Event is FINISHED

サム・フリークス Vol.1

Description
昨年7月から計3回に渡ってお届けした特集上映「真摯な痛み」シリーズの後継イベントを9月30日(日)に渋谷ユーロライブにて開催いたします! 今回は「はみ出し者映画」特集! 上映作品の1本目は1950年代のハリウッドを代表する名コメディエンヌ、ジュディ・ホリデイの最高傑作『純金のキャデラック』の50年以上ぶりとなる再上映。2本目は『ハリー・ポッター』シリーズでお馴染みのルパート・グリントも出演しているノルウェー映画『イントゥ・ザ・ホワイト』の日本初上映。どちらもこの機会を逃すと劇場では観ることができないであろう貴重な作品で、今後のソフト化の予定もありませんので、この機会にぜひー。また、このイベントは有料入場者1名につき250円が、虐待を受けたり貧困下にある子供達への学習支援&自立支援として役立てられます!




(9月29日追記:現在、台風24号の接近が伝えられておりますが、「サム・フリークス Vol.1」は台風のピークが東京に直撃する時間帯の前の17時09分に上映終了予定のイベントですので、当初の予定通りに9月30日の13時30分から開催させていただきます。お足元の悪い中になるかと思いますが、ソフト化及び再上映の予定のない貴重な映画の上映の機会ですので、ぜひ足を運んでいただければと思います。当日、会場でお会いできることを楽しみにしております。何卒よろしくお願い致します。)


概要:

1)日時:2018年9月30日(日)


2)会場:ユーロライブ(渋谷)

タイムテーブル

12:50~ 当日券販売開始
13:15~ 開場
13:30~『純金のキャデラック』上映(50年以上ぶりの再上映)
15:09~ 休憩
15:25~『イントゥ・ザ・ホワイト』上映(日本初上映/17:09上映終了予定)



3)前売り券は当日券を買う意味がないようにする為に特別価格1371(意味ない)円で販売いたします。

※入れ替えなし

※全席自由席


本イベントはすべての子供達が社会から孤立することなく暮らしていけるようになることを目的とした学習支援や自立支援の為に、有料入場者1名につき250円を「認定NPO法人 3keys」へ寄付いたします。後日、「マフスのはてな」において寄付の実施をご報告いたします。


お金に困っている方は、ご相談いただければ当イベントに無料でご招待いたしますのでお気軽にご連絡ください。また、お腹が空いている方は、事前にご連絡いただければ入場時におにぎりを差し上げます。食べられないおにぎりの具がある場合は、それも併記していただけると助かります。よろしくお願い致します。



当日券料金:2本立て1500円


※当日券は当日の12時50分より会場受付にて販売いたします。


※前売り券について※

開場は13時15分です。整理券等への引き換えの必要はございませんので、劇場への入場時にPeatixのチケット画面、もしくは予め印刷したものを係員にご提示お願いします。入場順序に関しては、前売り券→当日券の整理番号順となります。場内は全席自由席となっております。入金後のキャンセルは承りかねますのでご了承ください。

-------------------------------------------------------------------


 今回のイベント名の「サム・フリークス」は、製作総指揮:ニール・ラビュート&監督:イアン・マカリスター・マクドナルドの傑作青春映画『Some Freaks』が元ネタ。これまでの「真摯な痛み」シリーズが、『ジョージア』を筆頭に人の魂のコアな部分に寄り添う映画を上映してきたのに対して、今後はもう少し幅を広げた「はみ出し者映画」という括りで作品を上映していこうと思っての改名です。それと、件の『Some Freaks』を今後のイベントで上映できるかはまた別のお話ということで。


 『純金のキャデラック』は1950年代のハリウッドを代表する早逝した名コメディエンヌ、ジュディ・ホリデイの代表作の一つ。彼女は『ボーン・イエスタデイ』を筆頭とするジョージ・キューカーとの一連のコラボレーションが有名だが、やはり最高傑作は本作でしょう。『ボーン・イエスタデイ』が典型的な『ピグマリオン』の枠組み、つまり「男に導かれる女」の物語だったのに対して、『純金のキャデラック』はその枠組みから前進&逸脱しているのが重要(ローラとマッキーヴァーは対等な関係である)。本作があったからこそ、その後の『キューティ・ブロンド』(とリース・ウィザースプーンのキャリア)が存在しているといえるだろう。また、本作で会社を牛耳っている大株主の役員達は全員男、そして彼等と相対することになる小株主達(とローラの部署のメンバー)の多くは女性であるということ。また、「トップダウン」よりも「ボトムアップ」の方が大きな力になるという結果が『純金のキャデラック』であるということを理解できれば、より重層的にこの作品が楽しめると思う。


