Event is FINISHED

横浜モダン建築☆今昔物語

Description

【緊急コラボレーション特企画】

バンカートで開催中の展覧会「芸術家の棲む家 建築家と芸術家のコラボレーション」の出品作家(建築家)とギャラリートークを行うことになりました。合わせてご参加ください。(17:00〜)



*****

横浜にある歴史的建造物を巡るツアーです。


横浜税関本関庁舎(1934)は緑青色のドームの塔が特徴の白亜の庁舎です。海に向かって佇む姿はとても優美で、「クイーンの塔」という愛称が付けられました。310日(塔の日)にリニューアルオープンする資料展示室や、戦後にマッカーサー元帥が執務室としていた旧税関長室などを見学します。

一方、「キングの塔」と呼ばれる神奈川県庁本庁舎(1928)は、フランク・ロイド・ライト風の幾何学的意匠が特徴です。その他、東京藝術大学(元安田銀行横浜支店、1929)の内部を見学予定です。


村野藤吾が設計した横浜市庁舎(1959)は、横浜開港100周年事業としてオープンしましたが、解体か保存か長らく議論されてきました。高層棟の庁舎棟と低層棟の議会棟を連結している市民ホールは、力強いコンクリート柱、レンガタイルの床、タイル壁画、階段などが見どころです。

ツアーの締めくくりはBankART Studio NYKです。日本郵船会社の元倉庫(1953)をみかんぐみが改修し、現代アートの制作スタジオ、展示ホール、カフェ、ショップとして有効活用されてきました。しかし残念ながら3月末で撤退することになりました。ツアーの最後に文化庁新進芸術家海外研修制度50周年記念展覧会「芸術家の棲む家 建築家と芸術家のコラボレーション」を観覧します。




*****

日時:2018320日(火)14:00-17:00(ギャラリートーク17:00〜)

集合:横浜税関本関庁舎(神奈川県横浜市中区海岸通1-1

参加費:3000円(入館料は各自でお支払いください)

*「芸術家の棲む家」入場料1000

ナビゲーター:和田菜穂子

定員:10

企画協力:バンカートスクール



 

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#324614 2018-03-17 23:28:46
More updates
Tue Mar 20, 2018
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費(入館料別) SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
横浜市中区海岸通1−1 Japan
Organizer
Access Point : Architecture - Tokyo  一般社団法人東京建築アクセスポイント
1,392 Followers