Event is FINISHED

AIが社会基盤となるからこそ必要であろう叡智、今残すべき叡智とは?〜人工物と自然物編〜

Description

AIという言葉をよく耳にするようになり、様々な技術が、私たちの暮らしのいろんなシチュエーションに組み込まれてきています。
このままAIが社会基盤になっていくと、そもそも人工物と自然物の違いは何か? 人工知能が発展する中で、人と生き物の違いは何か? そして、私たちは一体何者なのだろうか? 人類は、生物は、これからどうなるのだろうか? こんな疑問や問いが生まれてきそうです。

今回は、生物学者でありバイオアート作家でもある岩崎秀雄さんをゲストに招いて、少し哲学的な側面もみながら、これらの問いを紐解いていきます。


アーティスト / 生命科学研究者

1971年生。生命美学プラットフォームmetaPhorest主宰,早稲田大学理工学術院教授。名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了,博士(理学)。科学および芸術の一筋縄ではいかない界面・関係性に興味を持ち,生命をめぐる科学・思想・芸術に関わる表現・研究のプラットフォームmetaPhorest2007年より運営。バクテリアの生物時計や形態形成などの研究で文部科学大臣表彰若手科学者賞,日本時間生物学会奨励賞など。合成生物学の研究会(「細胞を創る」研究会)の創設にも従事,2016年には会長を務めた。著書に『<生命>とは何だろうか:表現する生物学,思考する芸術』(講談社2013),主な作品にaPrayer(人工細胞の慰霊,茨城県北芸術祭2016),Culturing <Paper>cut (ICCなど2013)Biogenic Timestamp (アルスエレクトロニカセンター,ICC2013-)など。



Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#322180 2018-03-08 08:09:02
Tue Apr 17, 2018
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
LIFULL HUB
Tickets
一般(ワンドリンク付き) SOLD OUT ¥2,000
学生(ワンドリンク付き) SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
東京都千代田区麹町1-4-4 2F Japan
Organizer
一般財団法人Next Wisdom Foundation
2,613 Followers