Event is FINISHED

緊急告知ー加速度センサで遊ぶ !!

Description

いつも告知がギリギリとなって、大変申し訳ありません。

2月28日(水)5校時(13:30-14:15)に、本校5年生で「加速度センサー」を活用したプログラミングの公開授業を行います。


今回は、株式会社NTTドコモが開発したIoT教材(加速度センサーSizuku 6X & 様々なセンサデバイスを連携させるプラットフォーム「Linking®︎」 & Scratch)で遊ぶことで、総合的な学習の時間(「IoTって、何?」)の授業づくりに挑んでみました。(Linlingは株式会社NTTドコモの登録商標です)

IoTの基本ループ(①センシングによるデータ取得、それを②インターネットを通じてクラウドへ、③AIによるビックデータの解析、そして④その結果をモノへフィードバックする)とそのスマート化(状況に応じて運用を最適化するインテリジェントなシステム構築)を子どもたちが体感することで、それぞれがIoT各所における技術に興味を抱き、IoT社会全盛期を生きる自覚と意欲を育むことができると考えました。


加速度センサは、その名前の通り加速度を測定する慣性センサですが、コンピュータによって適切な信号処理をすることで、傾きや動き、振動や衝撃等の様々な情報を得ることができます。加速度センサを利用した機器といえば、自動車のエアバックがすぐに思いつきますが、スマートフォンの縦横検知やアイコンのタップも加速度センサを利用しています。またプロジェクターの台形補正は加速度センサで傾きを検知して行われていますし、さらに歩数計測や睡眠時の体の動きの検知にも利用されています。加速度センサを活用することで日常の身体活動のモニタリングができ、人の移動に何が使われていたのかも推察できたりするようになりました。加速度センサが担う領域は多方面に広がり、IoT社会における最も重要なセンサの一つとなっています。今回の授業では、子どもたちの姿勢データを取得して、その解析からシステムのスマート化や日常生活への影響について考えてみます。


公私共にご多用の折とは存じますが、どうぞ今回の授業公開にご参会いただきますようご案内申し上げます。今回は応募人数が少なく大変申し訳ございません。さらに当日の授業は本校の校内研究の授業となりますので、授業後は本校の研究協議の参観となりますこと予めお断り申し上げます。


【時程&内容】

13:00- 受付開始(正面玄関)

13:30-14:15 授業(3F 5−2教室)

14:30-16:30 協議会の参観(1F けやきルーム)


*チケット申し込み&写真等撮影に関してのお願い

①当日の受付でお名刺を2枚頂戴いたします。ご準備いただくとともに、Peatixから送信されたQRコードで受付できるようご確認ください。

②授業公開&研究協議会(参観)、共に参加できる方の申し込みをお願いします。基本キャンセルは受け付けておりません。参加者も15名に限定していますので、様々ご予定があり調整が難しいことは承知しておりますが、確実に参加できる方の申し込みをお願いします。

③写真等の撮影については、児童個人が特定できるような撮影は絶対にお辞めください。授業の様子や手元の作業などその場の雰囲気を伝える情報を個人等のメディアで発信することは構いませんが、個人情報に関わる取り扱いについては極めて慎重を期するよう対応をお願いします。(万が一の場合は、ご連絡させていただきます)また報道関係の方は事前にお申し出ください。

以上3点のお願いをいたしましたが、本公開が有意義なものとなるよう最大限の配慮をしたいと思います。趣旨をご理解いただき、参加いただきますよう重ねてお願い申し上げます。

Wed Feb 28, 2018
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
小金井市立前原小学校
Tickets
2月28日(水) 総合的な学習の時間 「IoTって何?」 FULL
Venue Address
東京都小金井市前原町3-4-22 Japan
Directions
JR中央線武蔵小金井駅から徒歩15分
Organizer
未来の「学び」プロジェクト
800 Followers
Attendees
11