Event is FINISHED

鼓直×寺尾隆吉「異形の世界を堪能する! 一夜限りのドノソ祭り!!」 ホセ・ドノソ『夜のみだらな鳥』 (水声社)刊行記念

Description
※新店舗(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F)での開催となります。ご注意ください
http://bookandbeer.com/news/reopen/

ラテンアメリカ文学の中でも読者を魅了してやまない傑作『夜のみだらな鳥』。破格の文体で描かれる「異形の世界」はどのようにして生まれたのか? 畸形児ばかりの邸宅、老婆と孤児が棲む廃墟の修道院など、異様な舞台で繰り広げられる数々の物語、そして謎多き語り手《ムディート》の存在とは……? 謎多き本作をさらに堪能するためのドノソ祭りを開催します!
今回は、本作の訳者であられる鼓直氏と、同じく代表作『別荘』を翻訳した寺尾隆吉氏を対談相手としてむかえ、長らく復刊が待ち望まれた『夜のみだらな鳥』の魅力をたっぷり語っていただきます。名翻訳者どうしの翻訳にまつわる逸話もある? ラテンアメリカ文学ファン必見、一夜限りのドノソ祭りを見逃すな!


【出演者】
鼓直(つづみ・ただし)
1930年、岡山県生まれ。東京外国語大学卒業。法政大学名誉教授。専攻、ラテンアメリカ文学。主な訳書に、ガルシア=マルケス『百年の孤独』(新潮社)、『族長の秋』(集英社文庫)、ボルヘス『伝奇集』(岩波文庫)、カルペンティエール『バロック協奏曲』(水声社)など多数ある。

寺尾隆吉(てらお・りゅうきち)
1971年、愛知県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。現在、フェリス女学院大学国際交流学部教授。専攻、現代ラテンアメリカ文学。主な著書に、『魔術的リアリズム――20世紀のラテンアメリカ小説』(水声社)、『ラテンアメリカ文学入門――ボルヘス、ガルシア・マルケスから新世代の旗手まで』(中公新書)。主な訳書に、『水を得た魚――マリオ・バルガス・ジョサ自伝』(水声社)、マリオ・レブレーロ『場所』(水声社)など多数ある。

【日時】
2018年3月28日(水)
19:00〜21:00(18:30開場)

【場所】
本屋B&B
※新店舗(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F)での開催となります。
http://bookandbeer.com/news/reopen/

【入場料】
1500yen+500yen/1drink

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#321738 2018-03-07 06:13:28
Wed Mar 28, 2018
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
本屋B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F Japan
Organizer
本屋B&B
22,579 Followers