Event is FINISHED

【参加無料】TOKYO DESIGN EXERCISE2018 【第2回「デザインと製造業との次の協業のあり方」】

Description

TOKYO DESIGN EXERCISE2018

東京ビジネスデザインアワード特別講義 
中小企業とデザイナーが協働するための「ものづくり勉強会」


【こちらは、第2回講座:金谷勉さんの回です】

「東京ビジネスデザインアワード」は優れた技術を持つ東京都内のものづくり中小企業と、

企画提案力のあるデザイナーとをマッチングし、技術や素材の新規用途開発を軸とした

ビジネスデザインによる新事業創出を支援するコンペティションです。

本講座はアワードの特別講義として、

企画から商品開発、マーケティング、広報に至るまで、

新しい事業作りのプロセスをテーマに全6回にわたり実施します。

講師には、現場の最前線で分野横断的に活躍される方々をお招きし、

中小企業とデザイナーのより良い協働について考え、

産業とデザインの良き「つなぎ手」となるためのヒント獲得を目指します。

新たな価値をつくるためにデザインの力を発揮したいと考える、意欲ある方々の受講をお待ちしています。


こんな方におすすめです:
・中小企業との協働に関心のあるデザイナーやプランナー
・独立している、またはこれから独立を検討しているデザイナー
・デザイン業務を超えたスキルアップを考えるインハウスデザイナー
・デザイン導入に興味のある中小企業
・その他、中小企業とデザイナーの新規事業開発に興味のある方


第2回講座は、金谷勉さん(クリエイティブディレクター/有限会社セメントプロデュースデザイン 代表取締役)を講師にお迎えします。

デザインと製造業との次の協業のあり方

グラフィックデザインを中心に企業のCIVIWeb・プロダクト・アパレルまで手がけるボーダーレスな次世代型デザイン会社「CEMENT PRODUCE DESIGN」を率いる金谷勉さん。 優れた技術を持ちながら、メーカーの海外移転や後継者不足などの影響で危機に瀕している中小企業の商品が、デザインの力によって復活するにはどうすれば良いか。地域の中小企業との商品開発やプロデュース活動を経て、デザインと製造業の持続可能な関係作りは何かを事例を通して、中小企業が生き残るための方法についてお聞きします

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第2回講座開催概要

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【日時】2018年3月13日(火)19:00-20:30  開場 18:45
【会場】インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(東京ミッドタウン・タワー5F デザインハブ内)
【講師】金谷勉(クリエイティブディレクター/有限会社セメントプロデュースデザイン 代表取締役)
【参加費】無料
【定員】30名   
【お問い合わせ】 東京ビジネスデザインアワード事務局(公益財団法人日本デザイン振興会内)担当:桜井、鈴木
 E-mail: tokyo-design@jidp.or.jp / tel. 03-6743-3777

 ※本講座は全6回のプログラムです。他の講座詳細はこちらから
 ※この回のみの参加も可能です。

◆講師プロフィール◆
金谷 勉(クリエイティブディレクター/有限会社セメントプロデュースデザイン 代表取締役)
京都精華大学人文学部卒業後、企画制作会社に入社その後広告制作会社を経て、1999年「CEMENT PRODUCE DESIGN」設立。商業施設の広告デザイン、UNIQLO(ユニクロ)「企業コラボレーションTシャツ」のディレクション、Francfranc(フランフラン)との商品企画開発、など幅広くデザインをプロデュース。また、起業時より自社商品の流通を始め、現在では流通も見据えた形での地場産業との協業事業も進めており、「ガイアの夜明け」や「NHK WORLD」でその活動が取り上げられた。2014年 東京、表参道に産地応援するギフトサロン「コトモノミチ at TOKYO」をオープン。現在は京都をはじめとした各地の製造事業者のモノづくり支援のアドバイス、講義も受け持っている。
2016年度より、東京ビジネスデザインアワード審査委員。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#320625 2018-03-02 10:45:25
More updates
Tue Mar 13, 2018
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
第2回受講申込 FULL
Venue Address
港区赤坂9丁目7−1 Japan
Organizer
東京ビジネスデザインアワード
155 Followers