Event is FINISHED

伊澤佑美×根本陽平×嶋浩一郎「悩めるPRパーソン大集合! いまどきのPRを語ろう」『PR思考 人やメディアが「伝えたくなる」新しいルール』(翔泳社)刊行記念

Description
PRって何なんでしょう?

いわゆるPRの教科書には、「世の中との良い関係づくり」と書かれている一方、実際にPR実務を担っている人には、「メディアに取り上げられること(パブリシティの獲得)」という実務に追われているかもしれません。理想のPRと現実のPRの差はどうしたら縮まるのでしょうか?

また、PRというコミュニケーション手段に興味を持っている一般企業の方は、どうすればPRの技術を身に付けることができるのでしょうか?

電通パブリックリレーションで、PRの実務を10年以上積んできた著者・伊澤佑美さんと根本陽平さんは、「PR思考」をまず持つことが大切だと言っています。

お二人の著書『PR思考 人やメディアが「伝えたくなる」新しいルール』には、「PR思考」をベースに最新キャンペーンを手掛けるヒントが多数書かれています。

どうしたら「PR思考」を持つことができるのか、PRパーソンとしてもキャリアを重ねてきたB&Bの嶋浩一郎が二人と語り合います。

モヤモヤしている若手PR業界のみなさん、PRスキルを身に付けたい異業種のみなさんの参加大歓迎です。

【出演者プロフィール】
伊澤佑美(いざわ・ゆみ)

電通パブリックリレーションズ コミュニケーションデザイン局 コンテンツ・ディストリビューション部「週刊?! イザワの目」編集長。2003年電通PR入社。メディアリレーションズ部にて、企業・団体に関するプロモーションに従事。2011年にオウンドメディア「週刊?! イザワの目」を立ち上げ、編集長に就任。国内外の最新PR事例を取り上げて解説する特集や、旬な人物に迫るインタビューが人気。 現在は、編集者、ライター、PRプランナーとして、企業のオウンドメディア運営やコンサルティングのほか、広報業界向けメディアへの寄稿なども手掛けている。東洋経済オンラインにも連載執筆中。

根本陽平(ねもと・ようへい)
電通パブリックリレーションズ ビジネス開発局戦略プランニング部PRプランナー/企業広報戦略研究所主任研究員。2008年電通パブリックリレーションズ入社。オンライン動画専門チーム「鬼ムービー」所属。 企業や地方自治体のコーポレートブランディングから商品サービスのキャンペーンプランニングなどを手掛ける。Public Relationsをテーマに企業や成蹊大学、立教大学などで講義。共著に「自治体PR戦略」。主なメディア掲載に、朝日新聞「ひと」欄など。 受賞歴に、Global SABRE Awards(「世界のPRプロジェクト50選」2回)、WOMMY AWARD、PRWeek Awards Asia(4年連続)、IPRA、日本PRアワードなど。

嶋浩一郎(しま・こういちろう)
93年博報堂入社。コーポレートコミュニケーション局で企業の情報戦略にたずさわる。01年朝日新聞社出向、『seven』編集ディレクター。02~04年博報堂刊「広告」編集長。04年本屋大賞立ち上げに参画。06年既存の手法に縛られない課題解決を目指しクリエイティブエージェンシー博報堂ケトルを設立。主な仕事、資生堂、KDDI、J-WAVEなど。2012年東京下北沢にブックコーディネーターの内沼慎太郎と本屋B&B開業。

【出演】
伊澤佑美(電通パブリックリレーションズ)
根本陽平(電通パブリックリレーションズ)
嶋浩一郎(編集者・クリエイティブティレクター/博報堂ケトル)

【日時】
2018年4月9日(月)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

【入場料】
■前売1,500yen+1 drink order
■当日2,000yen+1 drink order(当日現金でお支払いの場合のみ)

※ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください

Mon Apr 9, 2018
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F Japan
Organizer
本屋B&B
22,565 Followers