Event is FINISHED

「賃貸でも寒くない家は自分でつくれる! はじめてのDIYと断熱の話」by greenz.jp

Description

みなさんこんにちは。greenz.jpの編集長 兼 DIY担当の鈴木菜央です。

今年の冬もなかなか寒い日々がつづいていますね。

家族4人で35㎡しかないトレーラーハウスに住んでいる我が家は窓がたくさん設置されているので、断熱性能があまりよくありません。

「想像するよりは家」なトレーラーハウスです

寒い日は窓がかなり結露するので、毎日拭きとらないと水がたまるし、放っておくとカビが生えてきます。冬場、夕方から部屋の温度が窓からぐんぐんと下がるのが伝わってきます。

そこで、「図解 エコハウス」を執筆した建築家の竹内昌義さんに聞いてみたところ、

プラスチックダンボールを使って、内窓をつけたらいいよ

と教えてくれました。

ということで、さっそくつけてみました!!


最初につけたのは、寝室。ベッドサイド、頭のすぐ上の窓です。高さは約1m、幅は70cmくらいです。



約2時間で完成! 結果、窓辺の寒さがなくなって、結露も激減しました。

道具はのこぎり、カッター、定規と普段家にあるものしか使いませんでした。材料費は全部で約2000円。
こんなに簡単に解決しちゃうなんて……びっくりです。

そしたら、竹内さんより、追加アドバイスが。

床下が寒いなら、床下に断熱材を入れたらいいですよ。それと鉄ドアだったら、フォーム系の断熱材で断熱・遮熱すると、かなり違います。それから、断熱ブラインドにするとか、カーテンを工夫するといいですよ。

といろいろ教えてくれました。意外と素人にもできることがあるんですね。

そうなんです。最高のエコハウスを手に入れるには、やっぱりプロの手助けがあるといいと思うけど、素人でもできることは、かなりたくさんあります。

なるほど……。それ、いいかも……! という体験を数年前にしてから、周りを見渡してみたら、どうやら「DIY」で「断熱」するのがなんだかブームになりつつあるようです。しかも一人でやるというよりは、「みんなでやるDIY」。みんなでやるDIYと断熱が組み合わさったら、なんだかすごく暖かそう!

たとえば、沢山の人を募集して古民家のエコリノベーションが毎年行われていたり、断熱DIYを含めた参加型の家づくりができる設計施工会社が現れたり、グリーンズの学校の断熱DIYクラスがキャンセルまちなほど人気になったり、学生がクラウドファンディングで参加型断熱タイニーハウスを建てたり。そうそう、泣く子も黙るカリスマDIY主婦の久米まりさんもDIYで断熱にハマっているようですね。

そこで、今回、「みんなでつくるDIY」で「断熱」して、暖かい暮らしをつくるというテーマでトークライブをやることにしました!

DIYで、暖かい暮らしをつくる

今回のトークゲストの一人目が、「暮らしかた冒険家」伊藤菜衣子さんです。札幌の自宅を断熱リノベーション(DIYも多く含む)した結果、真冬でも結露なし、燃費1/3になったというお家がこれです。



伊藤菜衣子さん自宅の窓は、樹脂サッシの二重窓です。窓際でもびっくりするくらい、暖かいのです。


でも、プロに頼まないとこういう家はできないんでしょ?と思ったあなた、DIYでもできることがたくさんあるんです。

たとえば、こんな感じ。


みんなで畳の下をDIY断熱した結果、暖房の熱が逃げなくなって暖かくなった、の図です。

DIYは一人でやっても楽しいけど、みんなでやったほうが何倍も楽しいですよね。そんな動きをリードしている存在が、2人目のゲストである、TEAMクラブトンです。



写真はTEAMクラプトンのメンバーたちです。

神戸を拠点に活動しているTEAMクラプトンは、DIYから一歩進んだDIT(Do It Together)”みんなでつくろう”をモットーに活動している建築集団です。いわば、DIYと大工さんや工務店の橋渡しをしてくれるような存在。

