Event is FINISHED

TouchDesigner Workshop Vol.2.0.0 : Create 3D Motion Graphics With TouchDesigner

Description
ビジュアルプログラミング環境TouchDesignerのノンプログラマ/ビギナー向けワークショップです。アート/エンターテイメント、プライベート/商業を問わずリアルタイムな視覚表現に興味がある方とインタラクティブあるいはリアルタイムコンテンツの制作手法に挑戦します。ノンプログラマを想定しておりコードは書かないためプログラミング未経験でもご参加いただけます。またTouchDesignerのレベルとしてはビギナーを想定しています。

※ワークショップではTouchDesignerの『最新のExperimental版』の事前のインストールとアカウント登録をお願いしています。ページ下部の説明をお読み頂き、セットアップをお願いします。


## Vol.2.0.0のワークショップ内容

前回のワークショップVol.1.0.0ではTouchDesignerビギナーを対象に、基本操作、基礎的な2Dモーショングラフィックス作成、そしてオリジナルの2Dモーショングラフィックス作成を行いました。

今回のVol.2.0.0では3Dのモーショングラフィックス作成を学び、その後オリジナルのモーション作品の制作に挑戦する予定です。今回から参加される方も想定し基本操作も扱いますので前回参加しておられなかった方でも問題ありません。

また前回折角色々な方に来て頂いたにも関わらず私達やまた来場者さん同士でのコミュニュケーションを取る時間がなかったのが勿体無く感じたのでワークショップ後に少しそのための時間を取りました。

京都精華大学で実施したVol.1.0.0のレポート

MTRL KYOTOで実施したVol.1.1.0のレポート


## こんな人におすすめ

- 映像制作、リアルタイムな映像生成に興味がある。
- インタラクティブな演出制作に興味がある。
- プロジェクションや照明、センサーを使った空間演出やVJなどに興味がある。
- メディアアート, オーディオビジュアル, クリエイティブコーディング, ヴィジュアルプログラミング, ジェネラティブアートなどに興味がある。
- コードはまだ苦手。またはノードプログラミングに興味がある。


## TouchDesignerとは

TouchDesignerとは、Derivative社が開発しているリアルタイムレンダリングのためのヴィジュアルプログラミング開発環境です。ノードという小さなパーツを組み合わせていくことでコードを書かずに視覚的にプログラムを構築できます。またコードを書くこともできるため、ビジュアルアーティストとプログラマーのコラボレーション環境としても活用されています。

オーディオリアクティブな視覚表現の制作にも適しているためライブ演出やVJなどでも使われています。各種センサーとの連携しやすさも特徴です。日本ではデジタルインスタレーション制作にはopenFrameworks,Unityなどが利用されるケースが多いと思いますが、TouchDesignerの名前も聞くようになってきました。

他にもハリウッド映画の撮影など幅広く利用されています。日本では東京ディズニーランドのプロジェクションマッピングや、NAKED Inc.の"TOKYO ART CITY"などのイベントで活用されています。

- Day for Night 2016 Recap - YouTube
- GRID Performance - DMX winches, Kinetic Lights, RGB LEDs on Vimeo
- ORIENS :: Immersive Space[.ZIP], JUL 15 – SEP 16 2017, Today Art Museum, Beijing, CHINA on Vimeo
- Box on Vimeo
- ESI Beacon Capital Partners 221 Main St - YouTube
- TOKYO ART CITY by NAKED (渋谷ヒカリエ ヒカリエホールB/2016年12月21日ー2017年1月12日) - YouTube
- Alva Noto - unitxt/univrs (Derivative Version) on Vimeo


## 参加いただける方・持ち物

TouchDesignerの最新のExperimentalバージョンのインストール及び動作が可能なMac/PCを持参可能な方を想定しています。
またWindowsの方は可能ならマウスをお持ちください。なくても参加可能ですがやや操作しにくいです。Macの方はなくても大丈夫です。

※前回の2Dに比べて今回は3Dを処理するためマシンスペックによっては作業中FPSが低下する可能性がありますがその点はご了承ください。参加自体は問題ありません。可能なら内蔵グラフィック(intel HDシリーズ等)よりもグラフィックボード搭載PCをお勧めします。また少しでも処理負荷を軽減しつつ作業するコツなども共有します。


## 想定レベル

TouchDesignerのレベルとしては完全な初心者を想定しています。
Mac/PCの基本操作は可能であることを想定しています。


## 会場

MTRL KYOTO(マテリアル京都) https://mtrl.com/kyoto/


## 参加料金

無料(入場時にワンドリンクオーダーが必要です。500円〜)


## 事前準備

TouchDesignerの「最新のExperimental版」のダウンロード、インストール、ユーザー登録、まで済ませておいてください。通常版とExperimental版は違うので注意してください。

詳しいやり方は以下のPDFを参考にしてください。Macで説明していますが、Windowsでも基本的に同じです。またタイミングによってはPDFに記載のあるバージョンよりさらに新しいバージョンがリリースされている可能性がありますが、その場合はその時点で出ている最新のExperimental版をインストールして下さい。


## 主催

講師 : 水谷 昭利(1→10design, Inc. アートディレクター / 2D-3D モーションデザイナー)
講師 : 森岡 東洋志(1→10drive, Inc. CTO / テクニカルディレクター)
補助講師 : 園田 基貴(1→10drive, Inc. プログラマー)
補助講師 : 中西 勝(1→10drive, Inc. プロダクトデザイナー)
企画 + 司会 : 池田 航成(フリーランス プログラマー / テクニカルディレクター)

[主催者より] 都合により、森岡 東洋志さんは今回の登壇がキャンセルとなりました。ご容赦のほどよろしくお願いいたします。(2018.2.23)


## 共催

京都クロスメディア推進戦略拠点/京都府/公益財団法⼈京都産業21/京都次世代ものづくり産業雇⽤創出プロジェクト推進評議会
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#318852 2018-02-23 12:37:31
More updates
Sun Mar 4, 2018
5:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 FULL
Venue Address
〒600-8119, 本塩竈町, 下京区 京都市 Japan
Organizer
SPEKTRA
106 Followers