 『イントゥ・ザ・ホワイト』は第二次世界大戦中にノルウェーの雪山に閉じ込められて共同生活を送ったドイツ軍と英国軍の兵士達の史実を基にしたサバイバル・ドラマ。ペッター・ネスはアメリカ進出作品の『モーツァルトとクジラ』ではアスペルガー症候群を抱えた男女の友情と恋を描いていたが、本作では「国家」という枠組みから逸脱した兵士達を描き、はみ出し者に寄り添った映画を作り続けている。限定状況ドラマとして5人の役者のアンサンブルがとにかく見事で、国家の大義名分を越えた人間同士の交流がジンワリと描き出されている。ドイツ人とイギリス人の物語をノルウェー人のペッター・ネスが撮っているというところにも、映画というインターナショナルな集団芸術の素晴らしさが表れているといえよう。


 『純金のキャデラック』と『イントゥ・ザ・ホワイト』、どちらも人間を縛り付けようとする枠組みを乗り越えて前に進む人達の物語である。


(岡俊彦)



----------------------------------------------------------------------


 『ハリー・ポッター』シリーズ卒業後、ルパート・グリント初の出演作である『イントゥ・ザ・ホワイト』は、1940年4月、第二次世界大戦中にノルウェーの雪山の狩猟用小屋で共同でサバイバル生活を送ることになったドイツ軍とイギリス軍の史実を基にしている。鉄鉱石など地下資源を求めて独英は空中戦を展開していた結果、両軍はノルウェーの雪山に不時着。独軍は孤立した小屋に辿り着くが、極寒で外にも出れないなか、しばらくすると彼らから撃ち落とされた英軍も訪れてきたことで、対立する両軍は食糧と生存のために平和的に共存しようとするほかない状況が生まれるのだ。印象的なのは、独軍兵士が英軍兵士を捕虜とし、両軍間で緊張関係が生まれるなか、独軍が恣意的に陣地を区切った小屋内の見えない「国境」が、共同作業のために融解し始める場面だ(独軍は英軍に皿洗いをさせようとするも、キッチンは独領であるためにできないと断られてしまうのだ)。あるいは、落ちそうになった天井を両軍の将官が支え合う場面では互いを理解していく心境の変化が見られるだろう。限られた空間で展開されるため、わずかな武器の所持によって主導権が左右するわけだが、ノルウェー出身の監督ペッター・ネスは世界が分断されたミニマルな状況を作り出すと同時に、対話や協力を通して、憎悪や不信が尊敬や友情につながる様を丁寧に描き出している(『大いなる幻影』を想起させつつもそれとはまた異なる結末も興味深い)。

 もう一方の『純金のキャデラック』で主役のジュディ・ホリデイは愚鈍で生意気なブロンドを体現しているが、そのなかに多くの無垢さと素直さを滲ませることで、抑圧的な世界をかきまぜている。隠蔽や捏造を図る縁故主義的で狡猾な大企業の重役に対して、小株主である彼女は率直に素朴な疑問を表明するのだ。「バカ代表」(by Meteor)のブロンドは底抜けの明るさと誇り高さを維持したまま、縛り付けようとする古い性差別主義の伝統に頑固に逆らい続けるのである。ロマンティック・コメディの古典だが、製作された1956年当時よりもむしろ、自分を中心に世界が回っていると勘違いしているナルシシスティックで無知で不誠実な人でなし(安倍晋三)が蔓延る現在の方がより大きな重要性を持っているとさえ思える。

 ペッター・ネスのハリウッド進出作『モーツァルトとクジラ』ではアスペルガー症候群の女性が「自閉症の私たちはいつも置き去り」と発言する。ならば、『純金のキャデラック』は権威主義社会のなかで置き去りにされた女性、『イントゥ・ザ・ホワイト』は封建的な国家に置き去りにされた男性を描いているのだ。


(映画ライター・常川拓也

----------------------------------------------------------------------




純金のキャデラック(原題:The Solid Gold Cadillac)』(1956年、監督:リチャード・クワイン)

Blu-ray上映(日本語字幕付き)

1957年 アカデミー賞 衣装デザイン賞(白黒部門)受賞、美術監督・装置賞(白黒部門)ノミネート
1957年 ゴールデングローブ賞 映画部門 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)&主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート

出演:ジュディ・ホリデイ(『ボーン・イエスタデイ』『ベルズ・アー・リンギング』)、ポール・ダグラス(『三人の妻への手紙』)、フレッド・クラーク(『足ながおじさん』)







イントゥ・ザ・ホワイト(原題:Into The White)』(2012年、監督:ペッター・ネス)

Blu-ray上映(日本語字幕付き)

出演:フロリアン・ルーカス(『グランド・ブダペスト・ホテル』『アイガー北壁』)、ラクラン・ニーボア、ルパート・グリント(『ハリー・ポッター』シリーズ)




主催:岡俊彦
お問い合わせ先:岡俊彦(電話:080-4065-3412 メール:hardway@ba.mbn.or.jp
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#374178 2018-09-29 07:30:18
More updates
Sun Sep 30, 2018
1:30 PM - 5:15 PM JST
Add to Calendar
Venue
渋谷ユーロライブ
Tickets
前売り券 SOLD OUT ¥1,371
Venue Address
渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F Japan
Organizer
岡俊彦
127 Followers