問診、電子カルテ記入など)

 ・コミュニケーション活性化ツール(病院内のチーム医療、病院外のパートナー、患者)

 ・病院、介護福祉施設など経営面での効率化(レセプトなどのデータの活用)

 ・モニタリングシステム(行動解析、行動予測)


C:医療分野関連従事者 

 ・保険会社向けサービス(健康なほど得する設計、新サービス領域)

 ・製薬会社向けサービス(治験の効率化、病院の意思決定フロー可視化などの営業補助)

テーマの具体例:
✔︎電子カルテのUI/UXを改善させて、医師や医療関係者の診療支援機能を付加
✔︎東京オリンピックに向けた外国人向けの医療サービス(通訳・観光)、観光客傷病人のトリアージ、アスリートの体調管理
✔︎がん治療をしながら働かれている会社員の方に向けてのQOLを維持したまま治療に当たれる通院サポート、会社とのコミュニケーションツール
✔︎認知症早期発見のための身近なインフラを活用した簡単診断システム(脳波、ゲーム式の認知テスト)

✔︎慢性疾患、認知症の高齢者に対して薬の飲み忘れや過剰な摂取を防ぎ、管理できるシステム


<審査員>


澤山 陽平 氏 500 Startups Japan マネージングパートナー

阿部 吉倫 氏 Ubie 株式会社 代表取締役 医師

南野 充則 氏 株式会社FiNC 取締役 CTO

大塚 勝 氏  武田薬品工業 デジタルユニット デジタルアクセラレーター・ジャパンヘッド


<メンター>


津田 真吾 氏 INDEE Japan 共同代表取締役

木村 亮介氏 IF Lifetime Ventures 代表パートナー

植田 力氏  Aniwo 共同創業者 取締役COO

Sylvain Pierre氏 Officience 共同創業者


<協賛>

BLOOMY合同会社

UGO合同会社

LINK-J


LINE株式会社


<後援>

三井不動産株式会社


<API提供企業>

LINE株式会社

日本アイ・ビー・エム株式会社



<コミュニティーパートナー>

One JAPAN

Japan Girls in Tech

Le Wagon



ご不明点がございましたら本イベントページもしくは

下記までお問い合わせください。

angelhack.japan2018@gmail.com


<運営>

AngelHack Japan 2018実行委員会

(ReaVision内)


Twitter


------------

■■■FAQ■■■


過去にみなさんからいただいたご質問を受けて、

FAQを作りました^^


<開発について>

・開発テーマに制限はありますか

→はい、ヘルスケアに関するテーマになります。


・事前に開発テーマを考えておかなければいけませんか

→いいえ、イベント初日にアイディアソンを行います。そこで他の参加者と一緒にアイディア出しを行います。


ただし、事前にチームとテーマ

・APIの提供はありますか

→現在調整中です。


・作ったプロダクトやサービスの権利は守られますか?

→勿論です。アイディアやプロトタイプ(コード含め)の権利は常に作成したチームにあります。


・当日、何か持参する物はありますか

→はい、参加者各自でノートパソコン、電源アダプター、延長コード(もしくはUSBアダプター)を用意してください(開発&発表の用途)。

電源供給場所には限りがあります。また、延長コードはこちらでご用意できませんのでご注意ください。


・インターネット環境はありますか

→はい、会場備え付けのWi-Fiでインターネットアクセスを提供します。

<参加条件について>

・個人での参加は可能でしょうか

→はい、可能です。チームビルディングを行います。プランナーの方は事前にテーマをお持ち込まれることを強くお勧めします。


・チームでの参加は可能でしょうか

→はい、可能です!ぜひブラッシュアップされた一押しのアイディアをお持ち込みください^^


・チームは何人でも大丈夫ですか?

基本的には3-5名のチームでお願いしています。

もし少ないまたは多くなりそうな場合はチームビルディングの際にスタッフにお声がけください。


・未成年の参加は可能でしょうか

→はい、ただし深夜作業については保護者の許可をとってください。

・アイデアソンとチームビルディングへの参加は必須ですか?