工事を自分だけでやれば安く済むけど、時間もかかるし、技術がないと不安もある。工務店に頼むと、当たり前だけど全部やってくれるけれども、やはり高くついてしまう。


写真はみんなでつくるDIYは楽しい!の図です。

DIYでできる部分は、友人や仲間たちとともに、TEAMクラプトンの指導を受けながらつくる。

総合的なコストは抑えられるし、DIYスキルも身につく。そしてなにより仲間と一緒に何かを作り上げることほど、楽しいことはありません。ということはどういうことかというと、可能性が広がるってことなんです。DIYスキルゼロだと、おまかせするしかないから(たとえば)500万円の見積もりをもらっても、どうにもできません。

「みんなでつくるDIY」をいろいろやってみた経験から言うと、どんな工事でも、素人ができる領域はけっこうある。けど、やっぱりプロがいたほうがいい領域もたくさんあるし、そして絶対的プロ領域があるんですね。


その上で500万円の見積もりをみると、「ここは僕ができるな、、、ここは作業量が多いから友達を呼びたいな。このあたりは僕だけでは怪しいから、プロと一緒にやりたいな。ここからはおまかせしたほうがいいな、となるわけです。その結果、500万円の工事費が300万円になって、さらにスキルアップもできて、思い出にもなるわけです。これは、大きな可能性だと思うんです。

というわけで、今回のトークイベントでは札幌の真冬でも結露なし、燃費1/3になったという断熱リノベーションを行った「暮らしかた冒険家」の伊藤菜衣子さん、「みんなでつくろう」をモットーにお客さんや施工主を巻き込んだ建築を行っているユニークな建築集団チームTEAMクラプトンより山口晶さん、そこに、断熱といえば窓、トリプルガラスの樹脂サッシのパイオニア、株式会社エクセルシャノンの崎村洋人さんとともに、自分たちでできるDIYと断熱、そしてプロに力を借りるリノベーションについてクロストークをします。終了後は交流会も!


ぜひご参加ください!!

◎講座内容

◎開催日時

2018年3月31日(土)
13:30 受付
14:00〜16:00 クロストーク
16:00〜17:00 交流会

◎ゲストスピーカー

伊藤菜衣子さん

暮らしかた冒険家/クリエイティブディレクター
広告製作業を生業とする傍ら、社会に対する不満をいちいち解決する冒険を夫婦+子どもとともに。2014年「君たちの暮らしはアートだ」と坂本龍一ゲストディレクターに使命を受け、札幌国際芸術祭2014にて「札幌に引越して暮らす」プロジェクトを発表。


山口晶さん


”みんなでつくろう”をテーマに、施主や友人、近所の人々、SNSでの呼びかけに呼応した一般の人々とともに、ものづくりに取り組む神戸・王子公園高架下にベースを構える建築集団チーム。バーやゲストハウスの内装から公共空間を利用した公園ウエディングのプロデュースまで幅広い活動で注目を集めている。


崎村洋人さん


株式会社エクセルシャノン 営業本部所属 高断熱高気密の家づくりに必要な樹脂サッシの専業メーカー。建築業者とともに家庭用からビル用まで、国内最高クラスの断熱性能を持つトリプルガラスの樹脂サッシや暖冷房設備、換気設備も含めた省エネルギー住宅に対する最適な家づくりをサポートしている。

◎ホスト

鈴木 菜央(すずき・なお)

NPOグリーンズ代表/greenz.jp編集長 76年バンコク生まれ東京育ち。2002年より3年間「月刊ソトコト」にて編集。独立後06年「ほしい未来は、つくろう」をテーマにしたWebマガジン「greenz.jp」創刊。千葉県いすみ市在住。家族4人で35㎡のタイニーハウス(車輪付き)に住んで、暮らしとコミュニティづくりの実験中。著作に『「ほしい未来」は自分の手でつくる』(講談社 星海社新書)。





Sat Mar 31, 2018
1:30 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費(中学生以上、子どもは無料) SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
大阪市住之江区南港北2丁目1−10 11階 ATCITM棟 Japan
Organizer
NPO法人グリーンズ / greenz.jp
5,419 Followers