Event is FINISHED

【3/14開催!】慶応大学前塾長の清家篤教授に聞く、「少子高齢化社会における働き方改革-定年制と年功賃金はどう変わるのか」―HRイブニングセッション@五反田【主催:労務行政研究所】

Description
『HRイブニングセッション』は、“次世代人事パーソン”を目指す皆さんに向けて労務行政研究所が提供する、[各界の第一人者による講演+参加者交流会]の夜間講座イベントです!
これまで開催した「HRイブニングセッション」は、いずれも参加者のご好評をいただいており、人事パーソンのネットワーク構築にもお役立ちしています。

3月14日開催の第9回セッションでは、慶應義塾大学商学部 教授の清家篤氏がご登壇し、「少子高齢化社会における働き方改革-定年制と年功賃金はどう変わるのか」について語っていただきます!
高齢化が雇用や労働市場に与える影響について、長年にわたって取り組んできた第一人者である清家教授が働き方改革の背景を語る、今まさに必見のセッションです!


【講演概要】
「少子高齢化社会における働き方改革-定年制と年功賃金はどう変わるのか」

・働き方改革の背景にある構造変化
・働き方改革実行計画の求める「高齢者の就業促進」
・定年退職制度の見直し
・年功賃金制度の見直し
※諸事情により、内容を変更する場合がございます。

【講師】清家篤 氏

慶應義塾大学 商学部 教授
(慶應義塾前塾長)

※詳しいプロフィールは本ページ下にてご紹介しています。

■開催日時

2018年3月14日(水)19:00~21:00

■会場

東京都品川区西五反田3-6-21 
住友不動産西五反田ビル3階
一般財団法人労務行政研究所 セミナールーム


■参加予定者数 30名

※お申し込み締め切りは3月13日(火)です。
(応募者多数の場合は、規定人数となり次第、応募を締め切らせていただきます)
※弊社競合となるサービスをお持ちの企業様の参加をご遠慮いただく場合があります。
※お申込み後のキャンセルは受け付けておりません。
※荒天・その他の諸事情により、やむを得ず開催を中止または延期させていただく場合がございます。

【こんな人におすすめ】

・時代の先端を行く専門家・経営者の考える、今後の人材マネジメントに必要な分野の要諦を直接聞いてみたい方
・実務分野の専門知識だけではなく、人事業務に関連する分野の最新動向を知り、視野を広げたい人事パーソン
・会社の枠を越えて、人事分野の今後の変化にアンテナを向ける意欲的な人事パーソンと交流し、ネットワークを構築したい方
・夜間の時間を有効活用して、知見を深めたい人事パーソン


【当日のプログラム】

18:20-18:50  開場~受付開始
19:00-20:20  講演:清家 篤 氏
20:20-21:00  講師へのご質問、参加者交流会(名刺をお持ちの上、ご来場ください)


【講師プロフィール】
清家 篤 氏

慶應義塾大学商学部教授、慶應義塾前塾長
1978年慶應義塾大学経済学部卒業、同大学大学院商学研究科博士課程修了、同大学商学部助教授を経て1992年より慶應義塾大学商学部教授。2009年より2017年まで慶應義塾塾長。
労働政策審議会委員等の有識者会議委員を務める。
2016年にフランス政府よりレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ受章。
専門領域は労働経済学、家計行動、社会保障、人事管理。
著書に『金融ジェロントロジー』(東洋経済新報社、2017年)、『雇用再生』(NHKブックス、2013年)、『60歳からの仕事』(共著、講談社、2009年)、『エイジフリー社会を生きる』(NTT出版、2006年)などがある。
Wed Mar 14, 2018
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
一般財団法人労務行政研究所  セミナールーム
Tickets
参加チケット(税込) SOLD OUT ¥5,400
Venue Address
東京都品川区西五反田3-6-21  住友不動産西五反田ビル3階 一般財団法人労務行政研究所 セミナールーム Japan
Organizer
HRイブニングセッション@五反田【主催:労務行政研究所】
89 Followers