→いいえ、事前に開発アイディアとチーム構成が決まっていれば、5/19(土曜日) 午後からの参加でOKです。

アイディアソンのみ(プランナーとしてニーズ提供)のみの参加もOKです。その場合は申し込みフォームにてその旨ご記入ください。


・ソフトウェアを作れなくても参加できますか

→はい、OKです。デザイナーやプランナーとしてチームに貢献してください!但し開発がメインになることはご了承ください。


■デザイナー

グラフィックやUI/UX、プロダクトデザインなど、エンジニアと一緒にものづくりを進めるのがデザイナーの役割です。スケッチやモックを作ることで、プロダクトイメージの具現化やモチベーションの高揚にもつながります。


■プランナー

ユーザーの課題やニーズに関する事例や統計情報、競合商品・サービスに関する情報を集め、分析しましょう。開発初期ではアイデアのブラッシュアップにつながり、プレゼン時にはアイデアの意義を強めることができます。

<発表と表彰について>

・最優秀賞以外に表彰はありますか

→準備を進めております


・発表は日本語でいいですか

→はい、日本語でOKです。


・むしろ日本語でのコミュニケーションが心配です。

→英語⇄日本語の通訳ができるボランティアスタッフを検討中です。

その場合はアンケートフォームに「通訳希望」にチェックを入れてください

<その他>

・食事はどうなりますか

→イベント運営本部にて(初日の昼食、夕食、2日目昼食)を提供します。

またビル内の飲食店や、周辺のコンビニも利用可能です。(徒歩1分の場所にコンビニがございます)

申し訳ございませんがご用意する食事にアレルギーに対する考慮はできませんので
ご心配な方は適宜上記ご利用ください。


・本当に無料なんですか!?

→はい。ローカルのスポンサー様(上記協賛参照)からご協賛を頂戴して運営ができております。

食事代は全てスポンサー様からのご好意によって出させていただいております。

但し有志ボランティア団体の手弁当で行っている運営になりますので、ゴミの持ち帰りなどは各自ご協力をお願いしております。


・遠方から参加したいのですが交通費は出ますか?

恐れ入りますが交通費や宿泊費は自費でお願いいたします。


・深夜作業について教えてください

→5/19(土曜日)は21時までが公式な開発時間ととなります。それ以降、翌朝までイベント会場に残って開発を継続して頂いて構いません。
宿泊・仮眠のための施設等については提供しませんのでご注意ください。

*会場様のご厚意により今回のイベントに限り深夜作業について特別な許可を頂いております。


・深夜帯の出入りは可能ですか?

深夜帯のイベント会場への出入りは限られています。イベントスタッフにカードキーを借りて出入りを行ってください。

カードキーは枚数に限りがあります。なるべくまとまって出入りかつすみやかに返却いただくことをご協力お願いします。


・懇親会はありますか?

→会場内で実施の予定はありません。審査結果発表前に30分ネットワーキングの時間を設ける予定です。


・事前にアイディアソンなどのイベントはありますか?

現在実施可能か調整しているところです。
実施が決まり次第ご連絡させていただきます。



参考リンク:

AngelHack 10th Global Hackathon Series

https://www.youtube.com/watch?v=mg31QRQVsj0


Global Demo Day


昨年
Global Demo Dayでの優勝者のプレゼンテーション


Updates
  • The event description was updated. Diff#332363 2018-04-21 01:07:47
More updates
May 19 - May 20, 2018
[ Sat ] - [ Sun ]
10:00 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
プランナー(医療従事者)
デザイナー
エンジニア

On sale until May 18, 2018, 6:00:00 PM

Venue Address
2 Chome-3-11 Nihonbashihoncho, Chūō Japan
Organizer
AngelHack Japan 2018
47 Followers
Attendees
59